スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

ソードアート・オンライン #17「囚われの女王」

ログアウトした直葉さんの可愛いこと(笑
ここまで悶えはしないものの、MMOで未来の相方に出会ったときというのは多かれ少なかれログアウト後にふわふわした気持ちを覚えるものじゃないでしょうか。その他のプレイヤーとは全然違って見えるというか、その人と親しくなる未来が見えてきてしまうというか。

キリトと直葉さんはここで他人として知り合ってしまうんですねー。
MMOだとゲーム内の嫁が実は後でリアル肉親だと判明した、なんて笑い話があちこちに転がってるわけですが、直葉さんはキリト=和人だと知ったとき、どんな気持ちを抱くんでしょうね。
いやそれ以前に、和人だと知らずにキリトに惹かれていく自分に苦しみそうな気もするなぁ。

サラマンダーだのシルフだのウンディーネだのを聞くとARIAを思い浮かべてしまう私。
そうか、サラマンダーとシルフは仲が悪いんですか………。

さて、あっさりとアスナたち300人がいまだに囚われている理由が披露されましたね。










須郷さん下衆い。

スポンサーサイト
  拍手する

ソードアート・オンライン #16「妖精たちの国」

エギルとはSAO時代と変わらぬ関係を保てているようで何よりです。
実際には社会人と中学生、あんなふうに対等に話すにはやや難しい年齢差のはずですが、彼らが二年間あそこで培った人間関係は崩れなかったのですね。それこそがSAOでの時間や経験が嘘や幻ではなかったことを証明しています。

願わくはクラインとも友達になっててほしいところですが、クラインとはあの一日目での苦い体験もあってエギルほど親しくしてませんからね。リアルでの連絡先は交換してないかも………?

ALO内で助けたシルフの女の子、あの竹達ボイスは直葉さんですね?
原作のこの時点じゃあの女の子の中の人が直葉とはわからないと思うんですけど、アニメだと声でわかっちゃいますね(笑 OPであのキャラ見たときはアスナかと思ってました。
そういえば前回何か言いかけてやめましたね。あれは「私もVRゲームやってるんだよ」って言いたかったのかな。つまりキリトさんは一度デスゲームに囚われたくらいでゲームやめるような人間じゃないと思われてるわけで………(笑

実際、キリトにも再びVRゲームにダイブする恐怖心はあったんだと思います。
「死んでもいいゲームなんてヌルすぎるぜ!」
キリトのこのセリフだけ聞いてると平気そうに見えますけど、彼を気遣わしそうに見つめるエギルの表情と合わせると、それが強がりであることが窺えます。


---------------------------------------------------------------------


秋のアニメも色々見てますが、1話からノックアウトされた番組はありません。
が、面白そうなのはいくつかあるのでそのうち感想を書くかもしれません。
今のところ「となりの怪物くん」が一番楽しみにしてるアニメです。
  拍手する

ソードアート・オンライン #15 「帰還」

切ないですね………。
ゲーム内じゃ英雄でも、現実じゃ無力な高校生(中学生?)ですものね。
あの人の良さそうなお父さんは、ゲーム内での結婚なんてお遊戯感覚とまではいかないものの、本物の恋愛とまではとらえてなさそうだなぁ。そもそも中高生のキリトなんて「責任を取れる男」の範疇に入ってないんでしょう。
せめてアスナが目を覚ましていていれば流れも変わったんでしょうけれど。

婚約者の件は気分の悪い話ではありますが、手続き上結婚ですらないのなら、何も取り返しのつかない話ではないような気がします。でもキリトにとってはそういう問題じゃないんでしょうね。
アスナの親と婚約者が双方とも事実上の結婚ととらえている以上、形式には何の意味もないのかもしれません。


どうやらエギルとはリアルでも連絡をとれてるようですね。
ちょっと嬉しい。
しかしそのメールで送られてきた画像にはびっくり。
あの抜刀妻とさえ呼ばれたアスナ嬢が、まさかとらわれの姫君(?)とは。
正直、2クール目もゲームの話と聞いたときには「あんなデスゲームを経験しておきながら、よくダイブする気になれるものだなぁ」なんて疑問でしたが、こういう事情ならわかります。
リアルでの問題を解決すべくまたVR世界にダイブすることになるのはなんともこの作品らしいですね。

SAOの世界から戻ってこられなかったのが300人と聞いたときには、まず2年間のダイブ生活が脳か何か生体に障害をもたらした可能性を疑いましたが、そもそも彼らがいまだにナーヴギアを装着していることも疑問でした。
なるほど、ナーブギアとのリンクが切れないままどこかと通信が続いているとしたら、SAOがクリアされたといってもナーブギアを外す決心はつかないでしょう。
しかしでは彼らはどこに繋がっているのか?
その答えが次回明かされそうですね。


新OP、EDともにいい感じですね。
SAO編のときはどこか切羽詰ったというか、張り詰めた感じがありましたけど、新OPEDは希望が感じられてよいです。
  拍手する

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 第15話「関門」

セーラ×憧が!
セーラ×憧が!!
この二人の薄い本を早く!

なんだろう、この二人。
並ぶとすっごく絵になる。
ぱっと見男っぽいセーラと、見た目可愛らしい憧の組み合わせがツボです。
ライバル、と呼ぶには力量の差があって、たぶんセーラは憧の必死の食い下がりを可愛いなぁくらいに思ってる。憧のほうもその差は実感してるから畏れを抱きつつも、持ち前の強気でなんとか張り合ってる。
この二人の絡みはもっと見たいな。
ドキドキしてる憧が新鮮でした。
穏乃とじゃこんな顔は全然見せてくれないのに………。

セーラって南三局までに+53000も稼いでたんですね。驚異的。
「親っかぶり上等  !!」とかフナQの分析を聞き流してたりとか、もういちいち格好よすぎる!

「ありがとうございました」とお辞儀する憧が猫かぶってるというかお澄まししてて可愛いですね。たぶん学校の教師の前なんかだとずっとこんな感じに違いありません。

「いやでも仲良くなるまでは逆に敬語とか多いんですよ?」
そういえば、ドラマCDでは灼にたいしては敬語でしたね。
でもインターハイではもうタメ口に。

「連れて行く! 決勝まで……!!」
この準決勝は阿知賀にとって、和との対戦への関門であると同時に、赤土さんのため乗り越えなくてはいけない壁でもあるんですよね。その後者の理由をもっとも強く意識してるのがこの灼に間違いないわけで。
準々決勝では省略されてしまいましたけど、今度こそ活躍してくれることでしょう。

さて、新道寺の鶴姫&シローズの能力が照によって明らかになりましたが、
こんなガチな能力者は初めてです(笑
あんたらどれだけ仲良いのさっ!
この二人が一学年違いというところに運命を感じてしまうなー。
高一と中三に分かれてしまった一年間がどれほど長かったことでしょう。

他校のエースや二年生をさん付けで呼ぶ照から良い人オーラが感じられてならないんですが。なんだかもうすっかり初期のイメージが崩れ去ってしまってます(笑
一期DVD8巻のあの凶悪顔は何だったの………。
  拍手する

ソードアート・オンライン プログレッシブ1 (電撃文庫)

ソードアート・オンライン プログレッシブ1 (電撃文庫)ソードアート・オンライン プログレッシブ1 (電撃文庫)
(2012/10/10)
川原礫

商品詳細を見る

キリトとアスナの第一層での出会いって、アニメオリジナル設定から公式になりましたね。いえむしろこういう構想が元からあったとみるべきでしょうけれど。
私としては、ヒロインとの縁というのは鮮烈なものが序盤にあって、それが後々の再会で花開くというのが好きなので大歓迎でしたが………

第二層でさっそくいちゃついてるじゃん!

川原先生はできるだけ整合性をとるみたいなことをあとがきで仰ってましたが、これはもうひとつのSAOってことでいいんじゃないでしょうか。アインクラッドで生きる喜びは何も昼寝がきっかけでなくても、これから二人が一緒に見つけていけばいいことだし。むしろここでアスナがキリトを目標とした意味は大きいと思います。

黒猫団の悲劇はキリトが人恋しさから発生したものだから、この流れだと事件そのものがなくなってしまいそうだけど、私はそれでいいと思ってます。サチを二度も死なせなくても。むしろ黒猫団とは別のかかわり方をしてほしいな。キリトが孤独じゃなかったからこそ起こらなかった悲劇を読者に感じさせるだけでもSAOPの意味は大きいと思うので。

もっとも、この先アスナと決別してソロキリトくんになる展開もあるのかもしれませんけど、それはどんな事件でしょう。想像つかないな………。
この流れだとよっぽどのことがない限りキリトとアスナの決別はなさそうな気がします。血盟騎士団に入ったぐらいじゃ弱いでしょうね。団員のビーター嫌悪とかアスナなら眼力で黙らせそうだし。
そもそも、血盟騎士団入りって物語上の必須条件でしょうか?
騎士団入りしなくても大体の騎士団絡みエピソードは代替できそうな気がします。アスナの有名人化も二層ですでに進んでるし、クラディールみたいなのは別に騎士団に絡めなくてもやれるでしょう。無理があるのは団長とのデュエルくらい?

AW、本家SAOとの並行作業なので刊行は年一冊が限度ということですが、次巻を楽しみにしてます。
  拍手する

咲 -saki- 第103局「再会」

五十嵐先生の描かれる阿知賀メンバーはみな「可愛い」って印象ですが、小林先生だとみんな美人さんですね~。憧や玄さんの脚なんてもう!
そして何より、裸ジャージの子が裸ジャージすぎる!(笑

ラジオで憧役の東山さんが仰ってましたが、この再会シーンでは、あの誰にでもフランクな憧が珍しく余所余所しいというか、昔のように和に話しかけられないでいるぎこちなさを表現するよう求められたそうです。アニメを観てもそれは感じられました。
そして同様に玄さんも「うわわ」とまともに返せてません。普段の玄ならこの中で一番あの頃と変わらぬ態度で和に接してくれそうなものですが。
やはり数年の時間と、なにより和との対戦を目標にここまでやってきたという事実が、和やかな再会を妨げているんですね。
でもそんな中で力強く和に語りかける穏乃は、やっぱり主人公なんだなぁと思わせてくれます。

和と交わした言葉はわずかですが、きっと伝わったことでしょう。
少なくとも、彼女たちが和との対戦を強く意識していること、麻雀を通じて和と彼女たちがまだ繋がっていることが。


あの雑誌社の人はそういう不謹慎気味な仕事こそ喜びそうだと思ってたから意外でした(笑
でも、倒れた怜を追いかけて話を聞こうだなんて、竜華に刺されそうですね。
  拍手する

ソードアート・オンライン #14 「世界の終焉」

言われてみれば納得………なのですが、ちょっと悪趣味な気がするヒースクリフの正体でしたね。
でもそこに彼   茅場のこの世界への愛着が見える気がします。

アインクラッドの崩壊を見届けながら三人だけで語るシーン、あそこでキリトもアスナも茅場に憎しみをぶつけることはなかった。もちろん多くの死んでいった人たちのことを思えば色々言いたいこともあったでしょう。
でも、それとは別に、二人にはアインクラッドで過ごした二年間がある。そこは決して牢獄ではなかったし、そこで得られたものもまた大きかった。たぶん二人ともアインクラッドそのものは愛してたんだと思います。だからこそその崩壊を見届ける茅場に何もぶつけなかった。

アスナの剣はただそこに残ったんじゃなく、二人が夫婦だったからキリトの所有物として残ったんですね。本来ならアスナと一緒に消えるはずだったものが。
その剣がSAOクリアの最後の一撃となるのですからロマンチックというか。

あのタイミングで自分が生きてたのなら、アスナも生きてるかもしれない。確かめられずにはいられませんよね。それでも再会まで描かないラストがいいなぁ………とか思ってたら、新章CMでアスナの生存が確認されちゃったよ!(笑
そりゃ生きてるだろうとは思ってましたけど!

年下といっても1歳違いなら同学年の範囲ですよね。普通のMMORPGだと、リアル明かしたら社会人と学生だったとかザラなんですけど。ウチのギルドにもそういう夫婦いたし。
ただ………キリトくん、SAOをはじめた時点で14歳だったんですね。

最後に本名を名乗りあったことが二人を繋げてくれるのでしょうか。
アスナとの再会も楽しみだけど、それ以上にエギルやクラインとリアルで友達になってほしいな。

野暮なこと考えてしまうけど、オレンジプレイヤーの扱いが気になります。彼らが法で裁かれる可能性は低いだろうけど、野放しだと報復とかあるんじゃないかな。シリカの回のように牢獄(?)送りされたプレイヤーは特に。名前はわからなくても顔は判明してるわけだし。
  拍手する

最近神のみの感想を書いてませんが

twitterのアカウントのほうでは水曜につぶやいてます。
ユピテル編に入ってからは設定話が多いので、どうしても「感想」って感じじゃなくて。
でもどろ子(仮)が安定してからはキャラに愛着もでてきて次回が楽しみに。

ちひろ3
  拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。