スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

FLAG 11.0 「SHOW ME」

今ほしいのはベストエンドじゃなくスピードエンドなんだ!
と考える桂馬に対しちひろが突きつけたのは
「本気で歩美を好きになれ!」
という要求でした。
ウソで塗り固めた桂馬の攻略にNOを出したのです。

親友が騙されたまま落とされるのがガマンならなかったというのが表の理由であり、おそらくは、自分が振られた理由の結末がこんなバカ芝居だと思うとやりきれなかったというのが本当のところなのではないかと思います。

彼女の要求を桂馬は呑みました。
それはたぶん、桂馬なりの誠意だったのではないかと。
自分が傷つけてしまった、にもかかわらず協力してくれて、自分の妥協の末の攻略を戒めてくれている彼女への。

ただし、本音でぶつかれというちひろの思いとはうらはらに、桂馬の出した答えは本気でぶつかるというものでした。
本音でぶつかれというのは人間に落ちろと同義です。
しかし桂馬はあくまで神として全力で攻略することを選びました。スピードエンドではなくベストエンド目指す。桂馬の本気とはゲーマーの本気なのです。彼はそこだけは譲らなかった。


「すみませんねぇ……。私が間の悪い告白して」
ちひろは自分も攻略対象になっていたことを知りません。ちひろ視点だと「邪魔した」ことになってるんですね。そしてこの認識は最後まで改められることはありません。
「桂木はなんで私とデートしたのさ?」
それは彼女が知ってはならない真実なのです。


「桂木が失敗したらどーなんの?」
「失敗? そんなの許さないわ!」

いい返しですね。
覚悟の程が視聴者にうかがえ、ちひろには深刻さが伝わる。

「歩美、おまえはボクにとって…最初のヒロインで……そして…最後のヒロインだ!」
つまり中間のヒロインがいたんですよ歩美さん。

「バカだねー。歩美も」
「……私も」

この後半部分を歩美が聞いて怒りを爆発させる。これはアニメ独自の演出ですね。原作だとこれが歩美に聞こえたかどうかは読者の判断に委ねられています。
原作が読者の判断に委ねたところを、アニメがひとつの解釈を選び取って視聴者に見せるのはおもしろい試みですね。お見舞い回でちひろに電話する直前の謝罪もそうですけど。
スポンサーサイト
  拍手する

最近の神のみぞ知るセカイ女神篇

FLAG 7.0 「Bad Medicine」

今回の最大の変更点は、ちひろに電話する直前の桂馬のセリフの扱いだと思います。原作ではカギカッコつきで示された「演技のリハーサル」でしかなかったセリフが、まるで桂馬の心からの謝罪に聞こえました。
前者ならばちひろを攻略するうえでのフォローでしかありません。しかし後者なら、攻略上ちひろの告白に聞こえないフリをしたことへの謝罪ということになります。
これは原作の女神篇の結末を踏まえての変更じゃないかと思います。でもこの時点で桂馬にここまでちひろに思い入れさせてしまうのはやりすぎじゃないかな。ちひろの存在が桂馬の中で大きな意味を持ってしまったのはあくまでW攻略の後半、彼女を傷つけたことへの後悔が理由なのですから。

桂馬の「誰も来ないよ」に対する歩美の「ウソ、来るよ」は誰を想定したものだったんでしょうね。順当ならば噂になってるかのんちゃんだけど、ちひろが桂木邸を訪れたことに驚くよりも怒りが勝ってましたからね。


FLAG 8.0 「めがみみっくす」

ここまでのちひろ再攻略で桂馬は攻略らしい攻略をほとんどしてません。原作では一緒のゴミ捨てさえ智将歩美の企てだったし。
これをアニメで桂馬の行動としたのは、尺の都合もあったんでしょうけど、桂馬の能動としたかったのもあるんじゃないでしょうか。
でもここの桂馬は女の子に振り回されるだけでいいと思うんですけどね。攻略してるつもりが、できてなかった。その事実に読者も一緒に愕然とするのがこのW攻略ですよ。

素直になったちひろが可愛すぎて困ります。
ちょっと憎まれ口をききながらも、桂馬を受け入れる気満々です。


FLAG 9.0 「Absent Lovers」

「桂木…やさしくしてよ…。わ、私……初めてだからね……」


ちひろ7

この状況で「初めて」が「キス」だと解釈する桂馬は健全ですね。

冗談はともかく。
落し神が狂ってしまった、作品上最大の出来事ですね。
何をすればいいのかはわかっていた。ちひろの傷も浅く済み、スムーズに歩美攻略に移行できるコペルニクス的展開が頭の中にあった。
それなのに、想定にないちひろの恋情に、桂馬は突き放さざるをえなかった。
神が地に足をつけた瞬間です。

ディアナ→桂馬は、アニメオンリーの人には決定的にエピソードが足りてませんよね。女神篇が始まった時点でもうディアナには桂馬への信頼が育ってますし。このへんはどうしようもないけど。


FLAG 10.0 「ラビリンス」

胸囲の格差社会c
胸囲の格差社会。
肩ひもって残酷ですね。

話を尺に収めるためにいろいろ再構成されてましたね。
ハクアの拷問と救出が省略されたのも一応納得です。
ただ、歩美とメルクリウスの問答がまで省略されたのは残念でした。
ちひろの視線に怯え、後ろめたさを感じていた自分。それはちひろへの友情からではなく、ずっと桂木のことを考えていたからだと彼女が気づく重要な過程でした。

ハクアが成績で他を圧倒して証の鎌を手にした、とありますが、そうか、アニメではフィなんとかさんがいないからこのセリフが矛盾しないんですね。はっ、まさかこのためにフィなんとかさんは消されたんでしょうか!?
  拍手する

神のみぞ知るセカイ 女神篇 FLAG 3.0 「5 HOME」

ゲーム理論を振りかざす桂馬に的確なツッコミを浴びせるハクアが心地よいですね。
エルシィに欠けているのはツッコミだったんですよ!

月夜と会えたときの桂馬の後ろにどうして傘が転がっているのかと思ったら、桂馬が直前まで差していた傘ですね。
なぜ傘を手放したのか。
雨に濡れてまで月夜を待っていた、と印象付けるため?
芸が細かいなぁ。

歩美はもうすっごくわかりやすいヤキモチやきさんなので、見ていて微笑ましいというか。

ちひろ攻略中の桂馬って、変につくってる感じがしなくて好きです。自然体というか。
ちひろの曲を聴いたときも、無理に褒めたというより素直に感心したという印象を受けます。

小説朗読中の栞の声が花澤さんすぎる。

結に迫られてるときの桂馬ってちょっと斑目っぽくないですか?
  拍手する

神のみぞ知るセカイ 女神篇 FLAG 2.0 「スクランブルフォーメーション」

今まで「死にたくないから仕方なく」女の子を攻略していた桂馬が、ここからは女の子の命を救うため能動的に動き出します。
この先、地獄からのサポートは受けられません。
信頼できるエルシィ・ハクア・天理だけが味方となります。
時間もないから、女の子側にバレるとキケンな同時攻略を余儀なくされ、都合よく記憶が消されることもない、後戻りのきかない再攻略に乗り出すこととなるのです。
一~二期までの攻略とはわけが違う!

「桂木さんには、何か考えがあるのですね」
ディアナの桂馬にたいする信頼がうかがえますね。
もうこの頃には桂馬に好意を寄せ始めていたんだろうなぁ………。

「天理、もう帰れ。ディアナを外に出させるなよ」
「うん」

あえて強調されなかったけど、あの状況において天理の素直さは特筆すべきものがあります。
分をわきまえてるのでしょう。この件に関して自分にできることはないと理解したうえで、時間のない桂馬に一切の負担をかけさせまいと素直にうなずく彼女はもう桂馬の嫁。

かのんに変装したエルシィ=えるのん
マンガでは区別のため黒髪にされていましたけど、アニメで色つきで見ると違和感が半端ない。。

桂馬の仮説は、世界中に散らばる駆け魂つきの女の子の中で、自分の攻略対象の中に二人も女神つきがいたことが偶然であるはずがない、という前提のもとに成り立っています。理屈は通っていますが、あくまで推論に過ぎず、それを証明するものはいまだありません。しかし一週間という限られた時間の中で他の女神を探し出すためには、これにかけるしかないのです。

わっかりやすくヤキモチ焼いてる歩美とちひろが可愛くて仕方ありません。

尺の都合もあってか、長瀬先生との再会がカットされてしまいました(泣
でもそれ以上に、みなみ・長瀬との再会でダメージ受けて落ち込んでる桂馬と、それを見て桂馬を気遣うハクアのシーンが見られなかったのが残念。巻き込まれただけのハクアが桂馬に心を近づけていくうえで、ここは外せないシーンだと思っていたのですけど。
  拍手する

神のみぞ知るセカイ 女神篇 FLAG 1.0 「When the Sun Goes Down」

アニメ神のみは、第一期二期と三期の間にすっ飛ばした部分があるので、アニメだけ見てる人には戸惑われることもあるのではないでしょうか。
もしアニメを見て興味をもたれた方はぜひ原作を。
天理編は神のみの最大の転換点です。
月夜編はとても刹那的に美しい恋物語でした。
結編はマンガとしてとても面白くできています。
個人的には檜編もオススメですが、あれはちょっと人を選ぶかもしれません。長瀬編に心を動かされた人ならばきっと心に沁みるはずです。

女神編はヒロインたちの記憶がひとつの鍵になります。
今まで、攻略した女の子の記憶は地獄によって消去されてきました。だからこそ桂馬は攻略として割り切ってこられたわけです。ですが、女神によって補完された女の子には桂馬の記憶が残っている。
よって、彼女達の中に桂馬への好意はすでにあるのです。ただし、桂馬がなぜ自分から離れたかに疑問を抱いている。ヒロインによっては裏切られたと感じています。だから、桂馬は彼女たちを再度攻略するというより、絆を取り戻すことから始めなくてはならないのです。

女神は女の子の体に宿っています。よって女神つきのヒロインは声優さんが一人二役を務めることになります。
東山さんのアポロはあっけらかんとした雰囲気がよく出ていましたね。



「私、フラれたんだっけ。桂馬君とは、関係ないんだ………」
から「らぶこーる」に繋げられるとじーんときますね………。
  拍手する

最近神のみの感想を書いてませんが

twitterのアカウントのほうでは水曜につぶやいてます。
ユピテル編に入ってからは設定話が多いので、どうしても「感想」って感じじゃなくて。
でもどろ子(仮)が安定してからはキャラに愛着もでてきて次回が楽しみに。

ちひろ3
  拍手する

ユピテル編 これまでのまとめ

天理だけがなぜか訳知り顔な理由ですが、今から桂馬が10年前に旅をするわけですから、「高校生の桂馬」が「小学生の天理」と出会っていたとしたらどうでしょう。これだったら7巻にそのエピソードがないのも説明がつきますね。

学校を瘴気が覆ってるってことで、新章からいきなりピンチか?と思わされましたが、どうやらこれは桂馬を害する種類のものではなさそうですね。桂馬に語りかけた声や、天理の反応を見る限り。たんに地獄の術だからってことなんでしょうか。
今までの流れを見る限り、あの術が伝えたかったことというのは、どの歴史(ルート)をたどっても最後はあの荒廃した未来に行き着くよってことなのかな?
その上で桂馬を10年前に送ったってことは、そこで桂馬に何かさせたいことがあるか、見せたいものがあるか、ですよね。
でもあそこ(10年前)で特に何かをしなくても、今の歴史にはたどり着いたように思います。幼い天理は幼い桂馬の強さに恋をしたし、ディアナに助けられるのも必然だった。
なのに過去へ送られたってことは、今の歴史ではダメだってことですよね。そこで何かを変えるか、何かを得てこなくては幸せな未来が訪れない。
桂馬に何をさせたいかまではわかりませんが、一応これが新章始まってから今までの流れなのかな、と。
  拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。