スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

俺妹第14話「俺の後輩がこんなに可愛いわけがない」

OPは毎回更新されてますね。
麻奈実が京介の魂を戻すところがお気に入りです。
でもそのすぐ後に例の桐乃vs黒猫バトルシーンを入れると、まるで京介を蹴り飛ばした桐乃に黒猫が怒ってケンカしたように見えますね(笑
OPラスト、無人だった桐乃の椅子に黒猫が座っていました。
黙っていなくなった親友の部屋で、独り静かに何を想うのでしょう。

ゲー研の部長、わりとダメ人間のはずなんですが、今回はまともな人に見えますね。
京介は黒猫に友達を作ってあげたくてサポートしてるわけですが、この部長も、もっともな理由をつけつつも、新入部員の二人に仲良くしてもらいたいとの思いから共同制作を提案したものと推察されます。

「どうしても先輩を見てるとみだらな妄想が   
「でもすでに私の中ではお兄ちゃんとのカプが   

自重しなさい(笑

「セクハラです! いえ、パワハラですっ!!」
男女のえっちシーンはセクハラ呼ばわりするくせに、ガチホモはいくらでも描けるんですね。
まったくわけがわからないよ。

「エロゲーマーとしての感想を言ってやろうとしただけだよっ」
とうとうエロゲーマーを自認するようになってしまいましたか、京介氏………。

アニメ回での黒猫が桐乃に見せた嫉妬心がここで爆発してますね。
たしかに桐乃の主張はひとつの真理ではありますが、才能のある人間の言い分だという黒猫の主張にも一理あります。「自分のやりたいこと」と「ユーザーに受け入れられるもの」が剥離してしまってる人間にとって、桐乃の主張は何の手助けにもならない。自己の否定でしかありません。それは創作の動機そのものの抹殺でもある。
そこで黒猫の出した答えが、自己を殺すことよりも、盛大に自己満足を極めることでした。
これはこれで気持ちの良い開き直りです。
とはいえ、全く人の話を聞かないわけでもありません。京介の素直な感想もゲームに取り入れる姿勢は見せています。要するに、自分の一番やりたいことは頑として譲らないけど、ユーザーの需要に沿えるところは譲ろうと、ひとつ成長したということです。

京介のベッドが自分の居場所とばかりに寝転ぶ黒猫は、もう誘ってるとしか。
京介もそこで距離をとらないっ!
ちゃんと横に寝転んで!?
しかしここの一連のシーンには頬が緩みますね。
なかなか近寄ってきてくれない気まぐれな猫が、やっと懐いてくれたという印象です。
しかし京介がテストプレイしてるゲーム、画面に映ってた男キャラがどう見ても京介ですよね。
黒猫も可愛いとこあるなぁ(笑

「先輩と兄さん、どっちの呼び方が好き?」
重要な選択肢でしたが、今回は間違えませんでしたね。
ここで「兄さん」を選んでしまっては、妹の代用品だと言い直すようなものです。
黒猫もご満悦の様子でした。

黒猫が休み時間の教室に飛び込んだシーン。
教室の空気がよく描かれていましたね。
教室内で黒猫がどんな立場にいるのか、彼らの反応だけで伝わってきます。
まるで腫れ物に触るような、遠巻きにしてる空気でした。

黒猫が瀬菜に助力を請うシーンは今回のハイライトです。
プライドの高い黒猫が、他者に頭を下げるなんて。
それも桐乃や沙織といった親友たちではなく、知り合って間もない瀬菜に。
黒猫が周りから孤立するのは、攻撃的に振舞うことで自己防衛を図っているからです。
でも、人に譲ることを覚えた今の彼女なら、教室内での立場も改善されていくかもしれませんね。

「今後あなたのことは魔眼使いと呼ばせていただくわ」
ああ、きっと黒猫は「月姫」好きですよね。

ここから原作既読者としての感想です。

続きを読む »

スポンサーサイト
  拍手する

トオル×ユー子の薄い本とか出ないかな。誰か描いてください。

■Aチャンネル

今期最も続きが楽しみなのは「あの花」ですけど、一番繰り返し見てるのはこのAチャンネルです。見てて心地よいんですよね。
四人娘それぞれに魅力的ですけど、中でもトオルとユー子の組み合わせがお気に入りです。トオルの一番がるんだというのはわかってますけど、ユー子も別の意味で気に入られてますよね。いかにも嗜虐心をそそる子だし。
ユー子もユー子で、今後トオルと仲良くなろうと頑張るシーンが出てくるんですよね。たとえて言うなら、よその家の猫を手懐ける感覚でしょうか。


■神のみぞ知るセカイ

二期のOPはやけにヒロインが少ないと思ったら、ハクアもその一人ってことなんでしょうか。
しかし明らかに教師っぽい人が混じってるんですが、まずくないですか?
もしかしたら教習生なのかもしれないけど。
  拍手する

菜子はちょっと色気を振りまきすぎ(笑

■花咲くいろは
第4話 青鷺ラプソディー

「空気読まないのやめる!」とか言ってましたけど、故意にやってるわけでもないもの、やめるなんて所詮無理な話でしたね(笑

「民子姫って、白いワンピースが似合う高原の少女って感じでさ」
民子が美人に数えられてるのはわかりましたけど、少し話せばどんな性格かわかりそうなものです。クラスの男子ってろくに話したこともないんですね。
まあすでに働いてる(それも板前修業してる)男性に思慕を寄せている民子からすれば、同級生の男子なんてガキにしか見えないでしょう。

ライバル旅館の跡取り娘が登場しましたが、このコ、腹黒なのか天然なのかいまひとつ読めませんね。あるいは「放浪息子」の麻衣子ちゃんのようなタイプなのかもしれません。
いずれにせよこのコが恋のライバルとなると苦戦は必至ですが、タンデムしてただけでそうと決め付けるのも早計に過ぎる気がします。
  拍手する

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第2話「ゆうしゃめんま」

じんたんはめんまが自分の見ている幻影だと思ってるようですが、めんま視点での行動を見ている限り、幽霊と呼ぶのが一番近いようです。彼女が消えるときがこの物語の終わりなのかと思うと少し寂しいですね。
しかし、彼女が焼肉食べられることにびっくりです。

ただ一人、昔と変わらぬぽっぽ。
彼の登場で物語が動き始めましたね。それぞれが距離を感じてバラバラになってしまったメンバーの中で、彼だけがニュートラルな位置を保っている。貴重な存在です。
しかしぽっぽめ、小さい頃は豊崎愛生さん似の可愛らしい声してたのに、成長するとあんなに暑苦しくなってしまうとは。時間の流れは残酷だ。

鳴子はもともとじんたんからさほど距離を置いていたわけでもないので、ぽっぽが間に入ることですぐ昔の距離を取り戻せましたね。
問題はゆきあつとつるこですが、どのように彼らとの距離を取り戻していくのでしょう。

「こういうときは放っておいてくれていいから。ミド高のコと話してるとこ、誰かに見られると恥ずかしいし」
冷淡な物言いですね。言葉通りに取れば、学校ごと鳴子を見下しているように聞こえます。ですが見方を変えれば、自分の嫌いな人種に混じり染まってしまったかつての友人に忠告しているようにもとれます。相手に失望するのは、期待しているからです。だから忠告もする。

幼い頃にはコンプレックスからゲーム機に貼られたシールを剥がそうとした鳴子でしたが、それをテープで補修してましたね。思いとどまったのでしょう。
鳴子の涙に引け目を感じていためんまでしたが、それを見つけたときの彼女の喜びには、思わずもらい泣きしてしまいました。
  拍手する

木曜夜は深夜アニメの渋滞区間

■花咲くいろは
やっぱり女将さんは冷淡なわけではなく、あえて厳しく接しているようですね。よかった。
新しい場所に飛び込んだ後に大切なのは、自分の居場所を確保することです。1話の時点ではとても身の置き所のなかった緒花ですが、そこで腐らずに頑張った結果、同僚の二人とも第一歩を歩みだすことに成功しました。
客観的に見て、何の覚悟もできてなかった少女に課すには過酷過ぎる環境でしたが、明るく乗り切ってくれそうで安心しました。きっとこれからも失敗と挫折を重ねていくのでしょうけれど、応援していけそうです。

小説家と緒花の間の抜けたやり取りが見ものでしたね。もう少し緊張感があってもいい場面なのに、意外な人のよさを見抜いた緒花が小説家に対して余裕を見せるようになったのが理由でしょうか。
それにしても菜子ってば、豊崎さんの演じる役でこれだけ色気のあるキャラは初めてなので新鮮です。

■星空へ架かる橋
俺の弟がこんなに可愛いわけがない。

■STEINS;GATE
何か思い出すと思ったらあれだ、「げんしけん」初期の斑目と咲ちゃんを連想させるんだ、オカリンとクリスって。
「世界線」についての説明がありましたが、難しいですね。たとえば、私が過去に戻ってAという人物を殺した場合、私はどうなるのでしょう? それを成し遂げた瞬間に世界が書き換えられて、何のために自分が時間遡行したかもわからなくなるのでしょうか? それとも私自身が過去に遡行する目的がそもそもなかったこととなってその時間軸から消え去るのでしょうか? いずれにせよなんらかの世界干渉は避けられない気がしますが、その例外がこの主人公、オカリンというわけでしょうか?

■Aチャンネル
ユー子の魅力は原作で把握していたつもりでしたが、寿さんの演技が加わることでこんなに破壊力が増すとは。個人的には「けいおん!」のムギ以来のハマリ役です。

■電波女と青春男
このOP、初めて聴いたときはなんだこりゃと思ったものですが、何度か聴くうちにクセになってきますね。この投げっぱなしな歌い方がずっと耳に残って。
原作は1巻だけ読んでます。この作品で比較的まともそうな女の子はリュウシさんだけですが、その声が加藤英美里さんとは。リュウシさんは何気にちびっ子なので、英美里さんの声がぴったり合いますね。

■[ C ]
設定は面白いんですけど、「運用」というわりにあまり知的なバトルには見えませんね。
アントレはアセットに「いくら資金を投入するから攻撃しろ」と指示するだけなんでしょうか? あれならポケモンバトルのほうが100倍頭を働かせてます。たんなるパワー勝負ならそれは資金が多いほうが勝つのは当たり前。
にもかかわらず主人公が勝利したのは、モブがコメントしていたように「アセットに恵まれた」からなのか、主人公になんらかの素養があったのか。それとも、アントレとアセットの間の信頼関係が、繰り出す魔法の効果になんらかの影響をもたらすのか。
むしろ金融街に巻き込まれたことによる主人公の価値観の変化と、その変化に抗おうとする有り様に興味がわきます。堅実に働いて、対価として報酬を得る。そんなまっとうな人生のあり方を肯定したままでいられるのか。
  拍手する

まんがタイムきらら 2011年 05月号

「きらら」は今年の2月号くらいから買ってます。
店頭でぱらっとめくったときに目に引っかかった「さつきコンプレックス」がきっかけで。
「けいおん!」の続編の報が入ったのはそのすぐ後だったかな。

毎月楽しみにしてるのは「ゆゆ式」「天然あるみにゅーむ!」「チェリーブロッサム!」「さつきコンプレックス」「だいすき」「かみさまのいうとおり!」あたりです。どうでもいいけどエクスクラメーションマーク多いなぁ(笑

「ゆゆ式」はなんというか……不思議なリズムのマンガですね。彼女たちの会話のリズムを十全に理解するためにはぜひ単行本の1巻から読んでみたいものです。
「天然あるみにゅーむ!」はとにかくテンション高くて楽しい。いつぞやの商工会会議のイメージ画像には大笑いしました。同人時代の話で恐縮ですが、私のマリみて新聞部のイメージは、こむそう先生の二次創作が基礎になってます。
「チェリーブロッサム!」はとにかく妹ちゃんが可愛い。大咲がもてるのはあれでしょうか、体からフェロモンでも出てるのでしょうか。
「さつきコンプレックス」は典型的な男の娘ものですが、弟くんLOVEな展開が面白くて。
「だいすき」なにこの兄妹可愛すぎる。
「かみさまのいうとおり!」は単行本でずっと読んでます。生徒会役員共なみの下ネタマンガ。くりちゃんが好き。

というわけで「けいおん!」再連載第一話を読んだわけですが、
単行本派の方に配慮して記事はたたんでおきます。

続きを読む »

  拍手する

6月のサンクリはこれで申し込んでしまいました。

DVD付き 生徒会役員共(5)限定版 (プレミアムKC)DVD付き 生徒会役員共(5)限定版 (プレミアムKC)
(2011/04/15)
氏家 ト全

商品詳細を見る

相変わらず通常営業な生徒会役員共です。
変化といえばコトミがスカートめくり魔になったり、中二病を発症したことでしょうか。
新キャラのウオミーとスズがかなりいい感じ。ひょっとしてウオミーはミニコン。
タカ×シノ派の私としては、畑さんにもっとがんばってほしいところ。
外堀から埋めちゃえばいいのさっ!

2、3意味のわからないネタがあったのですが、私の努力不足なのか、それともわからないのが正常なのか判断に困るところです。

付属のDVDは特別編ではなく、そのまま続きの第14話でした。
OPEDもTVのままでしたしね。
内容としては原作3巻の前半1/3あたり。
既読ネタではあるのですが、やっぱりアニメーションと声優さんの声がつくと面白みが増します。
しいて言えばアリアが無駄に色気を放ってました。まさに「無駄」という表現の似合うアリア。あの妙な性格さえなければ清楚系お嬢様としてタカトシもたぶらかされるでしょうに。

あ、部活勧誘の場面でEDの女の子が水泳部と判明しましたね。
そして新聞部の未来は安泰、と(笑
  拍手する

春アニメ~♪

■花咲くいろは
最初は少々世を斜めに見た子なのかと思ってましたけど、面白い主人公ですね。
女将さんもなかなかに筋の通った方で、あの厳しい環境の下、緒花がどんな成長を見せてくれるのか楽しみです。
同僚の民子や菜子は、あの年にしてはしっかりしてる方ですが、人との関わり方は下手なようです。でも緒花がヘンに腐ったりせずにコミュニケーションをとろうと努力し始めたことによって変わっていくでしょう。

さてあの自称小説家の客。「客が留守の間に部屋を掃除してはいけない」と言い渡されていたことからもわかるように、要警戒な客だったようです。このまま宿代を踏み倒されて終わるとも思えませんが、果たしてどんな解決を迎えるか。

■まりあ†ほりっく
安心のクオリティ。
ただ、一期の後コミックス読んじゃったので、新鮮味には欠けるかも。

■星空へ架かる橋
王道な田舎転校ものっぽい、わりと安心して見ていられそうなアニメ。
主人公が浅兄ぃ、ヒロインが中村繪里子さんというだけで、私にとっては見る価値があります。中村さんってラジオか恋姫の袁術役でしか知らないので、この見るからに天然気味なヒロインをどう演じてくださるのか楽しみ。
あの弟くんの性別を疑ってかかってしまう私はきっともう手遅れ。

■STEINS;GATE
主人公の中ニ病が痛々しすぎます(笑
空電話はやめてー。
黒猫がやると微笑ましいのに、彼がやるととても見てられない。
まだ話の全体像は見えてこないのですが、面白そうですね。これは全話見終わった後にもう一周する必要がありそう。

■Aチャンネル
原作はCaratでいつも読んでます。
演出がとても私好み。
配役もすごくイメージ通りでびっくりしました。福原さんのるんも悠木さんのトオルもはまりすぎです。寿さんは団地妻が新妻に! 内山夕実さんは初めて聞くお名前です。一昔前なら雪野五月さんがつとめてたのかなって感じのキャラですが、これもぴったりの演技ですね。

■神のみぞ知るセカイ
そのまんま続きって感じ。
桂馬って顔でかなり得してますよねー。
エルシィは心のオアシスです。

■あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
今期はこれが一番かも。
設定からキャラからEDからもう切なすぎる。
クレジットは確認してませんが、たぶんこれ「とらドラ!」のスタッフさんですよね?
超期待!
  拍手する

読後になんだか恋がしたくなる

ただいま独身中(1) (まんがタイムコミックス)ただいま独身中(1) (まんがタイムコミックス)
(2011/04/07)
辻 灯子

商品詳細を見る

彼は飲み友達の一人に過ぎなかった。
だけどソイツの結婚が決まった日の帰り道、「俺一時期、お前のことイイなとか思ってた」なんてしれっと言い放つものだから、ただの友達だったはずなのに、その日からやたら意識してしまう。
もうすぐ彼は結婚するのに。


主人公の楓が30歳、ということでどこか落ち着いてるんですよね。
落ち着いてるって言い方はヘンかな。
なんというか、恋愛しててもそれだけにのめり込めないというか、生活と人間関係の中で恋心の処し方を考えてしまう。ある意味現実的。
周囲の人間の恋愛に対する距離のとり方も年相応でおもしろいです。基本他人事なんですよね。それでいて、踏み込みすぎない程度に打ち明け話したりされたり、茶化したり、決しておせっかいは焼かずにむしろ牽制したり。

楓の横恋慕に気づいた女友達が、楓と"彼"の両方に釘を刺すところなんて特にそうですよね。
もともとこの子が潔癖ってのもあるんでしょうけど、友達の恋とコミュニティの平和維持とを天秤にかけて、コミュニティの維持をとってるんですよね。
もちろん良識として不倫はよくないとか建前はいくらでもつけられるんですけど、本音はそこですよね。人間関係の崩壊が怖い。そういった心理にちょっと共感してしまう。
でもなんだろう、読んでるとすごく恋がしたくなってきますね。

それにしても男ってダメな生き物ですねえ。
どうして「好きになったその時」じゃなくて、もう手遅れになってからぼそっと告白するんでしょう。
たとえばそれは同窓会の席であったり、もう他の人との結婚が決まってからであったり。

「まんがタイムラブリー」がリニューアルということで、またもや掲載誌移籍お疲れ様でした辻先生。『ただいま勉強中』でもう移籍に嫌気がさされてるでしょうに。。
でも「まんがタイムホーム」は以前から読んでる雑誌なので、個人的には嬉しい移籍でした。
  拍手する

WORKING!!二期決定おめでとうございます!

アニメWORKING!!公式

カウントダウン消滅が4/1ということで、猫組アニメ化!という面白いフェイクを入れられましたが、本日無事に二期の発表がされていました。
あのカウントダウンが単なるエイプリルフールネタだけで終わるなんて、や、山田は思ってませんでしたよっ!

山田といえば、公式ラジオYAMAKING!!も60年ぶりに復活しています。嬉しい。
ゲストは小鳥遊家の三女、梢役の伊藤静御前でした。
やっぱり広橋さんの力の抜けまくった進行に呆れてましたね(笑

二期の放映がいつになるかはまだ不明ですが、一期は放映開始数ヶ月前に収録が全て終わっていたという準備のいい作品なので、二期も裏でとっくに動き出しているかもしれませんね。
  拍手する

な、安那ちゃんって可愛いだろ?

■放浪息子

土居さんが失点を取り戻すというか、ニ鳥くんが土居さんを見直す展開です。
このあたりは原作でもお気に入りです。
一度ドン底まで落ちたからこそ、この一種再生ともいえる展開に救われます。
おかげでニ鳥くんも教室復帰を果たしました。
かつて男子からは教室締め出し、女子からも噂されて居場所がなかったはずですが、時間が経てばこんなもの。そう、拒否反応も好奇心も、時間とともに薄れてしまうのです。それに怒りを感じる方もいるでしょう。一人の人間を傷つけておきながらこの無責任さはなんだろう、と。
でも社会って元々こういうものじゃありませんか?

モデル三人娘が久々に揃い踏みです。
高部あいさんと儀部さんの声を一緒に聞けると嬉しくて仕方ありません。
「だって二人は友達じゃない♪」
「やだ、アンタが言うと薄っぺらい!」

ここのやりとり大好き(笑
麻衣子ちゃんは本編には深く関わってこないんですが、とてもいいキャラしてます。

さて、アニメの最終回ということで、いくつかオリジナル要素がみられました。
これはアニメ側が現時点で「放浪息子」に出したひとつの解、と受け取ってよいと思います。
なにせ原作ではいまだに答えの出ていないことなのですから。

「ニ鳥くんは、私にとって、ずっと特別な男の子だったわ。
 本当に、特別な男の子、だった」

執拗なまでの過去形。
私は実体のない幻想の男の子を愛していたんだ、ともとれます。
なんにせよ、これで千葉さんの心に一区切りついてしまったことは確実ですね。
もちろんこれからも二人の友情は続いていくでしょうけれど、今までのような愛しかたはできないでしょう。

そしてニ鳥くんにも変化が。
流れ星に祈ったこと。
それは、声変わりしたくないでも、女の子になりたいでもなく、劇の成功。
それはマコちゃんの期待外の答えだったんでしょうね。
マコちゃんはたぶん、ニ鳥くんが自分と同じ願いを共有してくれると思ったはず。

ニ鳥くんは成長を続ける現在の自分を、現実を否定して閉じこもるのではなく、前向きに受け止める覚悟を決めたようです。ありのままの彼を受け止めてくれる世界は、きっとあるはず。

正直なところを言うと、アニメのニ鳥くんも千葉さんも周りの反応も、やや綺麗に過ぎると思わなくもありません。淡白というか。原作はもっとごちゃごちゃしてて生々しくて残酷です。
でもそれはこれからも続く原作が担っていけばいいことであって、アニメはアニメなりに答えを出してすっきりまとめてくれたなー、と。
最後に映し出された男子用の青い上履きが象徴的でしたね。
素敵なアニメ化でした。ありがとうございます。


■IS

力が欲しいって答えてましたけど、一夏に必要なのは知恵じゃないかなぁ(笑
原作設定がどうなってるかわかりませんけど、アニメを見た限り、一夏の白式は攻撃特化のスーパーサブ的な機体であって、先頭に立って戦うべきリーダー機はむしろ箒の紅椿のほうですよね。
一夏はとにかく被弾しちゃダメなんだってことをいつになったらわかるんだろう、彼はたとえ味方を盾にしてでも防御にエネルギーを割くべきではないんだと、いつもイライラしながら見てました。
戦線復帰したときにも箒に謝るどころか自分が許してやるって態度だったし、その後もでっかい盾出して攻撃受けるわエネルギー切れになるわで、全く反省の色が見られません。箒がエネルギー補給してくれなかったらどうする気だったんだろ。
千冬なら単独でなんでもできるんでしょうけれどね。一夏にそれだけの才能はなく、仲間のサポートを最大限に受けてようやく力を発揮できるのです。ある意味ハーレム主人公にふさわしいといえるかもしれません。

最後に箒といい雰囲気になってましたけど、あれもどうなんでしょう。箒が正ヒロインの座を射止めたというより、たんに一夏が色仕掛けに弱いだけに見えてきました。シャルの件もありますしね。
よし殺そう(笑

回転しながら範囲攻撃をしかける福音のアクションがお気に入り。


■夢喰いメリー

レオンの弾倉はフル充填されるまで発射できないんですね。これは誤算。
するとどうしても、もう一人夢魔が殺される必要がある、と。
それは夢路たちの望むところではありませんね。
というか、王道展開でいくなら、たとえレオンの銃でも倒せないんじゃないかな。
やっぱりメリーの覚醒が鍵になりそうだし、そのためには夢路が半殺しにされるしか(笑

ところで、ジョージの出番はいつですか。


■GOSICK

この時期に総集編ってことは、2クールなんでしょうか。
トークコーナーでは、鹿野さんが先輩声優としてトークスキルを見せ付けてましたね。お題に合わせて時間ぴったり。さすがあの小野坂さん相手に5年間パーソナリティを務めてる女傑。
江口くんと悠木さんが並んで立つと身長差が際立ちますね。江口くんがしゃべってる横でぴょこぴょこ動いてる悠木さんが可愛かったです。
  拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。