スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

ソードアート・オンライン #24 「鍍金の勇者」~#25「世界の種子」

おかえり、《閃光》のアスナさん………。

SAOをクリアされてすぐ会えたものだと思っていたら、フェアリィ・ダンス編第一話のあのショック。この出会いを1クールも待たされましたよ。よかったですねぇ………。
起きたばかりのアスナがわりと健康そうに見えるのは純粋に絵的な都合でしょうが、私はここでやせ衰えていたほうが場面としては美しいんじゃないかと思います。

須郷はイヤなキャラではあったけど、末路が見えていたからそれほどストレスフルではありませんでした。AWの能美のほうがよほど精神に堪えましたね。いくらあがいても倒せず、こちらの大切なものを奪われるばかりというのはなかなかにつらい。

アスナにとって、茅場は今でも「団長」なんですね。それほど親しくはなかったにせよ、75層まで苦楽を共にした間柄ですもの。

直葉が最後に感じていたものは、デスゲームを経験した仲間たちからの疎外感でしょうか?
それとも別の、アスナを筆頭とするキリトの大切な人たちに自分は並べないという諦めでしょうか?
せめてALO内でキリトがもっとリーファを頼りにしてくれていたら、直葉も自信を持ってキリトの隣に並べたのでしょうか? ALOにおけるリーファの役割はキリトのサポートでしかなかった。けれどアスナは違います。彼女はキリトの隣で刃を並べ、ともに死線をくぐってきたのです。
かなわない。
そう直葉が感じるのも無理からぬことだと言えます。

ゲーム同士が繋がってキャラが移行できるというのは楽しそうですね。私も、ROで育てたキャラが他所に移せるならちょっとネトゲー復帰してみるかも。
実際にやるとなると互いのゲームシステム上で齟齬が発生するからその調整は大変でしょうけれど。たとえば、ドスキル制のALOのキャラがレベル制のアインクラッドに乗り込んだ場合、スキル値からレベルが調整されることになるんでしょうけれど、それでは低層階なんてとても楽しめないでしょう。低層は低レベルだからこそスリルや達成感があるのですから。そのあたりをどうするのかな~なんて考え出すとキリがありませんね。

そういやシグルドさんはあれきりでしたね。いかにも再登場してなにかやらかしてくれそうなキャラなのに。あのキバオウさんでさえ名前だけとはいえ再登場したというのに………。

SAOはこれで終わりですが、あまり寂しさは感じません。アインクラッド編で最後だったら喪失感もあったかもしれませんけど、フェアリィダンス編があったおかげで未来につながった、続きを待てるアニメになったと思います。たぶん二期やりますよね。

エンドカードにサチがいるのがなにより嬉しい。
スポンサーサイト
  拍手する

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 第17話「大将」

数え役満が約束されてしまいましたね。さすがにこれは未達に終わるかと思っていたのですが、まさかの達成。哩姫のリザーブは淡の支配をも上回るようですからこれは止められないか………?
新道寺もかなり追い上げてきてるので、この後倍満・役満ときたら淡もかなり苦しいはず。彼女にはそれを上回るだけの火力があるのでしょうか。今のところその様子は見られませんが。

灼の九萬待ちは赤土さんの入れ知恵かと思っていましたが、どうやら灼本人の判断によるものみたいですね。自分だけではない、ハルちゃんの麻雀で勝つんだという意気込みが伝わってきます。

怜は大丈夫そうですね。
100巡先とかアホなこと言ってるから単に消耗して倒れただけのよう。
雛鳥のように竜華を求める姿が可愛い。

今描いてる冬コミ原稿がちょうどこのあたりを扱ったものなのでかなり矛盾が発生してしまったのですが、パラレルってことで気にしない気にしない。
004 のコピー

「私が10年前に戦った赤土選手の打ち方に似ています…」
すこやんってば、10年前に一度打ったことのあるだけの選手をどれだけ意識してるんですか…。絶対あの後の赤土さんの動向を気にかけていたでしょう。エバーなんとか入りを身内以外で一番喜んでくれたのは間違いなくすこやんですよ。

「あの人、普段とかインタビューでは学ランなのに、試合ではちゃんと制服なんだよね」
「だからシズも制服着て試合しなさいってコト!」

ちょっと、憧ってばどれだけセーラのこと意識してるんですか。
あの肩組みにやられちゃったか?
もういっそ阿知賀に在籍したままセーラの後輩になっちゃえよ!(謎
そして憧セーラと憧穏を同時にやってのけるとはオフィシャルおそろしい。
うまいこと言って制服交換に成功した憧ですが、ひとつ大事なことを忘れてる。
穏乃でさえギリギリなのに、憧が着たらどうなるか。
ジャージ憧
こうなるに決まってます(笑

「今日はジャージを着てないぞ高鴨穏乃!」
こーこちゃん、他に何か言うことないの。

序盤から荒れてる大将戦卓ですが、竜華が静か過ぎるのがちょっと不気味ですね。
「最高状態の清水谷先輩でも~」
「平均獲得素点では関西随一!」
「竜華にも有効なんか……」

と、もう色々期待させてくれる材料てんこ盛りですので次回が楽しみでなりません。竜華ならきっとやってくれる!
  拍手する

ソードアート・オンライン #23「絆」

「スグ、アルムの北側のテラスで待ってる」

え、VRMMOの世界で解決!?
キリトさんらしいといえばらしいけど………と思っていたら、直葉に斬られる気でしたか。そして直葉も同じことを考えていた、と。本当に似たもの兄妹ですね。二人は従兄妹だけど、そこらの兄妹よりよほど兄妹らしいですよ。
それだけに二人のこれ以上の進展はないように思います。
たぶん、もしアスナの存在がなかったとしても兄妹のラインを越えられないんじゃないかな。

しかしここでキリトさんが意外な答えを。
直葉のことは妹ポジションに戻してくれるものだと思っていたら………保留!?
なんでそんな罪作りなことするの。
アスナがいる以上答えは決まってるでしょうに。
キリトさんとしては、心身ともに現実世界に帰還してから答えを出すのが誠実さということなんでしょうけれど………ううむ。

レコンくんは今回で株を上げましたね。
好きな女の子のためにあえて道化になるとは。
まあ女の子にたいしてあれだけストレートに好意を示せる男の子はそれだけで尊敬に値しますけど。
ただ………レコンくんのメガンテは無駄死にだったのかな?(笑
あくまで結果的に、ですけど。
一応、リーファに覚悟を示すことには成功したと思いますが。

シルフ・ケットシー合同軍の助力もあってなんとかキリトさんだけグランドクエストを突破!
リーファはここまでなんですね………。
キリトを見送る視線がすっかり「女」の目をしてます。切ない。
やっぱりこのフェアリ・ダンス編のヒロインは直葉でしたねー。

管理者権限でクエストルートを閉鎖?
須郷さんってば本気でクリアさせる気ないんですね。
ユーザーはお金払って攻略不可のクエスト目指して下界で遊んでろと言わんばかりですね。
最低だ。

  拍手する

ソードアート・オンライン #22「グランド・クエスト」

二度目の失恋は寸前で食い止められるかな?
なんて思ってましたがそうは問屋が卸さなかった。いえ、ちゃんと失恋されてくれただけいいのかな。にしても、キリト=和人だと気づいたシーンのリーファの表情にはぞくりときました。

キリトの中でアスナの地位が揺るぎないものになってる以上、そこに直葉の割り込む余地はありません。それは世界樹やグランドクエストに捨て身で挑むキリトの姿からも明らかです。ましていまだにキリトは「妹」を傷つけてしまったことを悔やんでいるようにしか見えません。

ただそこに救いを見出すとしたら、キリトと和人が同一人物だったことでしょうか。
キリトに惹かれながらも、直葉は心のどこかで、これは和人を好きな気持ちへの裏切りだと感じていたのです。けれどそうではなかった。彼女が好きになったキリトは、和人だったのです。結果的にですが、彼女は自分を裏切ってなどいなかったのです。
いえ、「結果的に」という言い方も適当ではありませんね。
直葉は和人がダメだったからキリトに乗り換えたわけではない。アスナの病室を訪れるずっと前から、もうキリトを好きになっていたのですから。
姿や名前が違えども、彼女は好きになる人を間違えなかった。

同一人物だったからこそ今直葉は傷ついているわけですが、そのことが、彼女の慰めになってくれないだろうかと思わずにいられません。


………しかし、見返せば見返すほど直葉に芽はないように感じます。
直葉を妹としてしかみてないこともそうですが、リーファに対してもいまだに「迷惑をかけるわけには」と突き放している。「迷惑」というのは他人にたいして使う言葉なのです。
自分は身を挺してシルフ族とリーファを救っておきながら、リーファがそれに応えることは拒絶する。自分のために命をかけてくれるなと突き放す。これはある意味とても残酷な振る舞いと言わざるをえません。
  拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。