スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

焼き芋がいつまでも熱々なのはひつぎ様の無駄なエネルギーが流れ込んでるからに違いない

少し思うところあって『薔薇のミルフィーユ』を読み返していました。

以前どこかで書いたことがあると思いますが、現在の原作『マリア様がみてる』の乃梨子と、私が抱いている乃梨子像にはかなりの食い違いがあります。
私の中の乃梨子像は『チェリーブロッサム』から『レイニーブルー』にかけての彼女が元になっているので基本男前キャラなのです。雨に濡れる先輩に「あわてんぼうの志摩子さん」なんて言っちゃうような。
志摩子さんとはあくまで対等の立場から彼女を支えようとする年下の彼氏。一言で表すならそんなイメージでした。普段冷めてるくせに志摩子さんが大好きで大好きで、彼女が絡むととたんにムキになってしまう。でもやはり見るところは見てるしっかり者。

でも現在の乃梨子はちょっと違う。
志摩子さんが世界の中心にいることは変わらないのですが、なんだかとても臆病になってしまった。いつも一歩を踏み出せない。あげくに八つ当たりめいた感情をもてあましたり、自己嫌悪してみたり。

『薔薇のミルフィーユ』の「白薔薇の物思い」を読んでると、もうこんな時期から違ってるんだなぁと改めて実感しました。
志摩子さんが賢文兄に車で連れ去られるシーン。ここで乃梨子は志摩子さんの指示に従って呆然と見送り、その次の瞬間に自分の判断を疑って一人悶々とするわけですが、私の思う乃梨子というのはここで見送ったりしないんですね。自分がそうと判断できない以上、志摩子を一人で男の車に乗せたりしない。すかさず妥協案として自分も同行することを提案し、そこから一歩も引かない。そんなイメージ。
志摩子さんの判断を尊重しないわけじゃない。だけど乃梨子は志摩子という人間の人の良さもうかつさも知っている。だから過信しない。最終的には己の判断を優先する。
そう行動できるのは乃梨子にしっかりとした自己があるから。だから迷わない。

でも乃梨子は弱くなってしまいました。きつい言い方をすれば、志摩子さんへの依存度が高くなってると思います。だから彼女の言葉に振り回されてしまう。
それは一面、志摩子さんが強く成長したからだ、と見ることもできます。白薔薇としての二期目、姉としての自覚が芽生え薔薇の貫禄を身に着けた彼女だからこそ、乃梨子も妹らしく振舞うようになったんじゃないか、と。

でも志摩子さんってそんなに成長してるでしょうか?
なんだか彼女は本質的な部分で何も変わっていないように感じることがあります。ただ乃梨子という存在を得た余裕から、薔薇らしく姉らしく振舞うことができるようになったのじゃないかなー。そこは祐巳と同じですね。祐巳の成長というのは結局のところ祥子さまとの絆から得られる安心感に基づいている、というのが私の意見です。
乃梨子が盲信するほどの安定感が志摩子さんにあるとは思えません。だって、彼女は聖さまと同じ人種で、いつかどこかへ行ってしまいそうな危うさがあるから。
最新刊『キラキラまわる』でもそうです。電車内で乃梨子に己の出生を語るシーン。
「だから、私にとっては取り立ててどうこうという話ではないの」
たぶんこれは本当のことだろうし、乃梨子を気遣っての発言でもあるのでしょう。でも受け取った乃梨子ははたしてどうでしたか?
きっと志摩子さんにはあの場で他にもう少し語るべきことがあったと思うんです。でもそれを話していない。だから乃梨子は自分を無理やり納得させるしかなかった。
そこが志摩子さんのうかつさであり、頼りなさだと思えてなりません。

どうか誤解しないでほしいのですが、私は今の原作の乃梨子を見て「こんなの俺の乃梨子じゃねええええ」と叫びたいわけじゃありません(笑
原作のほうが正しいのです。間違ってるのは私の認識です。当たり前ですね。
問題は、私がいつまで経っても初期のイメージを修正できないことなんです。
私の中では、乃梨子はいつだって「男前でやんちゃな年下の彼氏」のままなのです。困ったことに。だからプライベートで志摩子を「お姉さま」なんて呼ばないし、二人きりのときに敬語で話しかけたりしない。
でもこのイメージを修正しないうちは、レイニー以降の現白薔薇を同人で書いたりはできないような気がします。私にとっては死活問題。。。

ところで、現在の乃梨子を語る上で欠かせないのは瞳子の存在ですね。結局のところ乃梨子の変化ってこのあたりが原因なのかなぁと思います。
入学当初、価値観のずれたリリアンに溶け込めず一匹狼だった乃梨子。そんな彼女が瞳子という親友を得て、志摩子を通じて薔薇の館の住人とふれあい、つぼみとして一般生徒にも一目置かれるようになる。志摩子さん以外なくすもののなかった頃とは違い、今の乃梨子の手には数多くのものが乗っている。だからこそ臆病になる。
それは弱くなったのではなく、人間的な成長ですね。周囲とのふれあいを通じて人としての弱さを獲得したと見るべきじゃないでしょうか。かつての乃梨子の強さは怖いもの知らずな子供じみた強さであった。だけど本当の強さというのは弱さを自覚した後に初めて得られるものです。だから乃梨子は、まだその成長途中にある。

とまあ、こんなふうに頭では整理できるのですが、感情的にはなんだかうまく飲み込めないでいます。私も頑固だなあ。というより、本当に初期の乃梨子が好きで好きで仕方ないんだなぁ(笑
マリみては読者に数多く解釈の余地を残してくれる優れた作品です。だからこそ原作の隙間を埋めてくれるような数々の素晴らしい二次創作に出会えるわけですが。
………このどうしようもない隙間は自分で埋めるしかないのかなぁ。とても自信がありません。
スポンサーサイト
  拍手する

らき☆すたで一番萌えるのはみゆきのお母さんだと思う

なんだか気がついたらこれが今年初めての日記です。
一月はずっと体調を崩していて半ば生ける屍と化していました。風邪も治ったと思ったらまたぶり返したりして、いつの間に風邪は不治の病になったんだろうとそんな埒もないことを考えたり考えなかったり。
やらなきゃいけないことも山積みで、いくつかはすでに取りこぼしています。早速4月開催のCOMIC1への参加申し込みを逃しました(泣

アニメも新しいのがいくつか始まっていますね。
以前はアニメなんて一期にひとつかふたつ見てればいいほうだったのですが、HDDレコーダーを手に入れてからはずいぶんとチェックするようになりました。放送時間にTVの前にいなきゃならない以前の生活とは違い、今は勝手に録画してくれるから楽なものです。ビデオテープを消費するわけでもないので「とりあえず録っておこうかな」なんてこともできますし。贅沢だなぁ。

「狼と香辛料」は原作を一巻だけ読んだことがあります。なんだかやたら地に足の着いたファンタジーだなぁというのが第一印象。ホロというヒロインそのものよりも、ロレンスとの掛け合いが魅力的かも? アニメはオリジナル要素を含みながらも概ね原作通りに進むようです。三話までみた時点で継続視聴決定~♪
メイン二人の声優はロレンス役福山さん・ホロ役小清水さんというコードギアスコンビなのですね。小清水さんは「キミキスの星乃さん」や「Myself;Yourselfの菜々香」みたく女の子女の子した役よりも、少し変わった役どころのほうが合ってるんじゃないかなとそんな気がします。今回のホロのように一筋縄ではいかなさそうな人外の役や、「H2Oの琢磨」のように男の子役のほうがしっくりくるといいますか。コードギアスのときだって学園内での大人しいカレンよりも黒の騎士団で暴れてるときのほうが演技が生き生きしていましたものね。
OPは一度聞いただけで気に入りました。ずいぶんと雰囲気のある曲だな~、と思ったら作曲者はZABADAKの吉良さんだったのですね。道理で。ええ、ZABADAKとか遊佐未森さんとか好きな世代ですとも。

「true tears」はおとなしめのキャラデザインや人物設定が私好み。背景も雰囲気があって美しいですね。ええ私は新海作品の虜になるような人間ですからこういう力のはいった背景には弱いのです。
まだ序盤ですから作品の魅力を語れる段階ではありませんけど、期待させてくれる作品です。乃絵を見ているとなんだか懐かしい感じがするなぁ。
こちらもOPがお気に入りです。eufoniusの曲はどれもよいですね~。

「ARIA The ORIGINATION」ですが、以前から何人もの人に「絶対夏師さん好みだから見なさい」と言われていたにもかかわらず今期が初見です。うん。たしかにこれは私好み。今までどうしてスルーしてたんだろうと不思議ですがやはりこれはHDDレコーダのおかげとしか。ちなみに今回のが第三期らしいです。これも同じくOPがお気に入り。牧野由衣さんの歌声はよいですね~。

ほかにもいくつか見ていますが上の三つが特にお気に入りです。
あと前期から続いては「CLANNAD」「キミキス pure rouge」「レンタルマギカ」「もっけ」などを。今期の新作品を含めても一番続きを楽しみにしているのはやはり「CLANNAD」ですねー。すみません、元鍵っ子ですので。PC版でフルボイスが発売されるそうなので、アニメが終わったら絶対プレイするんだ~と今から楽しみにしています。

前期で終了した「ひぐらしのなく頃に 解」や「げんしけん2」「ef - a tale of memories.」についてはまた別の日記にて。
  拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。