スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

春のゲスト原稿その1

5/4開催「子羊たちの春休み」にて準備会より頒布されるスクールカレンダーにカラーイラストを寄稿しました。2月のメモ欄つきのイラストです。
20100329.jpg
2月といえばバレンタインということで、縁の深い克美さまと江利子さま。
チョコを買ったはいいものの、どうすればいいのか思い悩む克美さま。そこへ通りがかった江利子さまは、チョコを贈るのも受け取るのも不似合いな彼女がチョコを持っている事実に驚くのでした。
3年のバレンタインは「ショコラ~」で描かれているので、これはおそらく1年か2年のとき。

構図としては二人を重ね過ぎたかな。もっと左からのアングルで見せるべきだったかもしれません。

アンケート二票差でメガネ派に軍配が上がりましたので、メガネをかけさせていただきました。
克美さまに見えるでしょうか?


Fate雑記さま、電子伝達係さま、張間さんの捕捉ありがとうございました。
スポンサーサイト
  拍手する

ハナちゃんは幼馴染属性

デュラララ!!ラジオ 略して デュララジ!! 3部屋目
アニメイトTVにて配信中。隔週金曜更新。
パーソナリティ
豊永利行さん:竜ヶ峰帝人役
花澤香菜さん:園原杏里役

前回までのあらすじ:
主人公とヒロインを務めながらもアフレコ現場では疎遠なトシくんとハナちゃん。
このたびラジオのパーソナリティを二人で始めることになってようやく仲良くできるかと思ったのに、アニメアフレコ現場に戻るとまた余所々々しくなってしまうのだった。はたして二人がラジオ以外で仲良くなれる日は来るのだろうか?


今週のアフレコ現場では、花澤さんのほうから豊永さんの隣に座ってくれたにもかかわらず、二人の会話はまったく弾まなかったそうです。ダメだこりゃ(笑 というか目も合わせられないってどういうこと!?
珍しい二人のツーショットに驚いた声優仲間に「トシくんハナちゃんの仲ですからー」とふざけてみたところ、神谷浩史さんが「ぼくも"ヒロちゃん"で混ぜてくれたまえよ」と申し出たそうです。
さよなら絶望放送によると、神谷さんが「~してくれたまえよ」とちょっと上から目線でお願いするのは、女性声優さんにアプローチするときの照れ隠しなんだそうです(笑

このラジオを聴いてると、日本はヘンなオジサンであふれてるような気がしてきます。
  拍手する

一回くらいなら死なないヨ~。

デュラララ!! #12 「有無相性」
201000327.jpg
張間美香さん(旧名セルティさん)

「たいへん! カギ開け忘れてますよ?
 これじゃ私が入れませんっ。
 ひょっとして元気がないんですか?
 だから出られないんですか?
 だったら私が開けてあげますっ。待っててくださいっ。
 いますぐ♪」


………やっべ。まぢ惚れる(笑
こちらの身を心配して、あらかじめ用意してあった道具でカギをこじ開けてまで駆けつけてくれるなんて、気の利くいい女の子じゃないですかぁ~。
………あれ? 絶望放送の「愛が重い」コーナーみたいになってますね。

実に意外な結末でした。
だって、あんな展開ならどう考えたって張間美香さんの死体にセルティの首を移植したって思うじゃないですか。
しかし事実はさらに複雑でした。
張間さんの愛はちょっと狂気じみて見えますが、紛れもない本物ですよね。たしかにすごいとしか言い表しようがない。あそこまで相手を愛せることにちょっと憧れを感じてしまいます。

「ま、キミは本物と偽物の区別すらつけられなかったわけで、アンタの愛はその程度ってことだねえ。ハッ、ご苦労さんwww」
うざやの本領発揮って場面でしたねぇ(笑
相手を嘲笑させたらこれほど腹の立つ男もいまいという名演でした。

誠二の受け入れ方も実に変則的というか、歪みにゆがんだものでした。仮初の恋人という妥協点でしたが、いつかこれが本物になるといいですね。
誠二は得意げに愛を語っていましたが、あれは言うまでもなく一方的に押し付けるだけのものなんですよね。どんなに時間をかけようと彼は「首」の外観しか知らないのですから。そういう勘違いクンの例はこれまでにも静雄の取立て相手たちでさんざん示されていたわけですが。

新羅が張間さんの手術をしたのはほぼ確定だったので、セルティとの仲がやばいことになるんじゃないかと心配していましたが、いらぬお世話でしたね。このパカップルめ。
実際あの程度で済むのは二人が積み重ねてきた二十年という歳月があってこそ、でしょうね。

毎回違う声で表現されて視聴者を惑わせたチャットルームですが、やっと判明しましたね。
田中太郎=帝人は最初から確定。
甘楽=臨也も静雄への態度でほぼわかっていましたが、
セットン=セルティだけはちょっと意外でした。
なんとなく、セットンはサイモンかドタチンじゃないかと思っていたんですけどね。

張間さんの件はこれにて落着。
杏里の心中やいかに。
正直私、友達に依存するっていうのがよくわからないんですよね。中学時代の杏里が何を思って張間さんのそばにいたのか、利用し利用されてる自覚をもって友達を続ける心境というのがうまく想像できない。
でもこの問題はこれ以上引きずりそうにありませんね。

少年が少女を見つけるまであと30秒。
少年が少女を口説いている親友を見つけるまであと35秒。
少年が親友を蹴り飛ばすまであと45秒。
少年が少女にお茶を断られるまであと74秒。
少年が少女に屋上での昼食を誘われるまであと78秒。
少年が少女に恋をするまであと………。
少年が少女に告白するまであと……………。

この演出、大好きです。にしてもこの三人ってば可愛いすぎる。。

波江さんは臨也の元へ。これも実に意外な展開でした。どうせ臨也の側からもちかけたんでしょうけれど。このカップリングもアリか!と思ってしまいました。殺伐として刺激的な会話を繰り広げる仲になりそう。
  拍手する

アンケート締め切りました。

克美さまはメガネっ子?アンケート、締め切りました。
正味二日という短い期間でしたが、ご協力くださったお姉さま方、ありがとうございました。

アンケート結果は予想以上に伯仲しました。
メガネ有り派とメガネ無し派のほかにも、「普段はかけていないけど勉強するときはかけるのではないか」という中間層があったのです。私が知りたいのは「普段メガネをかけているか」なので、こちらの中間意見も「普段かけない」ということでカウントさせていただきました。
その結果、有り派と無し派の差はたった二票。

この結果は現在取り組んでいるゲスト原稿に反映させていただこうと思います。

以下、コメント返しです。

続きを読む »

  拍手する

克美さまはメガネっ子?アンケート

内藤笙子の実姉・内藤克美さまは、挿絵を見る限りメガネをかけておられません。
ですが、同人誌ではしばしばメガネをかけた克美さまを見かけます。ガリ勉・クールというイメージからでしょうか。かくいう私も初めて克美さまを描いたときにはうっかりメガネを描いてしまいました。

そこでお聞きしたいのですが、
メガネ無し・メガネ有り
どちらがあなたのもつ克美さまのイメージに近いですか?
こちらのアンケートフォームからぽちっと送信していただけると助かります。

念のため申し上げておきますが、別に克美さまはメガネっ子だよね!という意見を押し付けようとかそういう意図はまったくありません。
みなさまが描いている克美さまのイメージをお聞きしたいだけなのです。
特に文庫版でしか克美さまを知らない方にとって、その容姿を知る手立ては『バラエティギフト』に掲載された後姿の挿絵一枚のみのはず。※1
あなたが小説から受けたイメージをそのままお聞かせください。
お暇な方はどうかよろしくお願いいたします。

※1 『枯れ木に芽吹き』コバルト掲載時には4枚の挿絵がありましたが全て文庫未収録


<3/27追記:アンケート締め切りました。ご協力に感謝します>
  拍手する

2010冬季アニメ

◆とある科学の超電磁砲◆
ブログにカテゴリーを設けて語ったくらいですから、もちろん今期一番のお気に入りです。
主人公美琴・裏主人公佐天さん・ヒロイン木山せんせいという多重構造な構成は実に見応えがありました。
丁寧に伏線も張られていて、いろいろと想像するのが楽しいアニメでしたね。
マンガ原作では別の物語が展開しているようですから、二期を期待したいと思います。ミサカ妹は禁書で一番好きなキャラでしたから。

OP曲も今期一番のお気に入り。
TVアニメ「とある科学の超電磁砲」新OPテーマ::LEVEL5-judgelight-TVアニメ「とある科学の超電磁砲」新OPテーマ::LEVEL5-judgelight-
(2010/02/17)
fripSide

商品詳細を見る



◆デュラララ!!◆
いい意味で予想を外してくれるアニメです。
ダラーズって少数精鋭なイメージがあったのに、まさかあんな成り立ちと構成メンバだったとは(笑
でもこれでなんとなく作品のイメージが見えてきた気がします。主人公は一応帝人って体になってますけど、帝人・臨也・セルティの三人がこの物語の核みたいですね。この三人に共通する傾向、自分の居場所とか人とのコミュニケーションを切望する姿勢が物語をどう動かしていくのか。
個人的には帝人にシンクロして杏里の反応に一喜一憂しています。

ED曲。繰り返し聞くうちに好きになってしまいました。
Trust Me(デュラララ盤)(DVD付)Trust Me(デュラララ盤)(DVD付)
(2010/02/17)
松下優也

商品詳細を見る



◆バカとテストと召還獣◆
明久はギャルゲーでいうところの主人公の親友的なキャラなのに、それが間違って主人公に抜擢されてしまったというイメージです。毎回ライトに楽しませてもらっています。
秀吉は「わしは男じゃ」と主張するわりには女装にまるで抵抗がないわ、周囲からも男女問わず女の子扱いされるわで、ある意味理想的な「男の娘」ですね。人気でるのもわかります。
にしても、木下秀吉役の加藤英美里さんはすごいなぁ。加藤英美里さんというとやはり真っ先に「らき☆すた」のかがみが浮かぶほど強い印象を残した声優さんですが、まるでそれを引きずった様子もなく、それ以降の「化物語」のまよい、「ささめきこと」のキョリちゃん、そして今回の秀吉と、全部声のイメージがはっきり違うのです。この演じ分けはプロだなぁ。。

OP曲。映像込みで好きです。EDも白黒のセンスが光るいい映像でしたね。
Perfect-area complete!Perfect-area complete!
(2010/01/27)
麻生夏子

商品詳細を見る



◆ソ・ラ・ノ・ヲ・ト◆
世界設定や雰囲気がとても好きでした。
密造酒やクラウス少佐のエピソードがお気に入り。
ただ、最終回へと続くメインの流れを味わうにはちょっと種まきが足りない印象でした。
作品の中で一から十まで全部描写してほしいとは言いません。むしろ想像の余地を残してほしい。それが楽しいのですから。けれど、描写不足がすぎるのも困ります。作品世界に入り込めない。
視聴者の想像力を刺激するのが良い作品であって、視聴者の想像力に依存してしまう作品作りはどうかと思うのです。
やや批判的なコメントになってしまいましたが、それもこの作品を惜しい、と思うからこそです。もっと丁寧に作られていれば素晴らしいアニメになったと思うのに。

OP曲は雰囲気出てて素敵でした。
光の旋律光の旋律
(2010/01/20)
Kalafina

商品詳細を見る



Fate雑記さま、朝長の捕捉ありがとうございました。
  拍手する

表紙を描くのに二日もかかってしまった。

20100321.jpg
昨日今日とすさまじい春の嵐でしたね。
気温が高かったこともあって花粉症な私には災厄のような週末でした。
いやホントもう集中力を維持するのが難しかった。
そんな私の荒んだ気持ちが朝倉さんの口元に表れてるといい。

  拍手する

そこのアンチスキル、銃を撃つときは目を開けなさい(笑

とある科学の超電磁砲 #24 Dear My Friend

本当に怖い敵というものは、上手に立ち回って自らの正体を隠すことに腐心し、決してこちらを侮らず、備えを怠らず、静かに罠を張る。
序盤のテレスティーナがまさにそうでしたが、彼女は仮面を途中で放棄してしまった。そこからの彼女にはまったく恐怖を感じません。ただ不快感を撒き散らすだけの小悪党に成り下がってしまった。

テレスティーナはずいぶんと馬鹿げた行動にでましたね。
公道を破壊しながらの強襲など人目につくどころの騒ぎではありません。明らかにレスキューや研究所所長の権限を超えています。アンチスキルに上からの圧力がかかったそうですからそれについても対策は施してあったのでしょうが、そもそもそんな行動にでる必要がありません。美琴たちにかぎつけられたフリをして、キャパシティダウンを随所に配置した研究所に誘い込むのがもっとも確実な方法です。
第一、美琴たちの排除は、テレスティーナが目指す能力体結晶の完成、その目的を達成するための手段でしかないはずなのに、いつのまにか美琴たちの打倒こそが目的になってしまっています。少なくとも私の目にはそう映りました。

この破綻した行動の理由をあえて求めるなら、それは彼女の歪んだ人生観の表れということになるのでしょうね。
本性を現したあとの彼女は何かにつけてすべてを否定しています。部下を事あるごとに無能と罵り、"尊敬するおじいさま"すら否定し、学園都市の学生をモルモットと蔑み、とりわけ高位能力者である美琴には粘着質な執着をもって対策を施し、能力をコピーしてまでその価値を否定してかかります。
美琴が「どんだけ自分を哀れんだらそこまで逆恨みできんのよ」と切り捨てましたがまさにそれこそが正解で、おそらく彼女は自分自身がかわいそうなモルモットであることを否定するのに必死だったのでしょうね。尊敬するおじいさまに実験動物扱いされたことで彼女のすべてが歪んでしまった。周りの全ての価値を貶め、自らの手で能力体結晶を完成させることで彼女は自分を保とうとした。自分が犠牲やモルモットであった事実を全力で否定しようとした。
そう考えれば彼女の破綻した行動にも説明がつくのです。

まあテレスティーナ談義はこのくらいにして。


「………せんせい。どうして、目の下にクマがあるの?」
泣くでしょう!
人としてっ!
木山せんせいはあの日からずっと、枝先たちを起こすための研究に明け暮れて、ゆっくり休むこともなかったんでしょうね………。
ラストシーンではせんせいも入院していましたが、長年の無理がたたったのかな。
レベルアッパーの件がありますからすぐに枝先たちを引き取ってみんな仲良く、とはいかないでしょうけれど、幸せになるといいですね。
ラストのお誕生日おめでとうは覚醒から数日経ってからのもの。事情を知ってもなお、子供たちがせんせいを恨んでいないことの証明だと思っています。本当にロマンチックな演出でした。

テレスティーナに話しかける体を装って佐天さんに指示をだした、初春-佐天さんの友情コンボは見事でした。助けに飛び出したい気持ちを抑えて制御室に向かう佐天さんが素敵。
「初春、重っ」
禍根を残しそうな一言もありましたが(笑

「黒子ぉぉぉ!」
「お姉さま!」

これだけで通じてしまう信頼関係はもはやパートナーと言って差し支えないと思うのですが(笑

「白井さんが逃げだした後も、私たった一人で並み居る敵をちぎっては投げ、あ、ちぎっては投げ~♪」
「まあ、では噂の大規模ポルターガイストを食い止めたのは」
「婚后さんだったのですね!」

おーい(笑
でもいいか。彼女にはこれくらいのご褒美あっても。
エアロハンドかっこよかったですよ。コンテナがヘリをなぎ倒すシーンは実にシュールでした。

登場人物のほとんどに見せ場が用意されたいい最終回でしたね。
2クール楽しませていただきました。ありがとうございます。


Fate雑記さま、杏里の捕捉ありがとうございました
  拍手する

セルティは相変わらずの萌えキャラっぷり

デュラララ!!ラジオ 略して デュララジ!! 2部屋目
アニメイトTVにて配信中。隔週金曜更新。
パーソナリティ
豊永利行さん:竜ヶ峰帝人役
花澤香菜さん:園原杏里役

20100317.jpg

パーソナリティのお二人が初々しいというか、距離の縮まらなさが笑えます。
ラジオ初収録をこなした後にもかかわらず、アニメの現場では相変わらず余所々々しい二人(笑

今回は帝人のぼんやりトークに杏里が怒涛のダメ出し!
豊永さんはひょっとしてラジオ初体験なのかな? と思って調べたら、何度もこなしてるじゃないですかー!
なんですかあのオチのないトークは(笑
このままではいじられキャラとして定着してしまいますよっ!

杏里はこれが初描きですが、彼女はツリ目なのかそうでないのか、アニメを見てもいまいちよくわかりません。ツリ目の子が角度によってタレて見えることはあってもその逆はないから、たぶんツリ目なんじゃないかとは思うのですが。
しかし、黒髪おかっぱ眼鏡巨乳いいんちょ、と文型フェロモンの粋を凝らしたこのデザインはなんなのでしょうね。

清書するほどの絵でもないので下絵にそのまま色つけてます。
前にも言ったと思うけど、私ってこういうラフな仕上げのほうが好きなんですよね。
ちなみに、きっちりクリンナップした絵よりも、こういうラフな線画のほうが色塗る手間は多かったりします。範囲指定が使えないので。
今度の同人誌はこういうタッチにしてみようかな。


アニメでは二人の距離が近づきつつありますね。
張間美香探しを手伝うという大義名分があるとはいえ、帝人と一緒にいることを好ましく思っている様子がうかがえます。まだまだ距離がある感じですけどね。杏里には生来の性格以上に、人と距離を置きたがる理由がありそうな雰囲気です。
にしても帝人、かっこいい名前だから知ってましたよ、ってだけでストーカー容疑かけるのはいくらなんでも自意識過剰ですよ? そもそもどちらがつきまとってるかといえば、帝人たちのほうじゃないですか(笑
イメージ映像の「あいうぉんちゅー」「ふぁいやー」は杏里というより花澤さんでしたね。


早く原作読みたくてしかたないのですけど、まだ第一巻消化してません………よね?
デュラララ!! (電撃文庫 (0917))デュラララ!! (電撃文庫 (0917))
(2004/04)
成田 良悟

商品詳細を見る
  拍手する

そういえば

映画を観に行ったついでに池袋のハンズにも寄ったのですが、お目当ての色鉛筆が棚から消えていてショックでした。
TOMBOWの"IROJITEN"
白緑、瓶覗、水晶、鳩羽紫、李、真鴨、薄荷、二藍、土龍、撫子など、長野まゆみ的な色のチョイスが好きで愛用しています。スケブ用に使っていた色の何本かが短くなってきたので補充しようと思ったのですが。
御茶ノ水の画材店を回れば置いてあるかな。
  拍手する

真の裏ヒロインは朝倉さん。

「涼宮ハルヒの消失」観てきました………!

原作小説をもう何度も読み返していて筋はすっかり覚えているのに、部室でしおりを見つけたときにはぞくぞくしました。やっと光明を見出したキョンの表情が素晴らしかった。
光陽園ハルヒがジョンだと認識してくれた場面では胸がじんと熱くなりました。あのときのハルヒはジョンが実在したことにあんなにも衝撃を受けていたのですね。
入部届けを返された長門は涙なくして見られません。キョンにはそんな意図なかっただろうけど、なんて残酷なシーンなんでしょう。
世界改変者の名を告げる場面での朝比奈さん(大)のいたましげな表情は忘れられません。自分でキョンに告げることはできなかった。でも、長門本人の口から言わせてしまった。そのことへの後悔が見えました。

キョンは長門に対するときだけ父性のようなものを見せますよね。結局長門とキョンの関係ってそこにたどり着いてしまうのかな。切ない。

アニメーションのもつ力を思い知った2時間43分でした。
ありがとう京都アニメーションさま。


関連書籍を二つ。
公式ガイドブック 涼宮ハルヒの消失公式ガイドブック 涼宮ハルヒの消失
(2010/02/26)
ニュータイプ編集部

商品詳細を見る

劇場でパンフ買うより絶対こっちだよね、ということで。
資料として購入したのですが、読み応えありました。
買って真っ先に朝倉さん役桑谷さんのインタビュー記事を読む私。

長門有希ちゃんの消失 (1) (角川コミックス・エース 203-5)長門有希ちゃんの消失 (1) (角川コミックス・エース 203-5)
(2010/02/04)
ぷよ

商品詳細を見る

「消失世界にキョンが残ったら」というIfではなく、「消失世界が元から存在していたら」というパラレルな消失物語。
登場人物の性格もややコミカルに改変されていて面白いのですが、やはりこれは公式二次創作として読むべき。長門なんて読書よりもゲームしてる場面のほうが目立つし。
朝倉と長門の関係の描き方が秀逸です。本人は「わたしはあなたの保護者でもなく姉妹※1でもなく、友達なんですから」なんて言ってますけど、どちらかといえばお母さん。
そういえば、この設定では朝比奈さん&鶴屋さんとの初接触は原作と違うものになってるはずですけど、一体どんな出会いをしたんでしょうね。

※1「しまい」と読みましょう。「スール」ではありません。
  拍手する

クロエ! オレだ! ジャックだ! 3/25に発売される『放浪息子』10巻の続きはいつのビームから読めるんだ!?

放浪息子がアニメ化!???
ぜ、ぜひ「青い花」のスタッフでおねがいします!

ささちゃん役はぜひ儀武ゆう子さんに………っ!
  拍手する

婚后さんはやればできる子!

活躍シーンはカットされちゃいましたけどね(笑
おそらく最初で最後の活躍シーンが。。

とある科学の超電磁砲 #23 いま、あなたの目には何が見えていますか?

孫でしたか。
しかし春上さんをも連れ去ったということは、やはり彼女には利用価値があるのですね。あの枝先限定のテレパスがポルターガイスト現象を出現させるうえでの制御装置となるのかな? しかしテレスティーナの目的は能力体結晶の完成にあるはず。それに春上さんの特殊性がどうかかわってくるのかがいまいち謎です。
一気に小物臭を漂わせ始めたテレスティーナですが、もう少し深い闇がありそうな予感。彼女自身が最初の被験者だったということが鍵になるかな? 実の孫を実験動物にするとはさすが木原幻生。いったいどういう経緯でそうなったのか興味がわきます。

前回の幻生の説明によれば、能力体結晶を抽出するためにテレスティーナは一度暴走能力者にされているはずですが、なぜその彼女がキャパシティダウンの影響下で平気な顔してるんでしょうね?
一度能力者となったからにはこの装置の影響を受けるはずです。「能力開発」というものが具体的にどんな行為なのか知りませんが、ひょっとして元に戻せるものなんでしょうか?

レベルアッパー編でもそうでしたが、木山せんせいと初春のコンビにはなぜか惹かれるものがあります。
自らの手で救いたかった。枝先たちを。春上さんを。
それはエゴです。それが叶わなかったからといって足を止めてしまうのは弱さです。
最近鬱屈気味でしたが、初春は本来こういう人に光を与える花のような女の子なのです。
木山せんせいは強い精神力の持ち主である一方、頭が良すぎるせいで立ち止まってしまうこともありますから、そこに光を射してくれる初春とはいいコンビですね。

しかしどうしてテレスティーナはあそこで馬脚を現してしまったんでしょうね?
木山せんせいから資料を受け取り、ぜひ役立たせていただきますとにっこり笑って二人を帰すのが最良の選択だったはずです。
だってこれはレースなのですから。
テレスティーナが枝先たちを犠牲にして能力体結晶を完成させるのが先か、美琴たちがテレスティーナの正体を突き止めて追い詰めるのが先か。
それなのに自ら正体を晒して手の内まで明かして、掛け金をつりあげてしまった。

佐天さんと固法先輩はみんなのお母さん。
佐天さんはすっかり精神面でのサポート役に回っていますね。
とりあえず危ないから金属バットは仕舞いなさい(笑


Fate雑記さま、電子伝達係さま、笙子の捕捉ありがとうございました。
  拍手する

デュラハンと聞くとニブルヘイムのアイツを思い出して仕方ないのですが

20100310.jpg

Pixivで大流行りのデュラララ!!EDのパロディです。
あのパロはどこにどのキャラを配置するかが楽しいと思うのですが、全員分とか無理ですの。
上から蔦子さん、真美さん、笙子の順で描きたかったけど、夏師的蔦笙観からすると、蔦子さんと笙子のポジション逆じゃなかろうかと思うことしばし。
杏里のあの不安定なポーズを笙子にさせたくて挑戦しましたが、なかなかむずかしいものですね。頑張って細かい修正を繰り返しましたが、まだまだ硬い気がする。

デュラララ!!は今期、超電磁砲と並んで楽しみにしてるアニメです。
バッカーノ!では最初から事件を起こしつつ時間軸を交差させて人物を紹介していく手法でしたが、デュラララ!!ではまずキャラ紹介を優先してタメをつくってますね。それも矢霧製薬を中心としてなんとなく事件の概要が見えてきた感じですが。
セルティは作品中最もミステリアスな存在であるはずなのに、あの常識人っぷりはなに。こ、これが萌えというものか………っ! 個人的にはシズちゃんとのツーショットがお気に入り。シズちゃんは普段アレな人なのに、セルティといるときだけ大人の余裕を見せるのがよい。
杏里はなかなか打ち解けてくれないところがいいですね。現実はそんなものさくじけるな帝人。いつか三人で仲良くしてるところを見たいものです。あの三人組は可愛すぎて困る。

さーてお絵かきはこれくらいにして春のイベント原稿に取り掛からなければ。
ゲストも三件引き受けているので計画的に取り組まないといろいろ大変なことになりそうです。
  拍手する

ホントにどんな夢みてんのさ黒子………。

とある科学の超電磁砲 #22 レベル6(神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くもの)


あー、そういうことかぁ。
ポルターガイスト現象と春上さんがリンクしている理由がようやく判明しました。ただ声を受け取っていただけなんですね。
前回疑問だった「約束」についても、枝先が施設を一度移っていたことで解決しました。
………あれ?
ではポルターガイスト現象の発現地域と春上さんの居場所が一致していたのはどういう理由からなんでしょう? やはり彼女がアンテナとして暴走能力発現の中継点となっていたから?

それにポルターガイスト現象そのものに関わりがないなら、テレスティーナさんがなぜ春上さんに目をつけていたのかがわからなくなりますね。
あえて推測するなら、テレスティーナさんはポルターガイスト現象の原因をおおよそ把握していて、枝先らの行方を捜していた。そこへ地震とリンクして様子のおかしくなる子供=春上さんの噂を聞きつけた。以前春上さんが「またみんなに嫌われる」と呟いていましたが、あれはひょっとしたらそんな彼女の様子を周囲の人間が怪しんだことを指しているのかもしれません。春上さんの素性を調べれば、枝先との繋がりや、あの特殊なテレパスの送信元も判明するでしょうから。

テレスティーナさんは、視聴者として見る分には怪しいことこの上ないのですが、公平に判断してまったく非のない人物ですよね。立場的にも彼女が枝先たちを保護するのは当然だし、暴走をもいとわないと言い切った木山先生よりも、彼女たちの手に委ねたほうが安全に目覚めさせられる可能性が高い。(ただし現時点でワクチンソフトを作る最適任者が木山先生である事実は動きません)
でもあまりにも筋が通り過ぎているんです。物語の登場人物として怪しすぎる(笑
あえて疑うなら、彼女自身も研究畑の人間だという点でしょうか。これで実は木原幻生の孫だったとか教え子だったとか部下だったとかいう新事実が浮上すれば納得できるんですが。
美琴たちのことだって、いいように利用してますしね。木山先生保釈の件だって、本来なら美琴たちに話す必要なんてなかったはずです。

木山先生はやはり教え子たちのために動いていましたね。先生、私は信じてたよっ!
カエル先生の力も借りて、いよいよ子供たちを目覚めさせられる手前まできたところで行き詰っていましたが。ツリーダイアグラムなしでようやくそこまできたというのに。
鍵となった「ファーストサンプル」の件ですが、これもテレスティーナさんが過去に木原幻生と繋がりがあれば一気に解決しそうな気がしますね。

佐天さんはレベルアッパー事件の被害者であるのですが、テレスティーナさんとの会話シーンを見る限り、木山先生に含むところは何もないようですね。あくまで公平に木山先生の目的と行動を評価しています。
これはおそらく、あの事件の責任を彼女に求めず、あくまで自分の心の弱さにあると思っているからでしょう。本当にいい子です。惚れ直すぜ。

初春の能力がやっとわかりましたね。
なんというか、とても彼女らしい心温まる能力でした。ささやかで、それでいて人を想う気持ちに満ちた。
今は行き違いから黒子と気まずくなってしまいましたが、いずれ和解できると信じてます。
  拍手する

婚后さんがそろそろ不憫になってきました

お仕事が忙しいのと、本格的な花粉シーズン到来でDOWNしてました。

とある科学の超電磁砲 #21 「声」


黒子は原因を突き止めたいのであって、犯人探しをしたいわけではない。
それなのに、初春自ら「犯人」という言葉を使ってことを荒立てている。
そんな言葉を使っているのは彼女ただ一人だというのに。

初春の行動がやや不自然に映りますが、その理由はここ数話で示されていますね。
ようは動物の母親が妊娠中や子育て中に気性が荒くなるのと同じです。今まで人に助けられ守られてきた(と本人が思ってる)ところの初春が、初めて人を守る立場に立った。春上さんを守ろうと気負いすぎているのです。

まあ春上さんの様子を尋ねるときの黒子の上から問い詰めるような態度も一因ではあったと思いますけどね。こういうのを見ると、相手を刺激しない話のもっていきかたがいかに大事かわかります。黒子はよくできた子ですが、こういうところはまだ余裕に欠けますね。
とはいえ、テレスティーナさんのような老練な話術を身につけられても、それはそれでいやな気がしますが(笑


春上さんの能力の特殊さ。
どれだけ離れててもりっちゃん枝先の声だけは聞こえるって、どれだけ愛が深いんですか。
これは木山先生に強力なライバル出現だなぁと同人的思考で焦ってみる。

同じチャイルドエラーであったことから、おそらく枝先とは同じ施設で育ったと考えられます。施設の子供=木山せんせいの生徒というわけではないので、春上さんが長い昏睡から目覚めたばかり、という推測ははずれかな?
あの子供っぽさはそれで説明がつくと思いましたが、たんに生来のものということでしょうか。ごはんの食べ方とかとても幼いのでてっきり。ゲームセンター初体験っぽいのも、お小遣いすら満足にもらえてない身の上だから、で説明がつきますしね。枝先が「週二回のシャワーだけ」と言ってたことからもそれは推測できます。

ただ、別れ際に約束した、という春上さんの言葉がひっかかります。
あの暴走誘爆実験の過程をみても、そんな余裕が枝先にあったとは思えません。それはいつ交わされたものなのでしょうか?
ひょっとしたら、昏睡状態にありながらも、枝先の意識は深部で覚醒してるんでしょうか?
だとしたら不憫どころの騒ぎではないのですが。

受信専用の春上さんがなぜポルターガイスト現象のスイッチになれるのかがいまいちよくわかりません。彼女が一種のアンテナになってることは間違いないでしょうけれど。それは明日の放送で説明されるかな?
いよいよ木山先生再登場のようで楽しみです。
私は先生を信じています。
  拍手する

常盤台学生寮

複合イベントごちゃフェス内の超電磁砲オンリーに参加してきました。
薄いコピー誌でしたが、お手にとって下さった方、ありがとうございます。

自宅を出るときに降っていたひどい横殴りの雨に絶望しました(泣
コピー誌には万全の防水対策を施しましたが、自身の雨具は傘のみ。駅に着いた頃には腰から下がずぶ濡れでした。こういうときは車が羨ましくなります。

イベント中に類まれなる晴れ男な友人が駆けつけてくれたおかげで帰途は快晴でした。
くちばしフェチさまの新刊がようやく委託されたっぽいのでとらに寄りましたが、置いてなくて残念。まり†ほりの新刊だけ買って帰りました。特典でブックカバーが二枚ついてきましたがナンバリングは2と4。ひょっとして何種類かあるうちからランダムで渡されてるんでしょうか。


Fate雑記さま、コピー誌告知の捕捉ありがとうございました
  拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。