スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

昨日のサンクリ

に参加されたみなさま、おつかれさまでした。
当スペースに来てくださった方ありがとうございます。

毎年この時期になると体調を崩すのですが、イベント前日は特にひどく、正直参加できるとは思っていませんでした。そんなわけで遅刻はしてしまいましたが、イベントの空気を吸ってると元気を分けてもらえたのか、なんとか無事に閉会の拍手を迎えることが出来ました。

マリみてはかなり安定してしまったジャンルで、ウチを訪れるのはもう常連さんだけかと思っていたのですが、今でも時々「全部一冊ずつください」と言ってくださる方がいらっしゃいます。ありがたいことです。
そういえば今回は少し変わったことがありました。
ウチの本を手にとって「これ、オリジナルキャラですか?」と訊かれました。マリみてって一度ブームになっただけあって知名度だけはそこそこ高いジャンルだと思ってたので、実に意外な質問でした。ひょっとしたら私がリリアンの制服を茶色っぽく塗っているのが原因かもしれませんが。(リリアンの制服は公式設定によると緑を一滴垂らしたような黒、です)
また別の方からは、「マリみて以外の本は出してないのか」と訊かれました。えっと、ジャンル的には守備範囲外だけど絵は及第点だったとか、そういうことなんでしょうか?
………そうだったらいいな。

今回のスケブは二件お受けしました。青い花のあーちゃんふみちゃんと、志摩子さん。スケブというとバストショットが定番なのですが、今回は趣向を変えて身体も描いてみました。

今回のサンクリでは「青い花」のコピ本出したいな、と企んでいたのですが間に合いませんでした。残念。しかしこの後は10月にマリみてオンリーが控えてるだけで、それが終わると残すは冬コミのみです。冬まで封印かぁ。受かるといいな………。

そのコピ本の残骸より、あーちゃんふみちゃん。
アニメ終了直後、こんなのんきな告白だったらいいなと思いつつ描いたらくがきです。

20090928.jpg
スポンサーサイト
  拍手する

高部あいさんが出てるという理由だけでアンビリーバボー見てしまった。26秒のためだけに。

大正野球娘。 第十二話 土と埃にまみれます

いい最終回でした。
見たいものを全部見せてくれたという印象です。
巴のホームラン封印、晶子のナックル等、これまで散りばめていた伏線(というか課題)も全部回収して、メンバー全員に見せ場があって、密度の濃い二十数分間でした。
胡蝶のバックホーム、お雪のキャッチ、二遊間の友情グラブトスと、動きでも見せてくれましたねー。
欲を言えばもう少し余韻を持たせてほしかった気もしますが、あれもまたたいやき。らしい終わり方なのかもしれません。

お雪はどちらかというとこれまで影が薄くてキャラが立っていないという印象がありました。
体重と枕投げくらいかな? あとはたまちゃん絡みで。
でもこの最終回で魅せてくれました。こういう静かな情熱を燃やすタイプだったんですね。

小梅は公式サイトの人物紹介ページによると、巴と並ぶほどのスペックを秘めているらしいのですが、アニメでは終始努力の人として描かれましたね。野球を思いのほか丁寧に描いてきたこの作品の主人公にふさわしい成長ぶりだったと思います。

最後に岩崎が謝罪していましたが、あれがなくとも彼の誠意は櫻花會と真剣に対峙したことで示されていると思います。そもそもの発端は彼が晶子を対等に扱わなかったことだったのですから。

唯一気がかりなのは松坂さんのその後でしょうか(笑
雇い主に逆らって車まで壊して人の家に突っ込んじゃいましたからね………。
晶子が野球をやることも含め、どうなるのか心配ですが、岩崎くんが口添えしてくれればなんとかなるかな? 結果全部いい方へとはたらいたわけですから。

今期、「青い花」「化物語」と並んで楽しませてくれた作品です。
ありがとうございました。

テーマ : 大正野球娘。 - ジャンル : アニメ・コミック

  拍手する

昭和前期の色眼鏡? 大正だってば。

化物語

「撫子も通じるとは思わなかった……」とか
防御するところを色々間違ってるところとか
異常な人見知りとか、
つばさキャット編に入ってようやく撫子の個性が見え出しましたね。
おもしろい子だ。友人の飼ってるハムスターみたい。

なでこスネイクの結末には満足でしたが、ただひとつ心配なことがあって、それは撫子もノーダメージではすまないだろうってことだったんですが、あれは結局どうなったんでしょうね。
呪いはかけた者の許へに帰った。おそらくは撫子の振った男の子の方へ。
死を左右するほどに肥大した呪いを返された男の子は無事ではすまなかったでしょう。ならばその結末はいずれ撫子の耳にも届くはずです。そのとき撫子は何を思うのだろうな、と。
これはなでこスネイクの翌日の話のようですから、まだ撫子が知らないだけなのかな?

今までの情報から、羽川の話は時系列で言えば傷物語の後、ひたぎクラブの前のはずなのに、どうして最後に回されてるのか不思議だったのですが、ようやく謎が解けました。時間を置いてからが本番だったというわけですね。
CVの堀江さんは最近「一見いい人なのに、その実、腹の中に色々抱えてる人」って役が多いように思います。この羽川含め。GAのナミコさんは例外ですが。


大正野球娘。

あーあ、ばれちゃった。
お父さんが怒っているのは、野球をしていることよりも、娘に嘘をつかれたことみたいですね。
「誤解の多い料理店」の回で小梅は一度正直に謝罪しているわけですが、あれも結局誤解とわかったあとはうやむやになっちゃいましたしね。
次回、小梅がどれほど野球に真剣に打ち込んできたか、それを見せることで解決するのかな? あのおちゃらけ男が試合会場までばらしていましたしね。でもそれって筋がわずかに違うような。

お父さんって第1話で「女に野球は論外」みたいなことを言ってましたが、あれも良家の子女・晶子の誘いであったことから順に話せば、あるいはあっさり許してもらえたんじゃないかな、という気がしています。

岩崎くんがやけに物分りがよくなっていますね。前回の試合を受けた経緯もそうですが。
とはいえ、彼の女性観そのものはたいして変わっていないと思われます。ただ、小梅の話を真摯に受け止めたということでしょう。晶子の気持ちがわからないならわからないなりに、少なくとも正面から向き合おうとしているのだと、そういうことではないでしょうか。
その点、女性を見下したままただの愛玩動物くらいにしかとらえてない高原との違いが際立ちます。

事故の瞬間を野生の勘で察した巴が何気にすごい(笑

乃枝の戦略眼には感心させられます。ただのデータ野球ではない。人に心理にまで踏み込んで、勝ち方というものを心得ている。審判へのアピールなどはその最たるものですね。
  拍手する

青い花のない水曜日なんて………っ!

10/25に開催されるマリみて部活オンリー「Club de Lillian」ですが、サンクリ会場での直接受付をされるそうです。
詳しくはサイトの方でご確認いただきたいのですが、
clbanner.jpg

①直接申込用紙を持参する方法と
②9/25までにオンラインで申込をすませ、9/27当日会場で参加費を支払う方法
の二通りがあるそうです。

私の周りでもサンクリでの直接受付あったらな~、って声を聞いていたので一応お知らせまで。
私は②の方法で申し込もうかな。楽だし。
問題は申込ジャンルです。
写真部か………新聞部か。
温室の妖精たちも描いてみたいけど、あれは部活ではないんですよね。
  拍手する

茂木さんの愛称はモギーだったらしい。

青い花 1巻 (F×COMICS)青い花 1巻 (F×COMICS)
(2005/12/15)
志村 貴子

商品詳細を見る

アニメ終了以来、青い花禁断症状が出てこのままでは危ないと医者に言われたので買ってきました原作4巻まで。
あー………。
アニメはホントに原作を大事に作っていたんですねー。

とはいえ、全く同じでもありません。
ふみとあーちゃんにしても、原作のほうが微妙に人間くさかったりします。アニメの二人はわずかに残ってる毒っぽさも抜けてるというか。その点、声を担当した高部さんと儀武さんの演技を最大限活かしたつくりになってると言えるのかもしれません。

杉本先輩についてこれといった変更はないのですが、アニメは演出を活かして彼女の内面を見事に浮き彫りにしたんだなー、と感心させられました。マンガにはマンガの、アニメにはアニメの表現手段のアドバンテージがあって、アニメ青い花はそれを十分に発揮したのだと思います。
原作付アニメへの感想でたまに「原作と同じ展開だからつまらない」という意見を目にしますが、それはやはりアニメーションとしての利点を活かしきれてないからこそ出てくる感想なのではないでしょうか。全く同じ内容でも、演出等により原作とはまた違った魅力ある作品に仕上げることができますよね。それがアニメの力だと私は思います。

あと残念なことですが、アニメ二期はないだろなー、と確信してしまいました。
今回のアニメ化でコミックス現4巻のうち3巻まで消化している、という分量の問題もあるのですが、それ以上に、どうも二期があることを前提に作られていないようなのです。
アニメ「青い花」は原作を大事になぞりつつも、独自の解釈を付け加える方向で作られていますが、ただ二ヶ所だけ、意図的に大きく内容変更されている部分があります。そのどちらもが、続編を作るならやってはいけない種類の変更なのです。仮にこのまま二期を作るとしたらアニメオリジナルの展開が必要になるでしょう。
アニメを1クールでまとめるために必要な変更だったとは思います。でもホント残念だなぁ。
アニメ二期は無理でも、ドラマCDなどでまたふみちゃんあーちゃんに会わせていただきたいです。


下の二冊はサンクリの帰りにでも購入予定。

青い花公式読本 (Fx COMICS)青い花公式読本 (Fx COMICS)
(2009/09)
志村 貴子藤が谷女学院新聞部

商品詳細を見る


マンガ・エロティクス・エフvol.59マンガ・エロティクス・エフvol.59
(2009/09/04)
志村 貴子中村 明日美子

商品詳細を見る

テーマ : 青い花 - ジャンル : アニメ・コミック

  拍手する

青い花 第11話 冬の花火

図書館に先輩の面影を見つけるふみ。
最初の経緯から、ふみは「変わり身の早い移り気な子」と思われがちですが、こういうところを見ると、情の深い子ですよね。それでも二人はやり直せなかった。
あと十年も経てば、他の選択肢もあったことに気づくのでしょうけれど。
自分で自分のことがわからない、と戸惑うふみ。そんなふみにあーちゃんは「食べよう!」とケーキを注文するのでした。さすが。落ち込む女の子の扱いをわかってらっしゃる(笑

京子はクリスマスは康ちゃんと二人きりで過ごすんですね。
まあそうでなければお互いの両親も心配するでしょうけれど。
しかしあーちゃん………あのプレゼントのセンスは。。
そりゃバレますよねえ(笑

プレゼント選びを目撃したふみは複雑な心境でしたねー。あーちゃんが自分に秘密を作っていたことが不満だと独白していましたけど、どう見てもあれは単純な焼きもちですよね。真相を知ってほっとしていましたし。

タイトルの「冬の花火」。
真っ先に連想するのはKanonの真琴………ではなく、太宰治でしょうか。
千津ちゃんからの葉書が来たとき、てっきりこれを指しているものかと思いましたが、違いました。
ふみの初恋はあーちゃんだった。それをずっと、忘れていた。距離による想いの剥離と忘却。これを指していたのかな、と。
ふみが思い出したという大切なこと。そこが二人の通った小学校であるなら、その大切なことというのはあーちゃん絡みであろうと容易に察せられるはず。ふみの涙を見て、あーちゃんは何を思ったのでしょうね。
それでも優しくふみを抱き寄せる。あーちゃんはホント、向日葵のような子だなぁ。
アニメ「青い花」はどちらかというとふみと杉本先輩主体に回っていましたけど、あーちゃんがいなければこれほど好きにはならなかったと断言できます。恋愛関係に一切かかわらない存在でありながら、それゆえに、彼女に救われていた部分が大きかった~。

ああ、これから何を楽しみに生きていけばいいんだろう………(お約束
アニメが原作のどこまで進んだのか知りませんが、できれば二期を希望します!
切実に!
あの押し花の意味をアニメ二期で教えてください!

このアニメで一番不思議に思うのはふみ役・高部あいさんの起用です。本業はモデルさんなのですが、いったいどのような経緯で彼女が声をあてることになったのでしょう。私はこのアニメだけですっかり彼女のファンになってしまいましたよ。(正確にはあーちゃん役・儀武ゆう子さんとのペアで、ですが)
このキャスティングを考えた人はすごいなぁ。きっとマジックカップルの恩田さん(c)サークル・クロスロード)みたいな敏腕スカウトがあらゆる可能性を求めて飛び回ってるんですねっ。

11話で終了、と通常の1クールより1話少なかったですね。
私は普段、中くらいの画質で録画してるので、一枚のDVDに4~5話入るのですが、これだと最後の一枚に余裕が出来そうなので、最終話だけ最高画質で録ってみました。
ん~。………違いがいまいちわからない。やっぱりこういうのって大画面TVで見ないと実感できないのかな。
  拍手する

山岸さんとくるくる踊る梓先輩蕩れ。

放課後ウインド・オーケストラ 4 (ジャンプコミックス)放課後ウインド・オーケストラ 4 (ジャンプコミックス)
(2009/09/04)
宇佐 悠一郎

商品詳細を見る


………………終わっちゃった。
ファンになった次の巻が最終巻だなんて。。。

最大の山場であったコンクールであの結果。
おそろしく地に足の着いた部活動マンガでしたね。
少年誌でこういう展開にしちゃうんだ!?
と驚いたのも一瞬のこと、
「覚えていられる?
 無理に言葉にしなくていいから、
 今のあなたのその胸の中の感情を、そのまま覚えていられる?」

コンクールからの帰り道、夜の川原で独り、梓先輩の言葉を反芻しながら平音が見せた表情。
やはりこれでこそ「かごオケ」ですよね。
どこまでも等身大の部活動の中で、一番伝えたいメッセージだけはたしかに伝わりました。

本当はもっと長く読みたかった作品です。月川と小宮山先輩にはもっと親しくなってほしかったし、桑野天野に困らされる佐藤先輩をもっと見たかった。桜井の個人エピソードも。

雑誌の最終回にはつきものの言葉ですが、宇佐先生、次回作を今から心待ちにしています。
ありがとうございました。


Fate雑記さま、撫子の捕捉ありがとうございました。
  拍手する

「なでしこ」じゃなく「なでこ」なんですね

20090905.jpg

撫子可愛すぎる。
原稿中だというのに描かずにはいられませんでした。ラフにざっくり着色。
今まで気づかなかったけど私には帽子属性でもあるんだろうか。
声はざんげちゃんや星の王子様を演じた花澤香菜さんです。

テーマ : 化物語 - ジャンル : アニメ・コミック

  拍手する

絶望した! シルバーウィークの連休の影響でサンクリの入稿〆切が5日も早まってる事実に絶望したっ!

青い花 第10話「幸福の王子」


小学校の建て替えを気にするあーちゃん。
ひょっとしたらふみとあーちゃんが通っていた小学校?
次回への伏線かな?

次女は一見気遣いの人っぽいけど、実は一番無神経?
三女は当たりきついけど、この人こそが一番先輩の理解者なのかもしれないなぁと思ったり。
長女はやはり貫禄ありますね。仲裁の仕方とか。マジメに諭されるよりも、茶化してもらったほうが収まりついたりするものですしね、口ゲンカなんてのは。

コウちゃんは健気だなぁ。前回の別荘でのエピソードから、この人のこと応援したくなりました。あまりにも報われなさ過ぎる。京子ってばホントに先輩しか見てないんだもの。
こうなると、序盤で合コン仕組んだのって、やっぱりコウちゃんに他のいい人を見つけてもらいたかったからなんですね。

「女の子って簡単だなぁ」

先輩の「今」に到る形成過程が語られました。
あー………。
だから京子じゃダメだったんですね。
同属嫌悪というと語弊があるかもしれませんが、彼女では先輩の安らぎにはなりえない。
彼女は愛さなくても愛してくれるのに。
一方、ふみは愛さなければ愛してはくれません。

「先輩は勝手です。好きな人がいるなら、その人だけに集中してください」
「潔く諦めてください。………私はちゃんと諦めました」


………でもこのふみの言葉って額面通りに受け取っていいものでしょうか?
各務先生のことを吹っ切れない先輩を責めたように見えますけど、むしろ問題は、それを理由にしてふみの手を離してしまったことだと思います。あのタイミングで別れを切り出されたら、ふみの存在が失恋の逃げ場でしかなかったと告げるようなものじゃないですか。
そして今また、結婚式の後にふみに会いに来た。これはまずい。

当初私が感じていたよりも、先輩にとってのふみは特別だと思います。それは別れたあとも、ふみの不在を寂しがっていた姿が語っています。

けれどそれならば、先輩は誠意を見せなければいけない。各務先生とは別の次元で、ふみのことが必要なのだと、ふみに伝えなければいけない。どれだけ格好悪くとも、自分の弱さをふみに晒さないといけない。
しかしそれができなかった。
このままではふみの目には、また都合のいいように利用しようとしている勝手な人としか映らない。

「もっと、大人になってください」
「……はい」
「ふみ、ごめんね」
「ごめんなさい」


ふみを傷つけてしまったことを、それが自分の幼さのせいであることを、ようやく本当の意味で理解した。
だからこその謝罪ですね。

ふみはまだ先輩に気持ちを残していて、先輩もまたふみを真に必要としている。でももう元には戻らない。切ないなぁ。
ここで先輩の勝手さを責めるのは簡単だけど、それはしたくありません。だってそれが青い恋ってものじゃないですか。


Fate雑記さま、小梅の捕捉ありがとうございました。
  拍手する

「絶望先生は人生の教科書だね!」と言ったら、「ダメ人間の教科書ですよ!」と怒られました。

大正野球娘。
20090901.jpg
袴姿はいいなぁ。小梅はセーラー服を着たがってますけど、こっちのほうが断然可愛いですよ。
荷物をちょこんと持ってる姿勢もいい。
でもあれ、中身は教科書とお弁当ですよね? 登下校の間ずっとあの持ち方で重くないのかな。

ずっと「好みの絵柄だなぁ」と思ってましたが、OPのクレジット見たらキャラ原案が小池定路先生でした。二冊目の同人誌で終末の過ごし方本を出した私としては嬉しい限りです。てかなぜ今まで気づかなかった。。

小梅役の伊藤かな恵さんのことはこのアニメで初めて知りましたが、この子犬みたいなヒロインにぴったりの声優さんですね。驚いた声や困ったときの演技がすごく可愛い。
EDの「ユメ・ミル・ココロ」も今期一、二を争うほど好きな曲です。

十番小町の回はかなりかわいそうでした。多感な少女にとっては立ち直れないほどのダメージだったかもしれませんが、小梅は強い子ですね。三郎の励まし方もいい。誠意にあふれてました。このカップルは素直に応援したいなぁ。


【懺・】さよなら絶望先生

ああ先生×可符香本が読みたい。切実に読みたい。コミケでちゃんと探せばよかった。でもあの日の東ホールに近づく気には到底なれなかった。
絶望先生って何気にハーレム状態ですよね。小森霧なんてほとんど内縁の妻。
でもあれだけ慕われておきながら一人も手を出していないところだけは、教師として信用できるなぁ。ホントにそこだけですが。
そして交くんが可愛すぎる。


化物語

するがモンキー完結。
人が後天的に身につけた理性や良識では、本心からの暗い望みを消し去ることはできないという話でした。
けれどそれは逆に、殺意ほどの憎しみを理性で制御できているということでもあります。
阿良々木を殺すか、己の腕を切り落とすかという二択を迫られたとき、神原は腕を捨てることを選びました。本当の願いがどうであろうと、これはこれでひとつの真実なのです。その点において神原が責められることは何一つない。
むしろ阿良々木くんの選択がおかしい。彼女の腕と自分の命を天秤にかけたうえで、自分の命を差し出して賭けに出るだなんて正気の沙汰ではない。ひたぎさんに一万回殺されたって文句言えないほどに愚かしい。
でもまさにひたぎさんは阿良々木くんのそんなところに惚れたのでした。

悪魔は去ったけど腕は戻らなかった。
何もかも解決するハッピーエンドを用意しないこの作品が私は好きです。
  拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。