スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

今週の神のみぞ知るセカイ

FLAG189 「初めて恋をした記憶」

よもや桂馬の涙を見ることになろうとは。
しかしこれをちひろによる「神殺し」の成就と見るかは迷うところです。
今の桂馬の多くを占めているのはやはり罪悪感なんでしょうね。もちろん、ちひろが特別な存在になりつつあるからこれだけ罪悪感も大きいわけでしょうけど。

神のみという作品において、桂馬は常に与える側だったし、だからこそヒロインたちを見送ってこられたのですけど、ちひろにかんしては収支がマイナスに振り切れてますからね。むしろ最後は手助けされる一方。
ちひろという少女が桂馬の中でどれほどの「特別」になったのかは、もう少し落ち着いてからでなければわかりません。今は悔恨に支配されているでしょうから。ただ、物語の決着がついてなおこれだけ桂馬の心に居場所をつくったのはちひろが初めてでしょうね。

かのんたちの翼のきらめきに、ちひろが改めて持たざる者だと自覚させられるあの場面はホント残酷でした。それでも、強く歌い続けるちひろの姿にはもう言葉がありません。
かのんはある意味ちひろのコンプレックスの象徴みたいな存在で、それに正面から向き合って自分なりの輝きを見せようというのがコアクマまでの展開だったんですけど、今ちひろが欲しいものは頑張って手に入るものではないんですよね。なんというか、桂馬の視界に入るための資格のようなもの。それはどんなにあがいても手に入らない。
あの翼を見たことで、ちひろの中におけるかのんへの「手の届かなさ」って意味合いがまるで変わったんじゃないでしょうか。

このままだと新章におけるちひろって桂馬のウィークポイントみたいになっちゃいそうで心配です。それをどうにかできるのは、親友であり嫁であり、あの屋上での出来事を知ってる歩美しかいないと思うんですけど。今の歩美ならポジティブに動いてくれるはず。
もちろんそうはならずに、桂馬とちひろが互いの傷を抱えたまま意識しあう展開のほうが楽しそうなんですが。


天理再攻略のなかったことにちょびっと不満を抱いていたけど、そもそも天理は「再」もなにも一度だって攻略されたことなんかないし、ずっと一人で桂馬への愛を育んできたコなんですよね。なくて正解なのかな。
スポンサーサイト
  拍手する

顔、近いよっ!

■モーレツ宇宙海賊
SAILING 21 「決戦!ネビュラカップ」

リン部長ものんきというかおおらかというか。
こういった部活において、大会出場って活動の原動力みたいなものじゃないですか。それができないのにここまで無関心だったというのは凄い。みんなで楽しくやれてればオッケーな空気がそうさせていたんでしょうか。それに、白鳳には海賊船長という他にはないお楽しみファクターがいて、退屈するどころじゃありませんしね。
でもこの出場資格停止の件って、どう考えてもリン部長が保護観察処分になった原因ですよね。
忘れないで!

なんだか最近のアイちゃん推しが凄いなぁ。
しかしそれだけのことをやってくれる娘ではあります。
弁天丸の支援から天測による航海まで、後半はまるきりアイちゃんタイムでした。
電子担当のリン部長や指揮能力に長けた茉莉香よりも、「ヨット部の部長」としてはよっぽど素質ある人材だと思われます。もっとも、白鳳はまともなヨット部じゃないから、先代ジェニーを含む上の三人が頼もしく映るわけですが。

しかし今回の襲撃者は何が目的だったんでしょうね。
私略船免状を自分の都合のいいように利用したいなら茉莉香を拘束すべきです。そうではなく攻撃してきたということは、船長の殺害   すなわち海賊の壊滅が狙いだったということになります。船長か船のどちらかが絶えても私略船免状は剥奪されますからね。
次回予告では海賊キラーが登場するようですし、なにやら不穏な空気を帯びてきました。
これこそ実力排除しなければ解決できない相手のように思えるのですが、茉莉香はいかなる変化球で彼らを撃退するのでしょうか。


■さんかれあ
#8 「偽りの…自由…(Taken Awey)」

どうやら礼弥の死によって正常な人間関係が断たれた、というのが前提になって話が進んでいるようですね。これがまともな家族であれば、ゾンビだろうがなんだろうが、親が正々堂々正面から娘を迎えに行けばいいだけの話です。
しかし礼弥の父はそうはしない。力づくで取り戻そうとしています。
それは自らの手で礼弥を死なせた罪から目を逸らしているからか。
親ではなく男として礼弥を千紘から取り戻したいからか。

いずれにせよ、彼は礼弥が死を契機に父を切り離したことを、自ら認めているのです。そして、その意志を否定しようとしている。
もしも彼が100%男として礼弥を取り戻そうというなら、何をしても止まらないでしょう。
けれどもしいくらかでも親としての愛情が(どれだけ歪んだにせよ)残っているのなら、彼はいつか礼弥を手放すことになるでしょう。礼弥はもう父を己の人生から切り離してしまったのですから。


■アクセル・ワールド
#8 「Temptation;誘惑」

ニコの変貌はもっと凄みのある声をイメージしていたのですが、あれじゃまるでチンピラです(笑

シアンパイルの件でも「リアル割れ」の危険性が指摘されていましたが、それがどれだけ危険なことかを承知していなければ、今回のニコの行動がいかに破天荒なものであったか伝わらないでしょうね。
彼女は、ハルや黒の王がどんな人物かも知らないものに、自分のリアルとバーストリンカー生命を賭けて、身一つで乗り込んできたのです。


■夏色キセキ
第8話 「ゆううつフォートリップス」

酔うフラグを立ててきっちり酔う優香は期待を裏切らないなぁ。

最近は楽しくやってましたけど、紗季の転校は目を逸らしてはいけないこの作品における重要ポイントです。そこへの彼女たちなりのアプローチがこの旅行というわけですね。夏海の提案を聞いたときにはなんて素敵なアイデアだろうと思わずつぶやいてしまいました。

紗季だって三人と離れたくはないはずです。その想いは夏海と同じかそれ以上に強いことでしょう。ただ夏海は失念しているようですが、紗季だって家族と離れて暮らしたくはないはずなんですよ。
その決して両立しない二つの選択の中で揺れている。


■氷菓
第六話 「大罪を犯す」

もう奉太郎は千反田さんの期待を裏切れない体になってしまったんですね。
里志の言葉を借りるなら「今日の屈託は高くついた」ということになるでしょうか。
いやしかし摩耶花の怒りを止めようとしない奉太郎に全身で抗議する千反田さんは可愛かった。

千反田さんの冗談を真に受けて心の友とは、奉太郎も存外単純ですね。
今までどれだけ千反田さんに振り回されてきたと思ってるんですか。

千反田さんのストイックさは少々人間離れしていますね。彼女ならば奉太郎の洞察も的を射ているのではないかと思いますが、たしかに、どれだけ注視していようとも他人をわかった気になるのは危険なことです。私も肝に銘じましょう。
  拍手する

今週の神のみぞ知るセカイ

FLAG188 「It's All Right」
バイバイ

ちひろとの「バイバイ」。
桂馬の表情から読み取れるのは長瀬先生やみなみの中に自分がいないと知ったときと同種の感情、いえそれ以上の喪失感と、焦燥だったように思います。
ただでさえちひろにたいしては、彼女を深く傷つけたという罪悪感が根深く残っているというのに、それをなんだかんだで許されたうえ、理解協力までされちゃったわけですからね。今、ちひろへの負い目がどれくらい桂馬の心を占めているのか。
もしかしたら今の桂馬にとって、彼女は生身の、三次元のヒロインとしてたしかに存在しているのではないでしょうか。

「いや、ちひろは…関係ない」
これってちひろの疑問を解消してはいないんですよね。どうしてちひろのデートに桂馬が応じたのか。
その答えにはなってない。

でもちひろにとっては決定的な一言だったのかもしれません。
理由がなければ桂木はデートなんかしない。
ちひろの中に何もないということは、桂馬がちひろに向き直る理由がないということです。
彼女の中のわずかな希望はこのとき断ち切られたのかもしれません。

でもこの状況は傍から見ればまるで逆です。
最後通牒を突きつけられて離れていこうとするちひろに対して、桂馬は人としての誠意をもってちひろに接している。
ライブを聴きに行くという桂馬の言葉を、ちひろに対する未練とまで捉えてしまうのは、きっと私の勝手な妄想でしょう。
でもこの桂馬の態度は、これまでの攻略済みヒロインたちに対するものとは一線を画しているように感じられてならないのです。どうしてあのとき、桂馬はピックの入っていたポケットを探ったのでしょうね。

ちひろという少女にとって自分が「特別」であるかないかは最大の関心事であり、コンプレックスであります。そのことは最初の攻略でも、その後のバンド活動でも、かのんとの比較でも繰り返し描写されてきました。
歩美と違って自分の中に「何もなかった」というのは、またもや彼女の特別性が否定されたということでもあります。
しかしもう彼女に駆け魂は宿らない。記憶はなくとも、あの雨上がりの中、桂馬からもらった勇気が彼女を支えているのです。
バンドメンバーが欠けようとも余裕ある態度でステージに臨むちひろの姿に泣きそうになりました。

そして歩美たちを迎えた彼女の表情。
桂木と歩美たちの立つセカイから一人取り残された寂しさと、ギリギリ駆けつけてきた大切な友達を迎えた喜び、その二つがないまぜになった、そんな複雑な笑顔に見えました。


ハクアvsリューネ。
目的を果たしたのはハクアのほうなので、局面全体を見ればこれはハクアの勝ちなんですよね。
リューネは現場指揮官としては失格。
ですがこれはリューネが立場やヴィンテージの作戦よりも己の愉しみを優先したということでしょう。
享楽的なリューネらしいといえばらしい。
個人レベルの戦いではリューネが優勢だったことは明らかです。これは地力の差でもあるのでしょうが、それ以上に精神的な優劣が勝負を分けた気がします。純粋に戦いを愉しんでいるリューネと、足止めに徹したハクアの差。
  拍手する

やる気だした小林丸というのも珍しい

■モーレツ宇宙海賊
SAILING 20 「茉莉香、波に乗る」

ケインどうしちゃったの?
彼の意図がいまいち読めません。協定破りの無法者の存在が引き金になっていることは察せられるのですが、ヨット部でスパルタすることとそれがどう関係するのかわからなくて。白鳳ヨット部がどんな成績を収めようが事態に変化があるとは思えないのですが。茉莉香の船長としての成長につながるとも思えないし。
梨理香に引き合わせたあの男性が何者かわかれば謎は解けるのでしょうか?

一年ではショートカットの娘がようやく見せ場を得ましたね。それが大会での成績に繋がるのかわかりませんが。
むしろ心配なのがヒルデ。彼女の狡猾さはある意味正しく白鳳女学院ヨット部の血を引いているといえるのかもしれませんが、何かやらかさないといいですね……。
アイちゃんはちょっと狙いすぎな気がして苦手なキャラでしたが、少し好きになれたかな。


■咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A
第7局 「信念」

中堅~大将戦はさらっと流しましたね。
この大会は上位二校勝ち抜けで次回も千里山と戦うことを考慮すると、今回は敗北回だったと捉えるのがよいでしょう。そんな中でも宥の応用力、憧のセンス、穏乃の粘り強さと、最低限の個性は見せてくれたと思います。灼の特殊能力が発揮されなかったのは次回爆発してくれるフラグですよね。
気になるのはポイントゲッターである玄がさらした弱点の解決方法が見つかっていないこと。ここをどうにかしないと準決勝の展望が見えてこないのですが、肝心の赤土さんはみんなの気を締めるだけで具体的な対策は無し………?
なにやら次回予告を見ると、赤土さんではなく長野勢が力を貸してくれそうな展開ですが、それだと赤土さんの存在意義って何って話になりませんか。彼女も彼女なりに準決勝突破に関わってこそ、絡みついた過去を振りほどけるというものでしょうに。きっと彼女なりに裏で動いてると信じたいところですが。


■氷菓
第五話 「歴史ある古典部の真実」

あれ、もう本人に直撃しちゃうんだ?
もう少し考察を重ねてから答え合わせにいくのかと思ってました。もっとも、最後で奉太郎なりに関谷純の真実に迫ったことで面目は果たしたわけですが。
奉太郎は自身の変化に戸惑っているようですが、その変化の理由が、はたして千反田えるにあるのか、関谷純という一人の男の人生を解き明かすことにあったのか。

しかし寂しい結末でした。本来何らかの憤りがあってよい真実です。ですが、英雄たる被害者も、無情な沈黙を責める者もすでにない、時効の物語なんですよね。だからこそこんな穏やかな解決を得られたのでしょう。

気になるのが里志の表情です。
彼は奉太郎の変化を歓迎しているのでしょうか?
  拍手する

大阪弁かわいい

■さんかれあ
#7 「おさな…なじみ… (Run Ranko Run)」

パーフェクトに蘭子回でした。
何事もなければきっと結ばれた幼馴染なんでしょうけれど、………勝てるわけないですよね。礼弥と千紘はもうお互いがオンリーワンになってしまってるんですから。彼女の死によって。


■アクセル・ワールド
#7 「Restoration;修復」

   に見えて、案外頭に血が上りやすく、こすっからい手を使うが、本人は意外と抜けている」
愛されるキャラクターですね。
逆に抜け目のない性格だったら、シルバークロウはそのレア性と優位性のために周囲から妬まれるだけだったでしょう。

タクムの自嘲自傷は痛々しいを通り越して鬱陶しいレベルでしたからね。姫が喝を入れたのもむべなるかな。
たしかに反省の意を示すことは大切です。ですがタクムの場合は度を越していて、反省を示すべきハルやチユリをも傷つけているのです。姫の言葉を借りれば「自分に酔っているだけ」
ハルはタクムが尽くしてくれることなど望んでいない。ただ本当の親友に戻りたいだけなのです。対等の関係に。

アクアカレントの目的が彼女の口から語られることはありませんでしたが、おそらくこれが彼女なりの、ブレインバースト世界の愛し方なのでしょうね。そこに住まう人々の素顔をコレクションし、戦い方から人柄までを推察する。そうやって自分だけのデータベースを構築することが。


■夏色キセキ
第7話 「雨にオネガイ」

優香だけ振り付けを逆に覚えてしまったことで発生したちょっとした仲違い。
努力不足なわけではないのですが、あれですね、優香は今からやろうとしていたことを人からやりなさいと言われるとヘソを曲げてやらなくなるタイプ。
優香自身が悪いわけではなく、そういうコだとわかっている凛子は根気強くその気にさせようと努力するのですが、その姿が健気です。

夏海は優香の調整不足よりも、お石様の力で優勝しようとしたことに怒ってたんですね。まっすぐな夏海らしいというか。そして夏目のフォローは紗季が。
こうやって二人-二人でバランスをとっている限り、この四人組は大丈夫だと思われます。

私も実家にいた頃は家の手伝いで時間を拘束されることの多い子供でしたが、優香の振る舞いは感心しませんね。せめて午前中だけでも手伝っていれば家族も温かく送り出してくれるでしょうに。
四話の優香と紗季の入れ替わりってもう何日か続いて、優香の家族があの子心を入れ替えたのかしらって淡い期待を抱く展開が見たかったかも。
で、元に戻ってがっくり。


■咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A
第6局 「奪回」

あそうか。抽選にあがったのが灼だったから、和はこども麻雀クラブの面々が全国に来ていることを知らないんですね。トーナメント反対側の対戦なんてチェックしないだろうし。

上級生三人が特殊って解説がありましたから、灼も特殊能力者なんですね。
逆に一年生二人はまっとうな麻雀打ちなんですね。それが全国に出てきて通用してるってことが、赤土コーチの指導の成果ってことなんでしょうか。

千里山の二人にときめきます。
ナチュラルにくっつくなぁこの二人。
千里山
  拍手する

今週の神のみぞ知るセカイ

FLAG187 「ウエディング・ベル」

メルクリウスb

できれば前回の合併号とまとめて読みたかったかな。
一週休んだあとの倍増ページ、みたいな感じで。
逆に前回と今回が三週間開いてしまったのは残念。ま、単行本になれば解決する問題なんですけど。

さて、長かったW攻略編も、メルクリウス現界でひとまず決着。
前にも書いたと思いますが、ここで大事なのは、桂馬が歩美を好きかどうかではなく、歩美が桂馬を好きかどうか。だったらもうとっくに結論は出てるんですから、あとは信じるだけでした。ちひろのいる境地にようやく歩美も追いついたといったところです。
ちひろの役目は最後に歩美の背中を物理精神の両面で押してあげることでしたか。もう少し引っ張るかと思いましたが、言われてみれば船の灯りを点した時点でもう時間がないんですよね。

桂馬は今回出し切りましたね。歩美を「最初にして最後のヒロイン」と言ったのは本当かも。だって今回の攻略は攻略になってなかった。攻略が無意味になった上で、桂木桂馬という人間が体当たりで口説き落としたって話です。これをやってしまったらもう次からの攻略なんて何をやっても陳腐です。

しかしちひろの決意の意味が気になるところです。
前向きなのか後ろ向きなのか判断のつかない表情ですね。こういう大事なところで若木先生は表情をうまく消すなぁ。。
私としては前向きな決意であってほしいところですが。
学園祭ライブで、最後にたった一人で桂馬にオリジナルソングを捧げてみるとかね。

とっくに目覚めてるはずなのにメルクリウスは何をしてるのか疑問でしたが………
寝てたんかい!(笑
歩美と交信できなくなってヒマだったのはわかるけど。アポロの次に大物臭のする女神ですね。

そして今回最大の衝撃。
ディアナに翼が!!!
ええええ天理再攻略無しぃぃぃぃぃぃ!?
これを説明できるのは前回の天理が何を言い出したかにかかってるんでしょうけれど、
………ちゃんと、後から描いてね先生!?

ノーラの反応からすると有名人みたいですね、リミュエル。二階堂先生が「ローマの休日」云々言ってたから地獄の王族にあたる立場かと思えば、あの年季の入った証の鎌は深い実戦経験をうかがわせます。ひょっとして駆け魂隊草創期のメンバーなんでしょうか。
神のみクラスタの間ではエルシィの実姉説が囁かれてますが、どうなんでしょうね。
  拍手する

氷菓の男キャラの目はどうしてこんなに色気があるんだろう

GWは人生指折りの風邪に見舞われて潰れてしまいました。まだ治りきってません。
みなさんも暖かくなってきたからといって油断なさらないでくださいね。
雨の日の対策は万全に。レインコート最強。

■モーレツ宇宙海賊
前部長誘拐編は、敵役の叔父がやや小者でしたね。いやでも、弁天丸クルーの助けがなければ逆転できなかったんだからそこそこの敵ではあったのかな?
ともあれ、女子高生や海賊と侮りきってる相手を引き摺り下ろす展開は小気味良かった。純粋に船乗りとしてではなく、駆け引きで事を収めてしまうのはこの作品の特徴ですね。
ヨット部クルーも短期間のうちに腕をめきめき上げてて頼もしい。特に操舵のアイちゃんは、初めての海賊では連結も覚束なかったのに、二度目はぴったり決めるし砲撃はかわすしで、もう免許あげてもいいくらい。機関担当のヤヨイも阿号吽号の特徴をつかんでからは安定感が半端なかった。この二人がいる限りヨット部の未来は安泰だ~。
シリーズ通して光っていたのはチアキちゃんでした。チアキちゃん、どう見てもサポート体質ですよねー。弁天丸副長にほしいけど、彼女にも背負うべき船があるからなぁ……。

お掃除回では茉莉香の気が抜けまくってましたね(笑
まあ今回は気苦労多くて疲れたでしょうから無理もないかな。
ヒルデは茉莉香に魅せられたのか、それともやはり姉を通して茉莉香を見てるのか。
海の明け星管制にもファンができてたのがほんわかしました。
あと、小林丸がレーダー席に座ってたのも。
セイフティリレーのエピソードは何だったんでしょうね。あれがどういう部品なのかの説明がないのでちょっとピンとこなかった。


■さんかれあ
本当に丁寧に丁寧に二人の時間を描いてるなー、と。
あの父親の動向が気になるところなんですが、そこへ急がずにまず千紘と礼弥の深まりをじっくり描いてるところは好感もてますね。
しかし、新陳代謝がないってことは、仮に腐敗を防げたとしても体は劣化していく一方なんですよね。これって最初から終わりの見えた物語なのでは。切ない。


■アクセル・ワールド
ポニーテール似合ってると言わせたくて仕方ない先輩可愛い(笑

タクの自嘲は少々重たいレベルですけど、じきに自然と戻ることでしょう。
タクのやったことは到底肯定できませんけど、そこに至る過程には少々同情を禁じえないというか。男二人女一人の構成でずっと仲良くなんてそもそも無理がありますよね。関係を最初に歪めてしまったのはタクだけど、それはチユリにも同等の責任があると思われます。
いずれにせよこれで三人はいびつな関係をいったんリセットできたのですから、またここから始めればよいのです。

原作11巻まで読んじゃいました。一冊買うともう止まらなくて。
でもそれでアニメへの楽しみが薄れたかというとそんなこともありません。あのカタルシスをどう見せてくれるのか楽しみです。


■夏色キセキ
凛子がガチすぎる。


■咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A
特殊能力者二人の出番も終わったし、そろそろコーチの指導の成果のようなものが見たいところですが。

千里山女子の声優さんはネイティブ大阪の方はいないのかな?
大阪弁のアクセントに気をつけながらしゃべってる感じです。特に眼鏡の子。


■氷菓
三人がそれぞれ資料をまとめてきてるのに、奉太郎ってばほとんど何も用意してなかったんですね(笑
もってきた資料も投げやりなものだし。
ホントに積極性のない主人公だなぁ。
でも最終的には千反田さんの気持ちを汲み取って組み立てちゃうんですね。
ただ、これだと千反田さんの気持ちは救われない。彼女の疑問に答えてないからです。あくまで今回の会合の矛盾点を解消したに過ぎません。
千反田さんはおそらく、大好きだった叔父に拒絶されたことで、彼を傷つけてしまったんじゃないかと気に病んでいるんだと思います。そこから彼女を救い出すには、たとえ真実ではなくても、彼女を納得させるだけの仮説が必要です。それを奉太郎はひねり出すことができるのか。
真実を知るだけなら、あの文集第二号の冒頭文を書いた人物を訪ねればよい。けれどこの作品はあくまで奉太郎が千反田さんの納得のいく答えを生み出す物語のはず。
  拍手する

今週のサンデーはお休み

歩美誕生日





………キスのことですよ?

  拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。