スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

私はこんな戦ヴァルが見たかった。

戦場のヴァルキュリア (3) (角川コミックス・エース 149-6)戦場のヴァルキュリア (3) (角川コミックス・エース 149-6)
(2009/10/25)
鬼頭 えん

商品詳細を見る

どうして鬼頭先生の描かれるアリシアはこんなに輝いてるんだろう。イサラも可愛くていじらしいし、アニメじゃ空気読めない子だったロージーでさえ魅力的です。
これが力量というものなんでしょうね。キャラをパーツだけで捉えていない。このキャラにはこんな過去があって、こんな能力で、このような立ち位置で、人物相関図はこんな具合でetc……。
キャラ要素の把握なんてあくまで最低限のこと。それだけで物語を描こうとすれば人物は薄っぺらくなってしまいます。受け手の共感など得られません。
けれど鬼頭先生のマンガではキャラが人間として生きている。一個の人間として場面場面でものを考えている。作り手としての想像力があり、それを表現するだけの力量がある。
だからキャラが輝くんだと思います。
この方が戦ヴァルのコミカライズを担当してくださって本当によかった。感謝します。

マンガ版は第七小隊の結びつきにも重点が置かれているのがよいですね。
本気で仲間の身を案ずる者、軽口を叩く者、そういった個々の人格を持った隊員同士の会話がしっかり描かれ、積み重ねられることによって、読者は彼らの連帯感を、人間関係の連なりを感じ取れます。

ヴァルキュリアの問題ですが、アニメではファルディオが一人で悩んでいただけだったのに対し、マンガ版では早くからみんなの問題として取り上げられていますね。ウェルキンも、バーロット大尉も、エレット女史も、何よりアリシア自身が己の身に流れるヴァルキュリアの血を自覚している。各人の想いの錯綜があっておもしろい。
そして、ヴァルキュリアをただの戦力としてではなく、国民の信仰の対象として描くことも忘れていません。これは後々ランドグリース家の歴史を紐解く上で決して欠けてはならない物語上の背景です。

アニメではウェルキンたちの追跡をあきらめるだけだった帝国の指揮官ですが、こちらでは味のある人物として描かれていますね。ウェルキンとの再会も、結末も、戦争の無情さを思い知らすに十分なエピソードでした。

そして衝撃のラスト。ああ、この悲劇はやっぱり変わらない………っ!


とらのあなでの購入でしたが、特典としてイラストカードがついてきました。アリシアとイサラが可愛すぎるっ!


Fate雑記さま、電子伝達係さま、怒濤のくるくるシアター。さま、かじゅももの捕捉ありがとうございました。
スポンサーサイト
  拍手する

プリンタフル稼働中

プリンタを購入するときはランニングコストも調べてからのほうがいいですね。
ウチのプリンタはシアン・マゼンタ・イエローの三色がひとつのカートリッジになっているのでとても無駄が多いのです。大抵マゼンタが真っ先になくなって、中に二色のインクを残したまま交換ということに。詰め替えインクの導入を本気で考える今日この頃。


それはさておき、
戦場のヴァルキュリア 第十六章 語られなかった想い

ウェルキンのヘタレ      

………なんかもう今回の感想はこの一言でいいような気がしますが。

ラルゴのせっかくの自分語りも功を奏さなかったようです。女性にあそこまで言わせたら男は何らかの答えを出すべきだと思うのですが、それさえできなかった。
自分の気持ちもアリシアの気持ちもわかったうえであの結果なのですからもうダメですね。少なくとも日常世界でこれ以上話が進展することはなさそうです。
もしウェルキンが心を翻すことがあるとすれば、非日常の中、すなわち戦場でのことかもしれません。「この人をなくしてはいけない」という、そんな逃げようのない選択を迫られたときとか。

ファウゼンの奪還は私が思っていた以上に戦況を左右したようです。ラグナイトは今でいう石油にあたる資源のようですからね。ガリア軍全体も士気が上がって戦況は徐々に覆りつつあるようです。短期決戦を余儀なくされた帝国がどういう作戦に出るか楽しみですね。

若い頃のバーロット大尉、綺麗でしたねー。ああいう清潔感のある凛々しい女性には憧れます。
しかしバーロット大尉ってば士官学校出ではなく叩き上げだったんですね。
三角関係の内の一人が死んでしまったことによる、恋の終わり。バーロット大尉の心中は語られていませんが、色々と複雑な想いがあったことは想像に難くありません。
今はもうラルゴとすれ違っても特に挨拶をすることもないようです。大人だなぁ。

イサラはラマールと何気にいい雰囲気ですが、やはり彼女の一番は兄さんなのでした。


ゲーム「戦場のヴァルキュリア」は2の制作が発表されたそうですね。前作の続編で、ガリア王立士官学校が舞台だそうです。
ということはやはり、ウェルキンたちの頑張りによりガリアは存続してるのですね。
地図を見た限りでは、ガリアの位置は私たちの世界で言うオランダあたりですね。そういえばアリシアの故郷では風車が町の象徴になってましたものね。

テーマ : 戦場のヴァルキュリア - ジャンル : アニメ・コミック

  拍手する

戦場のヴァルキュリア 第十五章 歌姫の過去

今ひとつすっきりしない回でした。
結局ロージーに必要なのは振り上げた拳の下ろしどころなんでしょうか。これならばロージーが態度を改めるのも無理ないなと、周囲も本人も納得できるような、そんな儀式。

今回一番感情移入できなかったのはイサラでした。ロージーが罪悪感からさらにきつくイサラに当たるのはわかりますが、イサラがロージーを気にかける理由って何でしょう? イサラはロージーにかんしてはもう諦めてしまっていいはずなんですが。
歌ってくれと頼んだことについても、それが隊のためなのか、ロージー自身のためなのか。
イサラはいい子すぎて私には理解不能です。

ファルディオの宣戦布告からこっち、ウェルキンが冴えませんね。
元々人の心の機微を追うのは苦手ですから、ロージーを説得できないのはわかります。でも、ファルディオに気兼ねするあまり、アリシアとも距離を置いてしまっている。こういうときこそアリシアを頼らなければならないのに。

ファルディオに「本当にいいのか?」と問われても、「僕とアリシアはただの上官と部下だよ」ですか。
あんなぁ八重ちゃん、三角関係で恋敵の質問にそんな返答していいのは中学生までやで?(c)トリコロ
気兼ねというより、まだ自分の気持ちを名づけられないでいるのかな。恋愛はアリシア以上に不得手な分野のようですから。下手したらラマール以下。
そんなウェルキンに来週ラルゴが恋の手ほどきをしてくれる………のかな?

さあ次回は若き日のバーロット大尉が見られるようですよ!
ラルゴ×バーロットは意外な線でした。

テーマ : 戦場のヴァルキュリア - ジャンル : アニメ・コミック

  拍手する

戦場のヴァルキュリア 第十四章 ファウゼンの選択

OPEDが変わりましたねー。
新OPは、旧OPと比べるとTV版から劇場版に変わったのかと思うくらい動きも絵柄も違います。私はどちらも好きですが。
それよりも新ED。今日のこの終わり方でいつもの旧EDが流れたらどうしようかと一瞬思いましたが、しっとりとした新EDのおかげで落差を感じずにすみました。
まあそれも次回予告で台無しでしたが(笑

人の尊厳を踏みにじることの残酷さを目の当たりにしたロージーに、意識の変化が訪れたようです。しかし彼女はそれでも、許すことはできない、と。
短く流れた過去の映像から察するに、ダルクス人に家族を殺されたとか、そういった理由でしょうか。
………私はそれで憎しみを抱くことを否定はしません。無理もないことだと思うからです。
ですが、自分が悪意の被害者になったからといって、そこで生まれた憎しみを誰かにぶつけていい理由にはならないのです。たしかキノの旅でも似たような言葉が語られていましたね。どのような怒りも憎しみも絶望も、あなたが正しいことの証明にはならないのだと。

グレゴール将軍の最期でした。
人間としては尊敬できない人でしたが、軍人としてはひょっとしたら優秀な人だったのかなと思い直しました。劣勢を奇策でひっくり返すウェルキンとは対照的に、これならば勝てるというだけの準備を整えて戦いに臨む、まっとうなタイプの軍人だったようです。
最期の捨てゼリフ、「これだけは忘れるな。ダルクス人を、罪もない民間人を犠牲にしたのは、お前たちの   についてですが、これは感心できませんね。負け惜しみの類です。
自らの判断で民間人が死んだんだ、とウェルキンたちが心に刻むのはかまいません。ですが、実際に殺した側の人間が言ってよいセリフではないのです。どのような経緯があったかは問題ではありません。どのような殺人行為も、その責任をどこかに転嫁したり、まして正当化することがあってはならないのです。

ザカは隻眼かと思っていましたが、あれは普段から意識的に片目を閉じていたということなんでしょうか? 実際にやってみればわかりますが、これは結構難しいことです。片目を閉じると、開けている方の目は伏目がちになるか視線が険しくなります。自然に開けておくのはなかなかできません。
どうして彼がそんなことをしていたのか気になります。

以前から思っていましたが、ウェルキンとファルディオとではアリシアへの接し方が決定的に異なりますね。
ウェルキンはアリシアを頼りがいのある仲間として、特別な信頼を寄せています。だから困難な任務を任せるのです。
それに対しファルディオは、まずアリシアに女性として接するのです。だから彼女の安全を誰よりも気遣い、その動向と周囲に目を光らせている。ファルディオ自身もそれができるだけの能力を備えた頼りがいのある男性です。
どちらが優れているということはありません。スタンスが違うだけのことです。だから問題は、アリシアがどちらの態度を望んでいるか、そこなのでしょう。

テーマ : 戦場のヴァルキュリア - ジャンル : アニメ・コミック

  拍手する

戦場のヴァルキュリア 第十三章 戦慄の移動要塞

ガリア正規軍と義勇軍のパターンが見えてきましたね。

正規軍から困難な任務を押し付けられる

でも義勇軍がそれを達成してしまう

義勇軍の名声が高まる


何をどうしたってダモン将軍たちはウェルキンたち義勇軍を英雄にするための道をつくる役割しか与えられてないのです(笑
でも潜入の際の陽動作戦、あれほどの被害をだしてまで敢行する必要あったのでしょうか? 夜陰にまぎれて、で十分な気がしました。

元々ファウゼンにはダルクス人が集まっていましたが、これは結果的にそうなっていたというだけのもの。日常的に差別を受けている民族が、たとえば接客業に就くなんて難しいでしょうからね。条件の厳しい鉱山での仕事に自然集まってきていたということでしょう。
ですが帝国は収容所をつくって強制的に働かせています。これは民族の自由と誇りまでを踏みにじる行為ですから、彼らはあれほどまでに怒りを向けているのですね。

ザカはOP・EDに登場しながら、これまで出てこなかった最後のキャラクターですね。
映像からなんとなく「無口な孤高のスナイパー」みたいな人物を想像していたのですが、全然違いました(笑
それに、流れからすると、ロージーの頑なな人種差別を溶かすのは彼の役割になりそうです。私はてっきりイサラの役目だと思っていたのですが。
そのロージーですが、最初からイライラし通しですね。あまりにあからさまでちょっと不自然な気が。カルシウム足りてない?

どうでもいいことですが、義勇軍戦車に描かれている縦の白帯に赤の縁取りを見ていると「F.S.S」のA.K.Dを思い出します(笑

テーマ : 戦場のヴァルキュリア - ジャンル : アニメ・コミック

  拍手する

戦場のヴァルキュリア 第十二章 さらわれた姫君

姫が「自ら連邦に亡命」したことにしてガリアを連邦の保護下に入れる   
これが宰相の描いた未来図でした。

宰相自身の保身や姫の意思を無視したことをひとまず脇に置けば、この判断はあながち間違ったものではありません。ガリアへの帝国侵攻は確実に進んでおり、勝てる見込みは薄い。ファルディオの言うとおり、軍部は派閥争いに終始し、大臣は好き放題、統治者は統治せず。義勇軍の一部が局地的勝利をあげたところで、これでは戦局が覆るはずもありません。
もちろん帝国をガリアの独力で退けることが最善です。しかしそれは望み薄。帝国に負ければ国を失うけれど、連邦に加盟するなら国としての体裁は保たれる。ならば次善の策を採ろう、と。
結局ウェルキンたちによって阻止されましたが、宰相の判断が間違っていたかどうかは、この戦争が終わってみなければわからないのです。

もちろん希望はあります。希望を捨てない若者たちの存在。自覚の芽生えた統治者。ガリアは少しずつだけど変わるかもしれません。そう信じたいですね。

ただちょっと納得のできないことが。
ウェルキンが今回の事件を伏せたことです。
おそらく狙いとしては、「事件を知る者がここにいる。だからまた同じことをすれば、今度は容赦なく首謀者を暴きだすぞ」と暗に警告することで宰相を牽制し、国政を熟知している宰相に本来の役割に戻ってもらおう、というものでしょう。
けれどこれは再発防止策としては弱いのです。宰相にとってウェルキンたちの存在が枷となりますが、逆に言えばウェルキンたちが戦死してしまえば死人に口なし。軍部の上層部に指図してウェルキンたちを死地に送り込むのは彼の立場ならたやすいものです。
私はむしろ事件を公表し、けれど首謀者は暴かない(宰相に捜査を一任するとか)という処置の方が強固な再発防止策となると思うんですけどね。

まあけれどこれは凡人の考えですね。
ウェルキンはガリアの未来に希望を持っているのでしょう。たとえばこれを機に姫が変わることとか。

アリシア・ウェルキン・ファルディオの三角関係もいよいよ本格化。ファルディオは現時点で自分の負けを自覚しているようです。あのアリシアが人質にとられた場面は象徴的でしたものね。
けれどそこで引かないのがファルディオ。いいぞ、もっとかき乱せっ!(笑


以下気になったポイントを。

アリシアの身を案じて少々余裕を失いがちなファルディオからは、彼の本気がうかがえて素敵でした。

アリシアたちの手を縛って足を縛らないとか、その気になったら飛び降りられそうな荷台に載せて運ぶとか、アバウトな誘拐犯だなぁ(笑

姫の境遇には同情しますが、それにしたって「さあ飛び移って!」という段になって「いいからあなただけお逃げなさい」はないだろうと思います。

ファルディオに車から引きずり落とされた誘拐犯、アリシアを人質にとるまで一体どこに潜んでたの?

こらアリシア、記事にしないと言質を取らないうちから事件のことをしゃべっちゃダメでしょ。

エレットさん格好いい。こういう味のある脇役は好きです。


Fate雑記さま、紬の捕捉ありがとうございました。

テーマ : 戦場のヴァルキュリア - ジャンル : アニメ・コミック

  拍手する

戦場のヴァルキュリア 第十一章 招かれざる客達

イサラが一番お姫様っぽかったですよ。
20090616.jpg
原稿モードに入ってるのでラクガキで失礼します。
でもこういう不確定な線とぼんやりとした塗りのほうが私は好みだったりします。一度こういう仕上げで本作ってみたいけど、読んだ方にはどういう反応されるんでしょう。ただの手抜きとしか思われない気がする。

話は「ウェルキン達、功績を認められて勲章を授かる」の巻でした。
どれだけ戦功をあげようと正規軍からは認められない義勇軍。少しでも義勇軍そのものの地位向上に繋がるならと、ウェルキンは苦手な晴れがましい舞台にあがるのでした。バーロット大尉たちの苦心を察し、感謝していることが窺える行動ですね。

前回のこともあってウェルキンとアリシアの仲は良好です。
何があっても「仕方ないなぁウェルキンは」で済ませそうなアリシアさんです。ウェルキンの出世欲のなさについてもすっかりお見通し。もうさっさと付き合っちゃいなよ。
そこに波紋を投げかけるのがファルディオ。三角関係がここまであからさまになったのは初めてかも? 彼としては、二人がさっさとくっついてくれれば諦めがついてすっきりするのでしょうが、ウェルキンの反応はいまだに思春期の男の子の域を出ません。やれやれ。

ただ、アリシアは自分が孤児であり、ウェルキンが由緒正しい血筋であることを気にしている模様です。そんなことを気にするウェルキンではないことは彼女もわかっているでしょう。けれど、世界は二人だけで出来ているわけではありません。貴族と平民に明確な身分の差があることは作品の序盤から繰り返し強調されています。ギュンター家が貴族なのかどうかは知りませんが、救国の英雄という評価は社会的になんら見劣りするものではありません。
とはいえやっぱりウェルキン相手ですからね。これはさほど心配することでもないかな。

イェーガーはアリシアがお気に入りの様子。この組み合わせにはちょっと期待してしまう。

さてラストでコーデリア姫が拉致されてしまいましたが、これはどういうことなのでしょう?
それも他ならぬ自国の宰相の手引きによるもの。
姫は政治に口を挟まぬ態度ですから、彼女自身が邪魔になって始末しようとか、そんなことではないでしょう。何より暗殺ではなく拉致なのですから。
イェーガーは何かあることを察していた様子ですが、彼の話し振りからすると、帝国の企てとは思えません。むしろなにか陰謀があるのを察知して、帝国に不利益なことなら阻止しよう、とそんな姿勢ではないでしょうか。
すると残る役者は連邦。これはあれでしょうか。姫の身柄を連邦に売り渡してガリアを連邦に組み入れるとか?
現在この戦争は帝国とガリアとの間で行われていますが、そこに連邦が噛んでくると帝国にとっては面倒が増えるだけ。それならばイェーガーたちが邪魔しにきたのも納得がいくのですが。

次回予告。能登さんの声でごきげんようなんて言われると別キャラを連想してしまいますね。
アリシア救出に向かったファルディオが至近距離から銃口に狙われてましたが大丈夫かな?

テーマ : 戦場のヴァルキュリア - ジャンル : アニメ・コミック

  拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。