スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

そこのアンチスキル、銃を撃つときは目を開けなさい(笑

とある科学の超電磁砲 #24 Dear My Friend

本当に怖い敵というものは、上手に立ち回って自らの正体を隠すことに腐心し、決してこちらを侮らず、備えを怠らず、静かに罠を張る。
序盤のテレスティーナがまさにそうでしたが、彼女は仮面を途中で放棄してしまった。そこからの彼女にはまったく恐怖を感じません。ただ不快感を撒き散らすだけの小悪党に成り下がってしまった。

テレスティーナはずいぶんと馬鹿げた行動にでましたね。
公道を破壊しながらの強襲など人目につくどころの騒ぎではありません。明らかにレスキューや研究所所長の権限を超えています。アンチスキルに上からの圧力がかかったそうですからそれについても対策は施してあったのでしょうが、そもそもそんな行動にでる必要がありません。美琴たちにかぎつけられたフリをして、キャパシティダウンを随所に配置した研究所に誘い込むのがもっとも確実な方法です。
第一、美琴たちの排除は、テレスティーナが目指す能力体結晶の完成、その目的を達成するための手段でしかないはずなのに、いつのまにか美琴たちの打倒こそが目的になってしまっています。少なくとも私の目にはそう映りました。

この破綻した行動の理由をあえて求めるなら、それは彼女の歪んだ人生観の表れということになるのでしょうね。
本性を現したあとの彼女は何かにつけてすべてを否定しています。部下を事あるごとに無能と罵り、"尊敬するおじいさま"すら否定し、学園都市の学生をモルモットと蔑み、とりわけ高位能力者である美琴には粘着質な執着をもって対策を施し、能力をコピーしてまでその価値を否定してかかります。
美琴が「どんだけ自分を哀れんだらそこまで逆恨みできんのよ」と切り捨てましたがまさにそれこそが正解で、おそらく彼女は自分自身がかわいそうなモルモットであることを否定するのに必死だったのでしょうね。尊敬するおじいさまに実験動物扱いされたことで彼女のすべてが歪んでしまった。周りの全ての価値を貶め、自らの手で能力体結晶を完成させることで彼女は自分を保とうとした。自分が犠牲やモルモットであった事実を全力で否定しようとした。
そう考えれば彼女の破綻した行動にも説明がつくのです。

まあテレスティーナ談義はこのくらいにして。


「………せんせい。どうして、目の下にクマがあるの?」
泣くでしょう!
人としてっ!
木山せんせいはあの日からずっと、枝先たちを起こすための研究に明け暮れて、ゆっくり休むこともなかったんでしょうね………。
ラストシーンではせんせいも入院していましたが、長年の無理がたたったのかな。
レベルアッパーの件がありますからすぐに枝先たちを引き取ってみんな仲良く、とはいかないでしょうけれど、幸せになるといいですね。
ラストのお誕生日おめでとうは覚醒から数日経ってからのもの。事情を知ってもなお、子供たちがせんせいを恨んでいないことの証明だと思っています。本当にロマンチックな演出でした。

テレスティーナに話しかける体を装って佐天さんに指示をだした、初春-佐天さんの友情コンボは見事でした。助けに飛び出したい気持ちを抑えて制御室に向かう佐天さんが素敵。
「初春、重っ」
禍根を残しそうな一言もありましたが(笑

「黒子ぉぉぉ!」
「お姉さま!」

これだけで通じてしまう信頼関係はもはやパートナーと言って差し支えないと思うのですが(笑

「白井さんが逃げだした後も、私たった一人で並み居る敵をちぎっては投げ、あ、ちぎっては投げ~♪」
「まあ、では噂の大規模ポルターガイストを食い止めたのは」
「婚后さんだったのですね!」

おーい(笑
でもいいか。彼女にはこれくらいのご褒美あっても。
エアロハンドかっこよかったですよ。コンテナがヘリをなぎ倒すシーンは実にシュールでした。

登場人物のほとんどに見せ場が用意されたいい最終回でしたね。
2クール楽しませていただきました。ありがとうございます。


Fate雑記さま、杏里の捕捉ありがとうございました
スポンサーサイト
  拍手する

婚后さんはやればできる子!

活躍シーンはカットされちゃいましたけどね(笑
おそらく最初で最後の活躍シーンが。。

とある科学の超電磁砲 #23 いま、あなたの目には何が見えていますか?

孫でしたか。
しかし春上さんをも連れ去ったということは、やはり彼女には利用価値があるのですね。あの枝先限定のテレパスがポルターガイスト現象を出現させるうえでの制御装置となるのかな? しかしテレスティーナの目的は能力体結晶の完成にあるはず。それに春上さんの特殊性がどうかかわってくるのかがいまいち謎です。
一気に小物臭を漂わせ始めたテレスティーナですが、もう少し深い闇がありそうな予感。彼女自身が最初の被験者だったということが鍵になるかな? 実の孫を実験動物にするとはさすが木原幻生。いったいどういう経緯でそうなったのか興味がわきます。

前回の幻生の説明によれば、能力体結晶を抽出するためにテレスティーナは一度暴走能力者にされているはずですが、なぜその彼女がキャパシティダウンの影響下で平気な顔してるんでしょうね?
一度能力者となったからにはこの装置の影響を受けるはずです。「能力開発」というものが具体的にどんな行為なのか知りませんが、ひょっとして元に戻せるものなんでしょうか?

レベルアッパー編でもそうでしたが、木山せんせいと初春のコンビにはなぜか惹かれるものがあります。
自らの手で救いたかった。枝先たちを。春上さんを。
それはエゴです。それが叶わなかったからといって足を止めてしまうのは弱さです。
最近鬱屈気味でしたが、初春は本来こういう人に光を与える花のような女の子なのです。
木山せんせいは強い精神力の持ち主である一方、頭が良すぎるせいで立ち止まってしまうこともありますから、そこに光を射してくれる初春とはいいコンビですね。

しかしどうしてテレスティーナはあそこで馬脚を現してしまったんでしょうね?
木山せんせいから資料を受け取り、ぜひ役立たせていただきますとにっこり笑って二人を帰すのが最良の選択だったはずです。
だってこれはレースなのですから。
テレスティーナが枝先たちを犠牲にして能力体結晶を完成させるのが先か、美琴たちがテレスティーナの正体を突き止めて追い詰めるのが先か。
それなのに自ら正体を晒して手の内まで明かして、掛け金をつりあげてしまった。

佐天さんと固法先輩はみんなのお母さん。
佐天さんはすっかり精神面でのサポート役に回っていますね。
とりあえず危ないから金属バットは仕舞いなさい(笑


Fate雑記さま、電子伝達係さま、笙子の捕捉ありがとうございました。
  拍手する

ホントにどんな夢みてんのさ黒子………。

とある科学の超電磁砲 #22 レベル6(神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くもの)


あー、そういうことかぁ。
ポルターガイスト現象と春上さんがリンクしている理由がようやく判明しました。ただ声を受け取っていただけなんですね。
前回疑問だった「約束」についても、枝先が施設を一度移っていたことで解決しました。
………あれ?
ではポルターガイスト現象の発現地域と春上さんの居場所が一致していたのはどういう理由からなんでしょう? やはり彼女がアンテナとして暴走能力発現の中継点となっていたから?

それにポルターガイスト現象そのものに関わりがないなら、テレスティーナさんがなぜ春上さんに目をつけていたのかがわからなくなりますね。
あえて推測するなら、テレスティーナさんはポルターガイスト現象の原因をおおよそ把握していて、枝先らの行方を捜していた。そこへ地震とリンクして様子のおかしくなる子供=春上さんの噂を聞きつけた。以前春上さんが「またみんなに嫌われる」と呟いていましたが、あれはひょっとしたらそんな彼女の様子を周囲の人間が怪しんだことを指しているのかもしれません。春上さんの素性を調べれば、枝先との繋がりや、あの特殊なテレパスの送信元も判明するでしょうから。

テレスティーナさんは、視聴者として見る分には怪しいことこの上ないのですが、公平に判断してまったく非のない人物ですよね。立場的にも彼女が枝先たちを保護するのは当然だし、暴走をもいとわないと言い切った木山先生よりも、彼女たちの手に委ねたほうが安全に目覚めさせられる可能性が高い。(ただし現時点でワクチンソフトを作る最適任者が木山先生である事実は動きません)
でもあまりにも筋が通り過ぎているんです。物語の登場人物として怪しすぎる(笑
あえて疑うなら、彼女自身も研究畑の人間だという点でしょうか。これで実は木原幻生の孫だったとか教え子だったとか部下だったとかいう新事実が浮上すれば納得できるんですが。
美琴たちのことだって、いいように利用してますしね。木山先生保釈の件だって、本来なら美琴たちに話す必要なんてなかったはずです。

木山先生はやはり教え子たちのために動いていましたね。先生、私は信じてたよっ!
カエル先生の力も借りて、いよいよ子供たちを目覚めさせられる手前まできたところで行き詰っていましたが。ツリーダイアグラムなしでようやくそこまできたというのに。
鍵となった「ファーストサンプル」の件ですが、これもテレスティーナさんが過去に木原幻生と繋がりがあれば一気に解決しそうな気がしますね。

佐天さんはレベルアッパー事件の被害者であるのですが、テレスティーナさんとの会話シーンを見る限り、木山先生に含むところは何もないようですね。あくまで公平に木山先生の目的と行動を評価しています。
これはおそらく、あの事件の責任を彼女に求めず、あくまで自分の心の弱さにあると思っているからでしょう。本当にいい子です。惚れ直すぜ。

初春の能力がやっとわかりましたね。
なんというか、とても彼女らしい心温まる能力でした。ささやかで、それでいて人を想う気持ちに満ちた。
今は行き違いから黒子と気まずくなってしまいましたが、いずれ和解できると信じてます。
  拍手する

婚后さんがそろそろ不憫になってきました

お仕事が忙しいのと、本格的な花粉シーズン到来でDOWNしてました。

とある科学の超電磁砲 #21 「声」


黒子は原因を突き止めたいのであって、犯人探しをしたいわけではない。
それなのに、初春自ら「犯人」という言葉を使ってことを荒立てている。
そんな言葉を使っているのは彼女ただ一人だというのに。

初春の行動がやや不自然に映りますが、その理由はここ数話で示されていますね。
ようは動物の母親が妊娠中や子育て中に気性が荒くなるのと同じです。今まで人に助けられ守られてきた(と本人が思ってる)ところの初春が、初めて人を守る立場に立った。春上さんを守ろうと気負いすぎているのです。

まあ春上さんの様子を尋ねるときの黒子の上から問い詰めるような態度も一因ではあったと思いますけどね。こういうのを見ると、相手を刺激しない話のもっていきかたがいかに大事かわかります。黒子はよくできた子ですが、こういうところはまだ余裕に欠けますね。
とはいえ、テレスティーナさんのような老練な話術を身につけられても、それはそれでいやな気がしますが(笑


春上さんの能力の特殊さ。
どれだけ離れててもりっちゃん枝先の声だけは聞こえるって、どれだけ愛が深いんですか。
これは木山先生に強力なライバル出現だなぁと同人的思考で焦ってみる。

同じチャイルドエラーであったことから、おそらく枝先とは同じ施設で育ったと考えられます。施設の子供=木山せんせいの生徒というわけではないので、春上さんが長い昏睡から目覚めたばかり、という推測ははずれかな?
あの子供っぽさはそれで説明がつくと思いましたが、たんに生来のものということでしょうか。ごはんの食べ方とかとても幼いのでてっきり。ゲームセンター初体験っぽいのも、お小遣いすら満足にもらえてない身の上だから、で説明がつきますしね。枝先が「週二回のシャワーだけ」と言ってたことからもそれは推測できます。

ただ、別れ際に約束した、という春上さんの言葉がひっかかります。
あの暴走誘爆実験の過程をみても、そんな余裕が枝先にあったとは思えません。それはいつ交わされたものなのでしょうか?
ひょっとしたら、昏睡状態にありながらも、枝先の意識は深部で覚醒してるんでしょうか?
だとしたら不憫どころの騒ぎではないのですが。

受信専用の春上さんがなぜポルターガイスト現象のスイッチになれるのかがいまいちよくわかりません。彼女が一種のアンテナになってることは間違いないでしょうけれど。それは明日の放送で説明されるかな?
いよいよ木山先生再登場のようで楽しみです。
私は先生を信じています。
  拍手する

そろそろ「私を○○と知っての狼藉ですの?」は負けフラグと認定されていいんじゃないかな

最近、超電磁砲とデュラララ!の放送時間が5分ほどかぶっていたので、超電磁砲の予告が見られなかったのですが、今週はずれてくれてよかった。。

とある科学の超電磁砲 #20 乱雑開放

■地震

最近の地震の原因、RSPK症候群の同時多発という説明がなされましたけど、これがよくわからない。いえ、原理としては理解できるんですけど、同時多発ということは、一時的に自立を失った能力者がその周辺に相当数いたってことですか? しかもその瞬間だけ? 地震を起こせるほどの人数が?
それってどういう事態ですか?
光景として想像がつかないんですが。。
美琴も固法先輩もそこがひっかかったみたいですね。

例によって噂オカルト好きの佐天さんが一人ではしゃいでる姿と、講師の先生方が冷静に生徒をたしなめるよう注意を促している姿がクロスしてて笑えました。あー、こういう生徒に注意すればいいんですね(笑

AIM拡散力場を利用することによって能力者同士を繋ぐというのはレベルアッパー編ですでに学習済みですね。ただ、それに外部から干渉するというのはどういう行為でしょうね。
つまるところ、自然には繋がるはずのないくらい点在する一時的に自立を失った能力者を、AIM拡散力場に干渉することによって無理矢理繋げた、ということなのでしょうか?
そのキーとなるのが春上さん?

■新キャラ・春上衿衣

モグラも叩けぬ心優しい少女・春上さん。
花澤香菜さんはこういう見た目大人しそうな不思議少女が板についてきました。
CLANNADのことみちゃんもそうでしたが、「なの」はむやみに連発すると違和感覚えますね。
で、この春上さん、メガネ先生の回にもちょっと出てきてたので見返してみたのですが、あのペンダントに入ってる写真、どう見てもりっちゃん枝先です。
………あれ? どういうこと?
ひょっとして木山先生の生徒なの?
慌てて「木山せんせい」の回を見返してみました。うーん。たしかにそれっぽい髪の生徒がいるんですよね。ツインテールだけど、色が同じだし、前髪そろってるし。ただちょっと顔が地味かな。ちなみに一言もしゃべってません。
春上さんのやたら子供っぽい不自然さも、長期間昏睡していたと考えれば辻褄が合うし。。
でもやっぱり顔つきの違いがひっかかる。
再登場した木山先生が胸元を押さえていたのも気にかかります。まるでそこにペンダントかなにかを下げているような仕草でした。

■今週の佐天さんと初春

「佐天さん、冗談でも、春上さんのスカート、めくったりしないでくださいね?」
「え? なんであたしがそんなことするの?」
「あ、あれ………、え、だってー………。え~~~?」

佐天さんの愛を見た☆


………で、困ったことがひとつ。
2/28の超電磁砲オンリーに向けて描いていたマンガ、木山先生と枝先の話だったんですよね。学園都市と取引して子供たちを取り戻した先生が、ただ一人養子縁組に乗り気でない枝先と、二人幸せに暮らしました、めたしめでたし、みたいな。
私、正直木山先生の再登場があるなんて思ってなくて。。
春上さんが木山先生や枝先と絡んでくるなら、このマンガは廃棄ものです~。
とりあえず、来週以降の展開を待たないとわからないので保留しておきます。
今から別のコピー本作るかな。。


Fate雑記さま、木山枝先ラフの捕捉ありがとうございました
  拍手する

木山せんせいは枝先の嫁

らしいです。
なぜ伝聞系かというと、好きな絵師さんの名言だから。
20100219.jpg


Fate雑記さま、さてはるラフの捕捉ありがとうございました。
  拍手する

黒子からのチョコにはPC部品が含まれてそうで怖い

20100216.jpg
超電磁砲ラジオよりさてはる。
なんか二人がらぶらぶすぎて砂吐けます。
初春はたまにちょっと黒くなるところがイイ。

なんか一部でむさしの牛乳神話がまことしやかに囁かれているようですが、あれって小萌先生も飲んでるんですよねぇ………?
  拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。