スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

剣ならともかく、銃や大砲というのはそれが実現できる武器ではないと思うのですが

■翠星のガルガンティア
03 「無頼の女帝」

ベローズの語るこの世界の倫理観が理解できません。
言葉としてはわかるんですが、それでこの世界は本当に成り立っているんでしょうか? その倫理観で成り立つ海賊行為ってどんなものなのでしょうか?

限られた空間内で暮らす人々が殺生を極力避けるのはわかります。でもそれはコミュニティの内側、もしくは平和的交渉のできる別のコミュニティとの間でのみ通じるものではありませんか?
力で他者から奪おうとする者との間で成り立つ理屈には思えません。

仮にレドが手出ししなかったとして、あの海賊行為はどのように決着したのでしょう。相手が発砲しないとわかっていてそれに従う者はいません。海賊側は示威行動にでる必要に駆られます。ではその示威行動はどこまでいきつくのでしょう? 殺されずとも、仲間の女性が辱められてそれでもなお交渉を続けられるのでしょうか? 
そもそも海賊行為とは獲物を無力化するところから始まります。あの文明レベルで獲物の乗組員を誰一人殺さずに無力化するなんて可能だとは思えませんが、海賊はどのようにベローズの船を制圧したのでしょう?
物資だけでなく人もさらわれるところでした。でもお前らの仲間になって役立ったりはしないから帰してくれなんて言い分が通るんでしょうか? その場合にも奪われた物資は戻ってきません。海賊を殺さずに排除できるチェインバーほどの武力がなければ、一方的に奪われるのみです。ずっとそれに耐え続けるんでしょうか?
ガルガンティアの人々はレドたちに「困ったことをしてくれた」と言います。では彼らは現実的にどうなることを望んでいたのでしょうか。あきらかに武力で海賊に劣る彼らは。

ベローズの語る倫理観に疑問を抱かせることが脚本の狙いであることはなんとなくわかります。
ですが、この世界はあまりにもベローズの語る倫理観を体現しているようには見えないので、観ている側としては困惑せざるをえません。


あでも、最後の「ボスが投げ飛ばされたから退却だ~」ってところには紅の豚的牧歌的雰囲気の片鱗がうかがえましたね。


■進撃の巨人
#03 「絶望の中で鈍く光る-人類の再起①-」

前回の予告で、エレンには兵士の才能が無いものだと思っていたからこのオチにはびっくりです。よかったね、エレン。
でも最後のミカサのセリフにはドン引きです(笑
こういう子だったの………?
スポンサーサイト
  拍手する

マグロナルドってお店、実在するんですね。

■はたらく魔王さま!
第3話 「魔王、新宿で後輩とデートする」

魔王と勇者を両方始末したがるというと何者でしょうね。魔王に取って代わりたい魔族、というのが一番考えられるところですが、勇者や魔王ですら残った魔力の維持に精一杯というこの世界でエンテイスラの力を維持できているのが不思議です。
なんにせよ、共通の敵を得て魔王と勇者が共闘するというのはわくわくします。
にしても、服や靴の流行まで把握してるとか、勇者エミリアはこっちの世界にちょっと馴染みすぎじゃないでしょうか。

「どうして魔王が人を助けるのよ!?」
エミリアの疑問ももっともですね。魔王の侵攻のせいで多くの人命が失われたのは1話冒頭から十分うかがえますし。
一応、エンテイスラで人間を害するのは征服に必要だからであり、この地球では金や地位によって成り上がる予定なので人間を害する理由はない、と説明はつけられるのですが。
エミリアにとって魔王は人類の敵であり、彼は人間への憎しみをもって征服に乗り出している存在と認識しているでしょうから、とても納得できるものではないでしょう。


■フォトカノ
第3話 「百花繚乱」

「オペレーション新見遙佳を阻止するぞ!」と息巻いてますが、彼はいったいどうしたいんでしょうね。
そもそも新見さんを写真部で発表する被写体にしたくないから撮影そのものを妨害するというのであれば、部への背信行為だし、そもそも部のミーティングで被写体の変更を主張すべき。
写真部の撮る写真が邪(よこしま)だから撮らせたくないというのであれば、自分で新見さんの「いやらしくない、それでいて部員の誰もが納得する写真」を撮ってそれを発表作とすべき。
でもそこまでは考えてなくて、たんに自分以外の人間に新見さんを撮らせたくないってだけに見えますね。
とりあえず室戸さんを脅迫し、鬼畜主人公としての第一歩を踏み出したようで一安心です。

登場するヒロインはみんなどこか少しずつずれてる感じがしますね。
比較的まともなのは今のところ実原さんと深角さんくらい?


■とある科学の超電磁砲S
#2 「寿命中断(クリティカル)」

私たちの世界でやってもああはうまく暗示にかからないでしょうね。能力が身近に存在する学園都市ならではかと。

やはり二期はシスターズが中心に物語が進むんでしょうか。あのあたりは生臭く理不尽であり、それでいて悪意の根本をどうにかできるわけでもないのがすっきりしなくて苦手なのですが。
美琴という人間のプライベートに関わる繊細な話でありながら、他者がその利害のためにずかずかと土足で踏み荒らす展開がとくにダメ。受け付けません。
佐天さんがアニメオリジナル展開で視聴者を救ってくれることを期待します。


■翠星のガルガンティア
02 「始まりの惑星」

先の展開が楽しみです。
圧倒的なオーバーテクノロジーを見せつけたレドとチェインバーですが、彼らは原住民に受け入れられるのでしょうか?
エイミーが架け橋となってくれることを願います。

チェインバーの生真面目なセリフが状況と微妙にずれているのが見所ですね。


■RDG レッドデータガール

ヒロインが機械と相性悪いのは、霊的なものと機械とを対立的にとらえてるんじゃなくて、むしろ発達しすぎた機械は霊的なものと似ている部分があるから妙な反応を起こしてると作品的に考えられてそうな気がします。離れた場所を繋ぐ(ネット)とか、結界的な役割を果たす(自動改札)とか。

ヒロインは、自分がどんな存在かもろくに教えられないままあれしちゃダメこれもダメと躾だけされて、機械との相性が悪いせいで人並みの自信ももてないとくれば、あんな性格の女の子ができあがるのもある程度仕方ないと言えなくもないような気が。
周りの大人は責任に無自覚というか、「そういうものだから」で深く考えずに今の状況を作っちゃった感があるけど、雪政だけは確信的に情報を与えなかった節が見られて信用なりません。
  拍手する

一通りはじまりましたね。

■ゆゆ式
独特の会話リズムをもつ作品ですが、アニメでもそれがよく表現されていますね。
ゆいへのセクハラが楽しみです。
ゆかり役は、「新世界より」で早季役をつとめた種田梨沙さんですね。あらかじめ知らなければとてもそうとは気づけなかったでしょう。

■はたらく魔王さま!
魔王さまかわいいですね。
逆に勇者エミリアがそれほど魅力的には映りませんが、これはいわゆる不憫かわいいというジャンルになるのでしょうか。
なんだかんだといいつつ、二人が共闘していく話になるのかなぁ。

■フォトカノ
古きよきギャルゲーといった雰囲気ですね。典型的かつありえないヒロイン像とか。
主人公は現行不一致甚だしいし、女の子の良いセリフも完全スルーするしで、まるで良いところがなく好きになれそうにありませんが、このまま女の子の弱みを握って脅迫し写真モデルを強要する鬼畜主人公になるなら楽しめそうです。

■俺の妹がこんなに可愛いわけがない。
あやせ回が良い感じに高いテンションで楽しめました。
桐乃はヘンタイかわいい。

■とある科学の超電磁砲S
佐天さんが動いてるだけで感激します。
無能力なのにがんばる姿がかわいい。
  拍手する

その他の冬季アニメ

■AMNESIA
ニールさまの説明には色々疑問が残りますが、たぶんきちんとした説明なんてつかないでしょうからいいや。精霊の創造主というわりには半端な願いの叶え方をして事態を混乱させた張本人ってことですね。
本来死ぬはずだった主人公ちゃんが生きられることになったのですから結果オーライということで。

ウキョウは自分が願ったせいとはいえ、渡った先の世界で主人公ちゃんが他の男といちゃいちゃしたり死んだりするのを何度も目の当たりにすることになったとは気の毒なことです。

元の世界に戻してあげると言いつつ、主人公ちゃんに選ばせるんですか?(笑
ニールさまの説明通りなら、主人公ちゃんがいたのは1~2話の世界ですよね?

5つのルートを見てきましたが、シンとトーマの幼馴染コンビがお気に入りで、同人誌もそっちばっかり買ってます。なかなか幼馴染を脱しきれない主人公ちゃんとのやりとりをもっと読みたい!
あとケントさんも。


■僕は友達が少ないNEXT
ええ、ここで終わるの!?
って声もありそうですが、原作がここまでなので仕方ありません(笑

後半の主役は間違いなく理科でしたね。
韜晦してばかりの小鷹の本音を引きずり出した彼女はすばら。気持ちの上でもっとも小鷹に近づいた女の子になれましたが、その代わり、彼女がヒロインとなる可能性も低くなりました。親友なので。
さてさて、理科と小鷹の姿に「元親友」という最後のアイデンティティも失い、イジけたあげく「いかにもかまって欲しげな」メールを残して失踪した夜空ですが、どうなることでしょうね。私としては、夜空を救うのは子鷹ではなく星奈であってほしいところですが。

生徒会長がまんま天草シノでした(笑


■たまこまーけっと
もち蔵には最後までがっかりでした。
結局彼は、たまこへの気持ちよりも自分を守ることを採ったのですよ。
「たまこが幸せなら………」って、たまこが王子さまと結婚したがってるように見えたなら眼科に行きなさい。どうせ王子様というステータスに盛り上がる周囲を見て尻込みしただけでしょう。大切なものが何一つ見えてない。自分しか見ていない。傷つくのが嫌で、身を引くための理由をでっちあげて自分を慰めていただけです。
あれがみどりちゃんのライバルとはホントにがっかり。

逆にたまこのことをよく見ていたのがデラです。
序盤中盤は、たまにいいこと言うだけのウザキャラと化していたデラですが、たまこの気持ちを見抜き、言うべきことを最高のタイミングで告げる姿に感心しました。
ふざけているだけかと思ったら、あれでけっこうたまこのことが好きだったんですね、デラ。

ただ、察しがよすぎてみどりちゃんのいい出番まで潰したのは許せませんが(笑


■GJ部
主人公の男の子も含めてみんな可愛くてほっこりしてました。
紫音先輩とか森さんとか無駄にえろくてけしからんですね。
毎回回ってくれる森さんは天使。


■問題児たちが異世界から来るそうですよ?
世界観とかルールがよく飲み込めなかったのですが(どうも先に勝負を吹っかけたほうが有利すぎるように思えてなりません)登場人物たちの粋なやりとりが好きで観てました。
彼らは最初の時点でかなり人格が完成されているためか、どんな事態にも余裕をなくすことなく適切な判断を(自分の敗北も含めて)下せるところが格好いいなぁ、と。
十六夜×飛鳥推しです。
  拍手する

新世界より

この歪な社会構造に疑問を抱いた主人公・早季が町に変革をもたらすお話かと思っていたら、外敵   反乱を起こしたバケネズミによって町が存亡の危機に陥るという意外な展開でした。
ですが、終わってみればそれすらも社会の変革のための一要素に過ぎなかったのですね。結局早季はバケネズミ誕生の真実を知るまで、本当の意味で自分たちの罪を理解することはなかった。スクィーラに向かって「謝って」などと頼んだのがその証拠です。
自分らの社会が犯してきた罪の重さを知って、なお前に踏み出すためにこれほどの犠牲が必要でした。

スクィーラの行動はおぞましいことばかりでしたが、「すべて戦術の一環」であり、過ちはただ一点「負けたこと」だけだという主張は正しいと思います。
彼に対する嫌悪や憎悪を抜きにすれば。
バケネズミのルーツを知るまで、早季も覚も「ここまでされるようなひどい扱いをした覚えはない」という態度を崩していません。あくまで飼い犬に手を噛まれた気分でいるのです。
ですが、同じ知性体でありながら一方が一方を管理していることがおかしいのです。生殺与奪の権を握ったまま、自治を与えているんだからいいじゃないかというのは、握られた側の立場に立っていない。スクィーラが、奇狼丸が、どんな気持ちでニンゲンに仕えていたか、早季も覚もまるで理解していなかった。奇狼丸でさえ人間への反乱を企てたことがあると知らされ、スクィーラに「私たちは人間だ!」と叫ばれても、なおわからなかった。
彼らが元は同じ人間であったという事実を知ってようやく、二人は彼らを対等の知性体として扱ってなかったことの罪に気づいたのです。

---------------------------------------------------------------------

スクィーラのことは到底好きになれませんが、指揮官として立派な最期でしたね。
早季たちに連行されれば町からの復讐が待っていることは彼にもわかっていたことでしょう。しかし彼は自殺を選ばなかった。たとえどのような目に遭っても、自分らの主張を伝え、ニンゲンに呪いをかけることを彼は選んだのです。

鏑木肆星、日野光風、朝比奈富子という町の三巨頭が失われるのも物語上の必然でした。特に富子さまは絶対に死ななくてはならなかった。彼女が健在のままでは奇狼丸との約束を果たすことも、町の変革を推し進めることも難しいでしょう。逆に彼女から後事を託され、悪鬼を打倒したことで、町における早季の発言力が増大したことは疑う余地もありません。

  拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。