スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 最終話「軌跡」

穏乃は山のヌシでした(笑
ギンコ
「なんてこった………」


元々スロースターターで、それもおそらく異能に働く能力なのでしょう。だとすれば準々決勝での苦戦ぶりもうなずけます。
しかし、王牌にまで支配を及ぼせるとなると、咲には分の悪い相手となりそうですね。そこは衣でさえも支配の及ばなかった領域です。
しかも、「プロでも止められない」と言わしめた哩姫のコンボが初めて陰りを見せたのですから、支配力の強さもかなりのものでしょう。決勝での咲と穏乃の対決が楽しみです。

前から気になっていたのですが、千里山の控え室はいまひとつ緊張感に欠けるというか、「竜華……勝ってくれ………っ!」という切羽詰った空気が感じられませんね。これが全国上位常連校ってことでしょうか。「自分たちは勝ち抜けて当然の学校なのだから」という矜持がそうさせているのでしょう。

竜華が普通に強いところを見せてくれたのは救いでした。
しかし穏乃の手牌を読みきったような打ち筋はちょっと怖いものがありますね。ガイト並に怖い。ダマの七対子の当たり牌なんて普通読めませんよ。たしかに字牌がかえって危険牌になったりはするんですけど。穏乃が「この人すげーっ」って目で見てしまうのもわかります。

最期の怜ちゃんが不発に終わったということは、怜と竜華のコンボは支配力ではないことの証明でもありますね。あれはあくまで怜の先読み能力と竜華の雀力の合わせ技で最短で最高の和了点を目指すものなのです。それによって他者の支配の下でも和了にこぎつけている。
だからそれは他者の和了を阻止する種類のものではありません。竜華が最短で和了るより早く誰かの手が出来てしまうなら、道は見えないのです。


新道寺の控え室で、一人だけ泣いてないすばら先輩が印象的でした。
彼女だって悔しくないわけはないのに。
どんだけ強いんですかあなたは。

千里山ではセーラだけ泣いてませんね。冬の同人誌で千里山敗退を描いたときも、私はセーラだけは泣かせてません。もちろん彼女だって悲しいはずです。事実去年のインハイでは帰りの飛行機で泣いてるんですから。
でも、後輩のフナQや大将の竜華が泣いている場所では、きっとセーラは泣かないと思ったんです。彼女はそういう子だから。

「憧の体温であったかい!」
「何言ってんの」

色々悲しい最終回だったけど、このアコシズ分で救われた気がします。

最後のレジェ灼やすこレジェは、これなくして阿知賀編は終わらないという流れでしたね。いやもう最高でした!


おまけに、オーラスの一局について麻雀がよくわからない方向けに解説しておきます。
どうして淡が姫子から和了らなかったのかわからなかった方は≪続きを読む≫からどうぞ。

続きを読む »

スポンサーサイト
  拍手する

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 第19話「本領」

淡対策はカン直後二巡くらいは安牌捨てればいいんでしょうか。
でも前半戦オーラスでは、対策講じたのが穏乃一人だけで姫子竜華は何もしてなかったにもかかわらず和了れなかったんですよね。だから安牌はあくまで危険ゾーンで振り込まない処置であって、ほかに何かしてるはずなんですけど。
どうやらサイの目が何か関係してそうなんですけど、たしかあれで変わるのはヤマだけ。でもヤマ=山で、何か穏乃の能力に関わっているんでしょうねー。そういえば衣の海底もヤマの位置に関係してますね。それでかじゅ達が苦労させられたのですけど。
穏乃の能力がヤマに関係してるとすると、どんな異能にも対応できる無効化能力というより、淡や衣、咲たちと相性のいい能力、ということになりそうですがはたして。咲のは「王牌の支配」だからどうかな、という気もしますが。

18000とか16600とか大きい数字が飛び交ってますけど、全部ロンで互いの点棒を取ったり取られたりしてるだけですからあまり大きな点数変動にはなってませんね。強いていえば新道寺がやや削られてますが、姫子はこの後数え役満を残してますからね。オーラスまでどの高校が残るかわからない展開になりそうです。

そして次は最終回………っ!
覚悟はしてたけど終わっちゃうんですね!
最近は一番の生き甲斐がこの阿知賀編だったのに………………っ!!


憧がジャージ姿を平気で全身さらしてましたね。
………おっかしいなー。
憧と穏乃の対格差を考慮すると、とても人前には出られない状態になるはずなんだけどなー(笑
憧ちゃんはむやみに足が長いのかなー?

「部長の和了った局でん おかまいなしか大星!」
これを素直に読むと「私達の力を見くびるな」となるわけですが、姫子の言い方だと部長=哩への信望が前面に出すぎててちょっと微笑ましいというかこのバカップルめ。

怜のつぶやきを聞いて頭の心配をする泉が常識人すぎて笑えました。

  拍手する

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 第17話「大将」

数え役満が約束されてしまいましたね。さすがにこれは未達に終わるかと思っていたのですが、まさかの達成。哩姫のリザーブは淡の支配をも上回るようですからこれは止められないか………?
新道寺もかなり追い上げてきてるので、この後倍満・役満ときたら淡もかなり苦しいはず。彼女にはそれを上回るだけの火力があるのでしょうか。今のところその様子は見られませんが。

灼の九萬待ちは赤土さんの入れ知恵かと思っていましたが、どうやら灼本人の判断によるものみたいですね。自分だけではない、ハルちゃんの麻雀で勝つんだという意気込みが伝わってきます。

怜は大丈夫そうですね。
100巡先とかアホなこと言ってるから単に消耗して倒れただけのよう。
雛鳥のように竜華を求める姿が可愛い。

今描いてる冬コミ原稿がちょうどこのあたりを扱ったものなのでかなり矛盾が発生してしまったのですが、パラレルってことで気にしない気にしない。
004 のコピー

「私が10年前に戦った赤土選手の打ち方に似ています…」
すこやんってば、10年前に一度打ったことのあるだけの選手をどれだけ意識してるんですか…。絶対あの後の赤土さんの動向を気にかけていたでしょう。エバーなんとか入りを身内以外で一番喜んでくれたのは間違いなくすこやんですよ。

「あの人、普段とかインタビューでは学ランなのに、試合ではちゃんと制服なんだよね」
「だからシズも制服着て試合しなさいってコト!」

ちょっと、憧ってばどれだけセーラのこと意識してるんですか。
あの肩組みにやられちゃったか?
もういっそ阿知賀に在籍したままセーラの後輩になっちゃえよ!(謎
そして憧セーラと憧穏を同時にやってのけるとはオフィシャルおそろしい。
うまいこと言って制服交換に成功した憧ですが、ひとつ大事なことを忘れてる。
穏乃でさえギリギリなのに、憧が着たらどうなるか。
ジャージ憧
こうなるに決まってます(笑

「今日はジャージを着てないぞ高鴨穏乃!」
こーこちゃん、他に何か言うことないの。

序盤から荒れてる大将戦卓ですが、竜華が静か過ぎるのがちょっと不気味ですね。
「最高状態の清水谷先輩でも~」
「平均獲得素点では関西随一!」
「竜華にも有効なんか……」

と、もう色々期待させてくれる材料てんこ盛りですので次回が楽しみでなりません。竜華ならきっとやってくれる!
  拍手する

フナQが悪い顔してる………(笑

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 第16話「憧憬」

穏乃って不屈の精神力の持ち主ってだけであんまり強いイメージなかったのですが、衣さまの評価となると聞き逃しには出来ませんね。ただ、「厄介」という表現からは単純な強さではない、どこか曲者のようなイメージを受けます。変則的な強さというか。
一速二速という表現もひっかかりますが、それが能力に繋がるかは疑問。ギアを上げる、なんてのは普通によく使われる表現ですし。穏乃も自覚的ではないようですしね。これはミスリードかな?

宥ねえは試合中はあんなに格好いいのに、それ以外はマスコットキャラですね。可愛い。

北部九州最強の称号は伊達じゃない。
姫子って白水さんのおかげですでに+52000が確定してるんだ………? もちろん、他家のツモや振込みなんかで削られはするでしょうけれど、恐ろしい能力だなぁ。これでもし姫子に永水の石戸さん並の防御力があったらと思うとオソロシイ。

「倍満くらいくれてやる」
という淡の言葉からは絶対の自信と同時に、この子の本性のようなものが垣間見えましたね。淡も衣と同種の生き物なんでしょうか。しかし倍満くらいじゃ済まないぞ!

しかしまさか哩姫のビビクンに灼がふとももで対抗するとは。。
灼といえば赤土さんとの関係なくしては語れません。
個人的には灼より玄に部長に就いてほしかった派ですが、今月号読むとそんなことも言えなくなってしまいました。かつて赤土さんの背負っていたものを灼が継承するのはこの作品としては当然の流れだったのかもしれませんね。

最近のセーラからあふれ出る先輩オーラはなんでしょうね。
惚れる。

スカートつかんだ挙句に「リー棒分かい!」と豪快にめくるフナQは痴漢で訴えられても仕方ありませんね。

憧がしっかりよりちゃっかりというのは納得(笑

まさかの小走先輩再登場。
なにこの萌えキャラ。
私の知ってる小走先輩じゃない(笑

亦野さんは削られまくっちゃいましたね~。
まさか2位との間に11万点以上の差をつけていた白糸台が首の皮一枚というところまで追い詰められるとは予想外でした。とはいえ、これは運の無さもかなり災いしてますから(別に亦野さんじゃなくても誰が振り込んでもおかしくない失点というのはありました)一概に亦野さんを責める気にもなれませんけど。



咲-Saki- 第105局「旧友」

これじゃ和と阿知賀の因縁を何も説明できてないよっ。
でも和側から見るとそんなにドラマチックでもないのがこの阿知賀編かもしれませんね。阿知賀側から見ないと、かつて共に卓を囲んだ友達が転校先で中学No,1になってて云々はわからない。

とはいえ、西田さんはプロなんだからもっと突っ込んだインタビューにしてほしいところ。これじゃ結局和も赤土さんの教え子だと知らないままなのかな。ハルエニッキのブログ主が赤土さんだと気づくかどうかが分かれ目になりそう。和は麻雀教室については一言も触れてませんし。

「その子はゆーきではなく憧…です」と指摘する口調から察するに、やっぱり和も憧の変わりようにちょっと驚いてはいるんでしょうね(笑
しかしイメージ映像の憧がまたあざとい。
穏乃がジャージの袖を余らせてるのは純粋に可愛いけど、憧がカーデの袖を余らせてるのは絶対狙ってますよね(笑
  拍手する

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 第15話「関門」

セーラ×憧が!
セーラ×憧が!!
この二人の薄い本を早く!

なんだろう、この二人。
並ぶとすっごく絵になる。
ぱっと見男っぽいセーラと、見た目可愛らしい憧の組み合わせがツボです。
ライバル、と呼ぶには力量の差があって、たぶんセーラは憧の必死の食い下がりを可愛いなぁくらいに思ってる。憧のほうもその差は実感してるから畏れを抱きつつも、持ち前の強気でなんとか張り合ってる。
この二人の絡みはもっと見たいな。
ドキドキしてる憧が新鮮でした。
穏乃とじゃこんな顔は全然見せてくれないのに………。

セーラって南三局までに+53000も稼いでたんですね。驚異的。
「親っかぶり上等  !!」とかフナQの分析を聞き流してたりとか、もういちいち格好よすぎる!

「ありがとうございました」とお辞儀する憧が猫かぶってるというかお澄まししてて可愛いですね。たぶん学校の教師の前なんかだとずっとこんな感じに違いありません。

「いやでも仲良くなるまでは逆に敬語とか多いんですよ?」
そういえば、ドラマCDでは灼にたいしては敬語でしたね。
でもインターハイではもうタメ口に。

「連れて行く! 決勝まで……!!」
この準決勝は阿知賀にとって、和との対戦への関門であると同時に、赤土さんのため乗り越えなくてはいけない壁でもあるんですよね。その後者の理由をもっとも強く意識してるのがこの灼に間違いないわけで。
準々決勝では省略されてしまいましたけど、今度こそ活躍してくれることでしょう。

さて、新道寺の鶴姫&シローズの能力が照によって明らかになりましたが、
こんなガチな能力者は初めてです(笑
あんたらどれだけ仲良いのさっ!
この二人が一学年違いというところに運命を感じてしまうなー。
高一と中三に分かれてしまった一年間がどれほど長かったことでしょう。

他校のエースや二年生をさん付けで呼ぶ照から良い人オーラが感じられてならないんですが。なんだかもうすっかり初期のイメージが崩れ去ってしまってます(笑
一期DVD8巻のあの凶悪顔は何だったの………。
  拍手する

咲 -saki- 第103局「再会」

五十嵐先生の描かれる阿知賀メンバーはみな「可愛い」って印象ですが、小林先生だとみんな美人さんですね~。憧や玄さんの脚なんてもう!
そして何より、裸ジャージの子が裸ジャージすぎる!(笑

ラジオで憧役の東山さんが仰ってましたが、この再会シーンでは、あの誰にでもフランクな憧が珍しく余所余所しいというか、昔のように和に話しかけられないでいるぎこちなさを表現するよう求められたそうです。アニメを観てもそれは感じられました。
そして同様に玄さんも「うわわ」とまともに返せてません。普段の玄ならこの中で一番あの頃と変わらぬ態度で和に接してくれそうなものですが。
やはり数年の時間と、なにより和との対戦を目標にここまでやってきたという事実が、和やかな再会を妨げているんですね。
でもそんな中で力強く和に語りかける穏乃は、やっぱり主人公なんだなぁと思わせてくれます。

和と交わした言葉はわずかですが、きっと伝わったことでしょう。
少なくとも、彼女たちが和との対戦を強く意識していること、麻雀を通じて和と彼女たちがまだ繋がっていることが。


あの雑誌社の人はそういう不謹慎気味な仕事こそ喜びそうだと思ってたから意外でした(笑
でも、倒れた怜を追いかけて話を聞こうだなんて、竜華に刺されそうですね。
  拍手する

咲 -saki- 第102局「困惑」

あの再会に至る和側の経緯がやっと明らかになりましたね。
思えば部長たちがホテルに残ってるのに、和たち一年生三人だけが会場に観戦に行きたがるのも妙な話です。咲のため………という風でもありませんし。

和はあの再会の瞬間に阿知賀メンバーの全国進出を知ったのだとばかり思ってましたが、それならば穏乃の「ウチらも必ず決勝に行くから」にもっと驚いてもいいはず。だって、会場にいるのは観戦目的でもいいのですから。

でも今回のお話で全部すっきりしました。
今まで和が阿知賀メンバーと連絡をとらなかったわけも(そもそも気づいてなかった)
阿知賀の存在に気づくことになったきっかけも(すばらさんが繋いでくれたのですね!)
会場に駆けつけたわけも(玄を、そしてメンバー表に穏乃と憧の名前を見つけたからなんですね!)
そしてあの再会に繋がった、と。

すばらさんの戦いだけなら和はTV観戦するつもりだったんですよね。
でも阿知賀メンバーの存在を知って会場に駆けつけずにいられなかった。
あのクールな和が。
そのことがすごく嬉しい。
そうだよ和、彼女らは和に会うために再結成して全国に来たんだよ!
中学王者、遠い存在となってしまった君と、対等の立場でまた一緒に遊ぶために!!


---------------------------------------------------------------------

アニメでは未出情報ですが、すばらさんは和と優希の中学時代の先輩にあたるんですよね。和たちと数ヶ月の入れ替わりで福岡に引っ越してしまったので、一緒に全国には行ってませんが。
咲本編でこの意外な繋がりを知ったときは嬉しかったものです。
そしてすばら先輩が和と阿知賀メンバーを繋げてくれるとは。
もう奇跡のような人ですね。
どこまで私の好感度を上げれば気がすむんだこの人は!

小林先生の描く玄は可愛いなぁ。いじめたくなる。

咲と照の姉妹隔絶には、プリン争奪とか咲のプラマイゼロに照がキレたとか、様々な憶測が流れていましたが、ようやくここで原因がフラッシュバックで流れましたね。
見開きのカットを見る限りだと、どうやら宮永家かそれに近い位置にもう一人女の子がいて、何らかの事故により(咲のせい?)その子が入院、その病院が火事になったとき、怪我で車椅子しか使えなかったばかりにその子は逃げ遅れた。咲は照が離れていった原因がそこにあると思っている。

………そんなところでしょうか。ただの推測ですが。
  拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。