スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る! 」 (6) (カドカワコミックス・エース)

まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る! 」 (6) (カドカワコミックス・エース)まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る! 」 (6) (カドカワコミックス・エース)
(2013/02/23)
石田 あきら

商品詳細を見る


勇者とともに旅した三人の内、女騎士は湖畔修道会の指導者、老弓兵は冬寂王の執事としての立場に縛られる面がありますが、女魔法使いは純粋に彼女自身の意思だけで行動できるおいしいポジションにありますね。それが恋愛感情かどうかはわかりませんが、勇者を慕う純粋さには心惹かれます。

まおゆうは基本的に「中世には存在しなかった未来の知識を持ち込む」一種のタイムトラベル的おもしろさが売りですが、それを主人公達の強さや活躍にとどめず、国家的戦略に用いているところが魅力ですね。馬鈴薯にしても天然痘の予防にしても、ただ民を豊かにするためだけではなく、自分の望みを叶えるための切り札的手段として有効活用している。知識を持ち出す順番・タイミングを計っている。それによって物事を有利に進めている。

ただ今回の天然痘予防の件は非常に革新的な結果をもたらしそうですね。他に替えのない絶対的な魅力もそうですが、それ以上に、これが魔族からもたらされたものと広めることは、教会が築いてきた社会構造をもひっくり返すに十分な威力があります。
世界を変えるためにもっとも困難な壁   人々の意識の変革が本格的に始まろうとしています。
スポンサーサイト
  拍手する

真・恋姫・無双~乙女大乱~ 3 (電撃コミックス)

真・恋姫・無双~乙女大乱~ 3 (電撃コミックス)真・恋姫・無双~乙女大乱~ 3 (電撃コミックス)
(2013/02/27)
BaseSon

商品詳細を見る


恋姫のコミカライズは多くの作家さんによってなされていますが、私はこの天海先生のが一番好きです。お話はアニメそのままなんですが、とにかくキャラクターがめちゃくちゃ可愛い! アニメ版のキャラデザも素敵でしたが、天海先生の描かれる恋姫キャラもぜひ一度見てほしい。

サブキャラ好きの私なんですが、恋姫に限っては桃香(劉備)と愛紗(関羽)の二人がお気に入りです。二人並ぶとすごく絵になるところがもう。桃香の着ている服は元々愛紗のですから当然といえば当然ですが、二人で着る用にあつらえたようにお似合いです。
能力的には特筆するところのない桃香ですが、最初は保護される立場にありながらも、徐々に志の高さ、慈愛、清廉さを愛紗に認められていくくだりが好きです。鈴々のせいでなし崩し的に決まった姉妹序列ですが、やがてそれにも馴染んでいったのは、愛紗も桃香の中に自分には無いものを見出したからでしょう。
鈴々は最初、あくまで愛紗を通して桃香と繋がっていましたが、黄巾党の件では桃香の言葉に敬服していましたね。ああやって少しずつ本当の三姉妹となっていくのだろうと思うと嬉しくなります。

アニメではいつの間か愛紗が桃香を「姉上」と呼ぶようになっていましたが、できればそうなる経緯も描いてくれたらな~。初めての「姉上」呼びはいつだったんですか! 愛紗はどんな顔して呼んだんですか! 呼ばれた桃香の反応はどうだったんですか!?
  拍手する

放浪息子 14 (ビームコミックス)

放浪息子 14 (ビームコミックス)放浪息子 14 (ビームコミックス)
(2013/02/25)
志村貴子

商品詳細を見る


表紙カバーと目次のカラーイラストがきついです。
二人の二次性徴を思い知る。。
特に目次のほうなんて二人とも似合ってないんですよ。
そう見えるように描かれてるんですよ。志村先生ってば残酷な。

冒頭から千葉さんご立腹事件発生。
幸いイメージが壊れたというより意外な一面が見られたと受け取られたようですね。友達が怪我させられて怒ったわけですから決して行き過ぎた行動というわけでもありませんし。

高槻さんは男の子になりたいわけではなく、ただ「かっこよく」ありたい人でした。けれど成長とともに女の子らしい服を着て評価される自分を受け入れられるようになった。だからモデルという仕事にも積極的になれた。自分の性を否定しなくても望む自分になれるならそれは幸福なことです。
ただ、二鳥くんは違う。彼は望む外見を得るために、自分の性を否定せざるを得ない人です。高槻くんは彼にその入り口を作っておきながら、自分は別の道を見つけたことに引け目を感じている。
でも二鳥くんはわかっています。ボクらは自分の性を否定したかったわけではなく、好きな服を着たかっただけなんだと。性の否定はその手段でしかないと。だから本来の性のままで好きな服が着られるならそれでいいのです。

二鳥ママの涙はどっちなんでしょうね。
シュウに申し訳なくて泣いてるのか、自分を哀れんでいるのか。
……こういう言い方は意地悪でしょうか。二鳥ママにしても、できればシュウの気持ちを汲んであげたいんでしょう。けれどそれができない自分に苦しんでいるんじゃないかと。

喫茶店のおじいちゃんは、二鳥くんを最後まで女の子だと信じて褒めてくれた人ですからね。別れは寂しかったことでしょう。切ない。

安那ちゃんの可愛いことかわいいこと。
そりゃあずっと菩薩ではいられませんよね。相手を好きなんだから。ずっと自分を見ていてほしいと思うのは当たり前。安那ちゃんは年上ということもあって言い出しづらいんでしょうけれど、これくらい甘えたっていいと思います。
  拍手する

ひざまくら、というよりふとももまくらですよね。

咲-Saki-阿知賀編episode of side-A(2) (ガンガンコミックス)咲-Saki-阿知賀編episode of side-A(2) (ガンガンコミックス)
(2012/06/25)
小林 立、五十嵐 あぐり 他

商品詳細を見る

ストーリーはアニメそのままなんですけど、マンガだと伝わる雰囲気が変わりますね。
「最悪のドラ麻雀だコイツ」や、二回戦先鋒戦終了時の玄たち三人の憔悴なんかはマンガのほうがよく伝わってきます。あと、おねーちゃんの「あったかいのいっぱい」の場面とか笑えるし。

麻雀ゲームでなんとか打てる程度の知識しかない私だと、アニメでは麻雀用語がよくわからなかったりするのですが、マンガだと自分の速度で読めるのでなんとか理解が追いつきます。専門用語そのものは知らなくても、牌とセリフをじっくり追えばだいたいは理解できますし。


妖狐×僕SS(7) (ガンガンコミックスJOKER)妖狐×僕SS(7) (ガンガンコミックスJOKER)
(2012/06/22)
藤原 ここあ

商品詳細を見る

紛うことなき反ノ塚巻でした………っ!
前世でもすでに兄妹のような反ノ塚と凛々蝶でしたが、転生を経て、あるいは齢を重ねたことで、こうして心の奥の柔らかな部分で触れ合えるようになれたのですね。
中学生野ばらちゃんとの同棲生活も垣間見えて満足です。
「野ばらちゃん」じゃなくて「野ばら」ですよっ!!


げんしけん 二代目の参(12) (アフタヌーンKC)げんしけん 二代目の参(12) (アフタヌーンKC)
(2012/06/22)
木尾 士目

商品詳細を見る

二代目が始まった当初は「波戸くんキャラが立ってるなー」くらいだった新入生組ですが、巻を重ねるごとに矢島っち、吉武が魅力的になってきました。矢島っちは正しくげんしけん主人公の系統ですよね。
吉武はだんだん可愛さを増してるような。制服っぽい格好がよく似合うコだなー。

ひざまくらにときめくスーが可愛い。自分で誘っておいて。

斑目は、以前だとあくまで読者目線での萌えキャラであったのが、二代目以降は作品内で萌えキャラとして扱われてるのが一番の大きな違いでしょうか。特に咲さんの話題になったときは不憫で不憫で……。
ただ、波戸くんが斑目に感じてる萌えは、私たち読者のそれとは若干ずれがあるのが救いだったりします。
  拍手する

いまさらですが、先月の書籍感想を。

ひよっこシスターの安息(1) (まんがタイムコミックス)ひよっこシスターの安息(1) (まんがタイムコミックス)
(2011/12/07)
山田古都子

商品詳細を見る

マリみて脳の持ち主としてはどうしても志摩子さんの未来と重ねてしまうわけなのですが。
いえ、志摩子さんがシスターになってもこんなふうにはなるとは思いませんが。
4コマとしてはギャグ成分が薄めですが、読んでてほっこりします。シスター雛形が可愛すぎて。
あと絵柄がすごい好みなのです。こんなストライクな絵に出会ったのは辻灯子先生以来かも。


鏡の国の針栖川 1 (ジャンプコミックス)鏡の国の針栖川 1 (ジャンプコミックス)
(2012/01/04)
叶 恭弘

商品詳細を見る

叶先生お得意の、秘密を抱えた主人公ですね。
ただ、今回はその秘密をヒロインが共有して守るというのが珍しい。
鍵になりそうなのはサブヒロイン(?)の咲でしょうか。
前作『エム・ゼロ』では観月がそれにあたるわけですが、叶作品の主人公は一途すぎてサブヒロインに見向きもしないんですよね。それが主人公の魅力でもあるのですが、サブヒロインの片思いすぎてちょっと物足りない気がします。今回の咲はヒロインの親友というポジションに最初からいるわけですし、少しは彼女に針栖川がぐらっとくればより面白くなるかも?


花咲くいろは Green Girls Graffiti(1) (Emotion Comics 41)花咲くいろは Green Girls Graffiti(1) (Emotion Comics 41)
(2011/12/09)
不明

商品詳細を見る

花咲くいろはといえば、緒花主人公のが3巻まで出てるわけですが、こちらは民子と菜子がメインのコミカライズ。
細雪先生という大好きな漫画家さんが担当されたということで、発売前からめがっさ楽しみにしてました。
頑なな民子と人見知りな菜子がどうやって仲良くなったのかが描かれています。民子の不器用さ、菜子のたどたどしい歩みが丁寧に描かれていて読み応えありました。
次回からは緒花が喜翆荘にやってくるのでしょうか。アニメではどうにもぎくしゃくした出会いでしたが、民子菜子側から当時の緒花がどう映っていたのかが楽しみです。


げんしけん 二代目の弐(11) (アフタヌーンKC)げんしけん 二代目の弐(11) (アフタヌーンKC)
(2011/12/22)
木尾 士目

商品詳細を見る

一期の頃は作中アニメをわざわざ作ってそれ中心にオタ話をしていたのに、二期からは普通に既存作品を口にするようになりましたね。なんか吹っ切れたんでしょうか? 読み手としては架空のアニメの話をされるよりシンパシーが得られて面白いのですが、平凡化してしまった気もします。

荻上のサークルに真っ先に来た人って、タイミング的装備的にどう見てもサークル参加者ですよね。ネットの評価のこととかから見ても、荻上の作風って作り手に受けるタイプのマンガなんじゃないでしょうか。

荻上の元クラスメイト・中島さん。初登場のときも感じましたが、なかなかに複雑なキャラですね。こう、愛憎入り混じるというか。彼女が荻上に抱いてるのが嫌悪だけじゃないのは、一緒にいるもう一人の子の態度でわかります。にもかかわらず彼女の「憎」がここまで育ってしまったのは、ひょっとしたら荻上の逃げ癖にあったのかもしれませんね。
しかし今の荻上はもう彼女の知る荻上ではない。それが藪崎やスーの口から語られたことで、彼女は振り上げた手の下ろし場所を失ってしまったのかもしれません。

アンジェラのやり方はたしかに乱暴なんですが、一概に否定したくもないんですよね。斑目を守ろうとするのは波戸くんも自覚している通り、エゴの押しつけでしかないのですから。私だって、正直なところを言えばアンジェラの誘惑に堕ちてほしくなんかありません。でも、大切なのは何が斑目にとって幸せなのか、です。
もしアンジェラを否定できる人間がいるとしたら、それは自分で斑目を幸せにする覚悟をもった人だけではありませんか?
  拍手する

佐々ちゃんと佐々木のすれ違うシーンがお気に入り

放浪息子 12 (ビームコミックス)放浪息子 12 (ビームコミックス)
(2011/09/24)
志村貴子

商品詳細を見る


二鳥くんは高校に進学したことで、一人で歩き始めちゃった感がありますね。
中学時代で周囲の拒絶を経験しちゃったせいか、自分を認めてくれる場所を探して、そこで自分らしく生きていこうとする姿勢が見えます。運よく理解あるアルバイト先が見つかったようで何より。履歴書の提出を催促されたとき、自分に嘘をつきたくないからって、そのために嘘をつくのもいけない、と正直に打ち明けたのに成長と強さが感じられます。
しかし受験失敗は残念でしたね。受かっていれば高槻くん千葉さんと同じ私服校だったのに。内申点が響いちゃったんでしょうか。先生たちだって悪く書きたいわけじゃないけど、あったことは記さなきゃいけませんからね。
でも私服校だと学校でも歯止めが効かなくなる可能性があるから、制服の男子校でよかったのかもしれませんね。
二鳥くんは女装すると注目を浴びるくらい輝くのに、男の子の格好だと周囲に埋没する点は興味深い。

千葉さんが二宮くんにOKしたのは意外でした。心境の変化の理由を考えるとちょっと気の毒でもあるのですが、案外いい組み合わせみたいですね。千葉さんに「もっとこうしたほうがいいよ」って言える人、ましてそれが聞き入れてもらえる人って今までほとんどいなかったので。二宮くんのほうも、傍若無人だった子供の頃とは違って謙虚さを覚えつつあります。二人とも良い変化なのですが、キャラとしては普通の人っぽくなる彼女たちを見るのは少し複雑な気分。
でも高校で大人しく振舞う千葉さんは新鮮ですね。元々登場するだけで教室のざわめきを止めるほどの美少女なのに、普通に女の子らしく振舞っていたら男がわんさか寄ってきそう。中学までの千葉さんはナイフみたいにとがっては触る者みな傷つける雰囲気だったから男も寄りつかなかったわけですが、それが結果的に同性からの嫉妬を呼ばずにすんでいました。でもこんなに丸くなっちゃうと、そのうち来ますよ、女子複数人からの呼び出しが。あっちにもこっちにもいい顔しないで、的な(笑

高槻くんは希望の私服校に入れてご満悦。こういうところ、二鳥くんとは対照的にスポイルされてますよね。高槻くんの挫折っていつなんだろう。このまま成長するのかな。
高槻くんは二鳥くんと対を成すキャラなのかと思っていたのに、ここまでそれほど浮き沈みなくきてますよね。こう言ってはなんですが、マコちゃんのほうがよほどドラマチックな人生送ってる気がします。岡にバレンタインチョコって、それは受け取ってもらえませんよ。せめて二鳥くんと岡に同時に渡せば、「え、二鳥もらうの? なら俺も」的な勢いで受け取ってくれたかもしれませんが。

安那ちゃんとは順調にヨリを戻したみたいですが、やはり彼女は二鳥くんを見守るスタンスなんですね。二鳥くんのことを理解してる一方で、彼が成長とともに自分の望む姿から乖離していくのを気の毒がっている。
いつか二鳥くんがユキさんのように女性になりたいと希望したら、きっと安那ちゃんは反対するでしょう。果たして二人はそのときを乗り越えられるんでしょうか。
  拍手する

ゆかり稲荷は今度つくってみたいな

高杉さん家のおべんとう 4高杉さん家のおべんとう 4
(2011/09/22)
柳原望

商品詳細を見る


学校での人間関係も熟成されて、久留里の寡黙さがマイナスに働く心配はしなくてよくなったので、安心して読めますね。元々主題はそこじゃないけど。
実はこの作品における最大の決断をしたんじゃないかという第四巻でしたけど、高杉くんが自分を犠牲にしたって後ろ向きな姿勢じゃなくてよかった。実際、久留里がきたからこそ、彼女がこの街にいるからこそ高杉くんも長い停滞から大きく踏み出せたって経緯がありますからね。この選択が正解だったと思いたい。

久留里の恋心はそっと育っているものの、やっぱり高杉くんからみたら保護の対象で、彼は小阪さんに想いを寄せている様子。とはいえそっち方面は亀の高杉くんですからたいした進展も期待できず………というか、今回後退したかも?(笑、なのでこれは長丁場になりそうですね。
  拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。