スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

はがないのヒロインはどう見ても夜空ですよね……?

■たまゆら~hitotose~
第12話 「新しいひととせ、なので」

夜明けのシーンでは、本当にリアルタイムで夜が明けていくような感覚を味わいました。こう、ぽってたちと同じ場所に立っているような。
OVAでは亡きお父さんの背中からの視点を発見したぽってでしたが、今回はお父さんの視点そのもの。移りゆく愛しい景色をこの手に留めたいという、写真の原点への回帰でした。将来がちらついて迷いも見せていたぽってでしたが、この瞬間の想いがこれからの手助けとなることでしょう。

ちひろちゃんもあちらで友達が出来たようですが………トモちゃん?
………………トモちゃん?
ま、まさかそれはエア友達じゃないですよ…ね?


■僕は友達が少ない
第12話 「僕達は友達が少ない(`・ω・´)」

髪を切るきっかけは非常に残念でしたが、良い最終回でした。
小鷹転入から隣人部創設に至る流れを夜空からの視点で見ると、こうも可愛くなるのかとびっくりです。健気なんですけど、一本筋がずれてる感じが。
マリアから部屋を奪った(?)件についても、マリア側の申告だけ聞くと横暴に聞こえましたが、実際はマリアの自業自得なところが多々あったようで。最初は夜空も礼節をわきまえてたのに放棄せざるをえなかったんですね(笑

しかし小鷹ったら、「これからも夜空と呼べ」を否定的な意味に解釈しちゃうんですね。
なんて残念な男だ。
おそらく夜空としては二人の関係を二人だけのものにしておきたかったんじゃないかと思うのですが。まあこれは夜空にも責任があるかな。「二人きりのときはソラと呼べ」とか、そんなふうに言えばよかったのに。
スポンサーサイト
  拍手する

カラコンつけっぱって大丈夫なのかなぁ

■たまゆら~hitotose~
第10話 「明日のわたしはどんなわたし、なので」

かおたんお悩み回でした。
周りと自分を比べて焦燥感を抱いていたようですが、わりとしっかり未来が見えてるのってのりえくらいだと思うんですよ。そんなに焦らなくていいような気も。
しかしそれで行き着いた先が「私たち展」ってすごいなあ。そんなに世界を広げてるわけでもない彼女たちの催しにどれだけの人が足を運んでくれるのかわかりませんが、成功するといいな。


■僕は友達が少ない
第10話 「合宿は皆が寝ないヽ(゜∀゜)ノ」

今のところ私が抱いてる夜空像というのは、「女の子になりきれなかった女の子」です。
タカとの思い出の中の彼女は少年そのものですよね。
家庭科のエピソードから読み取れるのは、女子社会への入り方を理解できてないということ。
水着ひとつとっても、肌を見せたがらないのは羞恥というより自分の性に否定的なのかもしれません。
ひょっとしたらタカとの約束をすっぽかしたのも、「大事な話がある」と言われて、自分が女の子であることを見破ったタカに告白されてしまうかも、という怖れからだったのかな、なんて想像をしてしまいます。
そのあたりが全然語られないものだからもやもやしますねー。もっと夜空を見せて!
  拍手する

にくきゅうヘアピン可愛い

■WORKING'!!
9品目 「愛はこんなにグローバル」

携帯ショップの店員から「可愛いカップルでしたね」と言われてましたね。
さとやちはあの一見兄妹にも見える外見とか、八千代が佐藤さんに頼りきってる姿などが本当に可愛らしい。

「そうだ八千代、材料の補充注文なんだが………ところで轟さん、今日は天気がいいですね
一瞬にして状況を把握する佐藤さんすげー!
「私の初めてできたお友達なのっ。大事な大事なお友達なのよっ!」
「ねえ佐藤くん、私たちお友達よねっ」

八千代さんったら罪な人。
相馬さんは相変わらず性格が悪いけど、結局私たちも相馬さんの視点で楽しんでるんですよね。


■Fate/Zero
第十話 「凛の冒険」

雁夜が哀れです。
彼が純粋に桜という少女のためだけに戦っているのならばいい。
もし勝利すればその想いは報われるでしょう。
だけどもし、彼の動機が「葵の娘だから」だとしたらとんだ勘違いです。
彼女は魔術師の妻なのです。自分の娘を間桐に差し出して、その後も変わらぬ笑顔を夫に向けていられる女性なのです。(たとえ間桐家でどんな仕打ちに遭ってるかを知らないにせよ)
遠坂時臣だけではない。遠坂家そのものが、雁夜という人間とは相容れない価値観のもとに存在してることに、彼は気づいているのでしょうか?


■ラストエグザイル-銀翼のファム-
#08 「Distraction」

見応えのある空戦でした。
最近見始めたばかりなのでよく理解できないのですが、最後のジゼルの涙は純粋な安堵と喜びからくるものだったんでしょうか? それとも無力感?
どうも前者ではないような印象を悠木さんの演技から感じ取ったのですが。


■THE IDOLM@STER
表情の表現と絵柄はこのアニメが一番好きです。
お気に入り回はあずささんのドタバタ回。
お気に入りシーンは雪歩の誕生日を祝われたとき。
お気に入りキャラは貴音さん。
  拍手する

星奈を見てるとどうしても桐乃を思い出します

■たまゆら~hitotose~
第9話 「ももねこさまの憂鬱、なので」「失恋カメラ、なので」

ARIA社長と藍華ちゃんってば。。

■僕は友達が少ない
第9話 「理事長は追想が切ない(-_-)」

理事長に父親を「クズ」と言われて一気に沸点に達する小鷹がちょっと意外でした。
母親から受け継いだ髪の件といい、家族思いなんですね。
でも理事長の「クズ」には友情がこめられているのでそんなムキになることもないと思います。むしろそういった男の友情がわからない小鷹を表現したかったのかな。男友達いませんものね。

アニメでは削られてしまいましたが、星奈から貸してもらったギャルゲーで、ヒロインを誰も攻略せずに親友ENDになったにもかかわらず、友達と友情を育めたと満足した経緯があります。
小鷹が今求めているのは男友達であって彼女ではないんですよね。だから理科のように冗談で迫ってくる子には安心して接するし、星奈とのフラグが立ちそうになっても全力でスルーします。優しさからではなく。

小鷹が部活休みとなったとたん静かに過ごす隣人部。このメンバーは一人残らず小鷹目当てで集まってるようなものですからね。隣人部のメンバーの中で積極的に交流しようとしてるのは星奈→小鳩の一組(それも一方通行)くらいです。小鷹がいないと本当に集まる意味がない。

そういえば夜空ってば、小鷹のことは「タカ」って登録してるんですね。そして夕暮れの公園であの約束のジャングルジムのそばにたたずむ姿。あからさますぎる。
どうしてあの日、夜空は約束をすっぽかしたんでしょう。やむをえない事情があったと思いたいけど、彼女の性格からすると、怖気づいた可能性もなくはないんですよねー………。
  拍手する

星奈の水着、身体に合ってませんよね?

20111128.jpg

■WORKING'!!
8品目 「嗚呼、妹よ」

今までで一番テンポがよかったんじゃないでしょうか。笑わせていただきました。
小鳥遊くんの壊れっぷりよりも、むしろ周りの反応が可笑しかった。
特に佐藤くんの突っ込みが冴え渡っていたなぁ。
でも「妹になってください」→「断る」あたりのぽぷらは原作のほうが好きかも。

相×山は今のところ、相馬さんの保護者成分が多くていい雰囲気にはならないんですが、種は蒔かれてる感じですね。基本この二人は兄妹以上にはならない印象ですが、現時点ではそこにも届いてないのでもっと進展したところが見てみたい。

山田が幸せを連呼してましたが、たしかにあれだけ役立たずで傍迷惑な子が、叱られることはあっても邪険にはされずに和気藹々とやってるのですから、彼女にとっては最高の環境でしょうね。できればいつまでもいてほしいものですが。

山田くん(仮)は面と向かって「うっとうしい」と言われても動じないのだから、案外大物なのかもしれませんね。


■たまゆら~hitotose~
第8話 「かわらない人かわりゆく時、なので」

尊敬する人の変化に、驚きや喜びではなく不安を覚える気持ち、なんとなくわかります。まして楓にとっては道標のような存在ですものね。
今回出会った人たちの選択は、いわゆる挫折とは違います。ある種の寂しさはあれど、肯定的に受け止めることができる。楓は良い出会いをしましたね。

マエストロはひょっとしたら女の子の撮った写真はみんな好きだと言うんじゃないかと。


■僕は友達が少ない
第8話 「スクール水着は出番がないヽ(^o^)/」

なんて後味の悪い結末(笑
でも拗ねて帰ったのではなく、体調が優れなかったがためですからね。夜空一人ではなく理科も一緒ですし。直接伝えなかったのもあるいは彼女たちなりの気遣いだったのかもしれませんし。
でもあの状況で残った者が楽しくやれるはずもなく。

夜空を見送った後の「まだ、変わってないのかな」は夜空のことを指してるのかなと一瞬思いましたが、その前のシーンとの繋がりからすると、単に小鷹本人の環境を指した言葉のようですね。
小鷹の残念さって結局自分にしか興味が向いてないのが原因な気がします。

幸村が小鷹を慕っているのはかなり誤解が混じってるためなのですが、はたしてその誤解が解けたとき、幸村はなんと思うのでしょうね。


■Fate/Zero
第八~九話

結局のところ切嗣は、後ろめたさからではなく、セイバーを対話が無意味な、価値観を共有できない相手として無視し続けているだけなのでしょうか?
だとしたら興醒めなのですが。

たしかに前回、ケイネスに意識が残っていれば切嗣とセイバーの聖杯戦争は終わっていたでしょう。しかし切嗣の言い分が一方的に正しいとも思いません。
セイバーはセイバーで、ランサーが助っ人に入らなければ左手一本の自分はキャスターに押しつぶされたかもしれないという思いがある。それはそれで屈辱にまみれた聖杯戦争の終わりです。なればこそ彼女には、たとえ危機を予測できたとしてもランサーを見逃すだけの理由があるのです。
自分が助けられておきながら、相手の危機には立ちはだかるなど、そんな振る舞いの末に得た願いに意味はないと彼女は考えるでしょう。
どちらが正しい正しくないではなく、つまりは価値観の違いなのです。

この二つの価値観の隔絶は容易に埋められないでしょう。だからといって対話を捨ててしまうのはあまりに幼稚にすぎる気がします。信頼関係の瓦解は肝心な場面での失敗に繋がる。
セイバーを相手サーヴァントの足止めくらいにしか考えていない切嗣は、自分のやり方を過信している。現時点ではそうとしか受け取れません。
  拍手する

目玉焼きヘアピンはどうかと思ったけど、見慣れると可愛いかも

■WORKING'!!
6品目 「就任、解任、もう堪忍」

松本さんのおかげでこのお店回ってるんじゃないのかな。

「そうよね。あんなに健気に想っているのに、どうしてまひるちゃんの気持ちに気づいてあげられないのかしら。ねぇ佐藤くん?」
「ソウデスネ」
「ちょっと、人の気持ちに鈍感なのかしら」
ソウデスネ
「気づいてあげてほしいわよねぇ」
「ソウデスネ」

佐藤さんの静かな抗議も虚しく(笑

相馬さんに迫ってこられた(小鳥遊が押した)ときの伊波さんの表情、可愛かったー。

「ならば山田が一肌脱ぎましょう!」
「ややこしくなるからダメぇ!」

とうとうぽぷらにまで見放された山田(笑

女の涙は卑怯だなぁ(笑
もちろん伊波さんがそんな打算の上で泣いたんじゃないことはわかってるけど。
小鳥遊くんが振り向いたとき、ギャグ顔で泣いてることも、よい中和作用をもたらしてますよね。


■たまゆら~hitotose~
第7話 「竹灯りの約束、なので」

昌子さんの過去が気になりました。
あえて語られることなく断片だけ見せられると色々と想像されます。
お祭りというのは本来の目的以外にも、様々な人の想いが託されて成り立っているところが好きだなぁ。
もちろん楓も例外ではなく。

■僕は友達が少ない
第7話 「携帯電話は着信が少ない_| ̄|○ 」

隣人部の面々で、「残念さ」がキャラの魅力に直結してるのって小鳩くらいじゃないでしょうか。次点で理科と幸村。夜空はこの先マイナス要因になっていくのが目に見えているし、星奈の可愛さは残念さと全然関係ないところにあるし。
小鷹は残念な人だから友達ができないのではなく、友達ができなかったから残念さに拍車がかかったという感じなのかな?

■Fate/Zero
第七話 「魔境の森」

EDのMEMORIAって、ひょっとしてアイリの歌なんでしょうか。

切嗣のセイバーに対するあの頑なさは何なのでしょうね。
あれで「あなたのマスターを信じて」と言われても。


■境界線上のホライゾン
これはひょっとしてファイブスターストーリーズの系統を引く物語なのかな?

■輪るピングドラム
一時期お話の繋がりが見えなくて脱落しかけたのですが、苹果の姉・桃果の回想が語られるようになってからまた面白くなってきました。

■ラストエグザイル-銀翼のファム-
最近観始めました。最初から観ておけばよかったと後悔。
  拍手する

ホントあんな魚が実在するんですか。

■WORKING'!!
5品目 「ワグナリアの巨大な胃袋」

小鳥遊くんの変人ぶりが発揮された回でした。基本彼は小さいものが好きなだけで害はない人なんですが、それにしたってちょっと気持ち悪い(笑
あの幼女、年齢のわりに気の遣えるできた子供なんですよね。まあ目の前で飢え死にしそうな顔されたら子供でも気がとがめるでしょうけれど。二期の間に再登場してくれるでしょうか?

「小さい子は何もできないからかまってあげないと……」
「そんなっ! 山田だって何もできませんよ!」

ワグナリアは寛大なお店だなぁ(笑

店長は色々破綻した人ですが、決して悪い人ではないんですよね。仲間意識は強くて、守るものは守ってくれますから。八千代さんをはじめ、舎弟二人が慕うのもそのためでしょう。
でも身近にいると迷惑な人だなぁ。上司にはしたくないタイプです(笑

ラジオYAMAKING'!!第三回は相馬さん役の神谷さんがゲストでした。
神谷さんが言ってましたが、EDの相馬って無駄に目立ってますよね。タンバリンのシーンはもちろん、その他のシーンでもぬるーっと移動したり、なぜかセンターにいたり。


■僕は友達が少ない
第5話 「今度はSAGAがガチな戦いヽ(`Д´)ノ」

理科は色々アレなコですが、実は部内で一番の大人かもしれませんね。

マリアの脱落を見ていてROを思い出しました。ネットゲームで狩りをしていると、仲間が戦闘中に寝落ちることもままあったので(笑


■Fate/Zero
第六話 「謀略の夜」

ケイネスくんが一所懸命用意した罠をビルごと粉砕(笑
相手の流儀に付き合ってやる義理はないとばかりに。たしかに合理的です。でもなんか色々と台無しです切嗣さん。もしこれが切嗣を主人公とした痛快活劇ならもうランサー陣営は全滅してますね。Fateは基本群像劇なのできっと生きてることでしょうが。
しかしこれはセイバーの好むところではありません。なるほど、セイバーと別行動をとっているのは作戦上の必要からですが、お互いのためにもいいのかもしれませんね。
  拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。