スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

とらドラ! 第25話 「とらドラ!」

20090326.jpg
いい最終回でした。
最終二話(原作10巻に当たる部分)の再構成は見事の一言です。

小説作品のアニメ化というのは非常に難しい作業だと思います。媒体の性質が違いすぎますものね。小説をそのまま忠実にアニメ化すれば、どんな良作でも冗長になるでしょう。だからといって必要な部分だけを繋げたのではただのあらすじアニメになってしまう。そこで、必要な部分を残しながら改変を加え、話をわかりやすく、テンポよく仕上げるという再構成の腕が問われるのです。その途上で原作小説とは別の解にたどり着いたなら、アニメは小説から独立した一個の作品になるのでしょう。
作品の本質を見失わずにそこへ至ったなら、それは幸福なアニメ化だと思います。
私はアニメでとらドラを知って原作にはまり、最後をアニメで迎えましたが、これはある意味とても幸運な道のりでした。特にアニメ最終二話は、先に原作を読んでいるかいないかで味わいが全然違うと思うのです。

原作派の方には多々不満の残るアニメ化であったかもしれません。実乃梨や亜美の重要なシーンが削られたことは一度や二度じゃありませんからね。私だって、作品の雰囲気が重くなろうが竜児が悪者になろうが、あそこは削って欲しくなかったというシーンがいくつもあります。
でもそれらの不満を踏まえたうえで、やっぱりいいアニメ化だったなー、と思うのです。
一貫した方針があって、作品に愛が感じられて、表現にこだわりが見られたから。
特にキャラクターの表情の豊かさにはただ驚かされるばかりでした。2クール通して、作業的に描いたと思しき死んだ表情なんてほとんど見られなかった。いつもキャラが生きていました。


では原作と違う場面に注目しながら最終話のポイントを。

竜児の成長を大河の視点から描いたのは上手い構成でしたね。原作が竜児の内面的成長に重きを置いたのに対し、アニメでは大河を通して竜児を見ることで、大河の成長をも描き出しました。だからこそ大河は竜児たちとの学校生活に別れを告げてでも「みんな幸せ」になる道を選び取れたのです。
二人だけの結婚式→キスシーンも素敵でした。通り一遍の誓いの言葉なんかじゃなく、自分たちの言葉で想いを交わした。そして初々しくも情熱的なキス。絵になるなぁ。

実乃梨が竜児に見せた怒りは、アニメだけ見てるとやや理不尽に映るかもしれませんね。
前提として、実乃梨は大河の母親を父親同様に最低な人種だと認識しています。大河が母親とやり直せるなんて考えていないのです。原作でも実乃梨と大河母に面識はないはずですが、なぜかそう確信しているのです。
それに加え、大河は竜児と一緒でなければ生きていけない、という強い確信がある。だからこそ大河の手を放した竜児に怒ったのです。
それでもやはりこの非は実乃梨にありますね。大河の決意をみくびっていたということですから。

アニメの母親と原作の母親、これは明らかに別人になっています。
これはアニメが、作品内で大河と家族との決着つけるために変更したのだと思います。
原作の母親はもう少し深い人物像をうかがわせていましたが、彼女の屈折が小説内で語られることは結局ありませんでしたからね。どうして大河があれほど拒絶したのかが読者にすっかり委ねられてしまった。
その消化不良をよしとしなかったのでしょう。アニメ版では「なんだかんだ言って愛されてるけど、大河の自信のなさ、覚悟の足りなさが、母親との和解を拒絶させていた」という明確な答えを提示しました。

「たとえそれが恋じゃなくたって」
亜美の心情にここで決着をつけてくれるとは思いませんでした。………ありがとうっ!
素敵な恋の終わり方でした。やっぱり亜美ちゃんはハンサムガール。

祖父母宅に残されていたやっちゃん手作りの筆立て。竜児の父親の真実。生徒手帳の隠された写真。夜空の写メールに託された想い。クリスタルの星を携えたクラス全員の返信写メール。
挙げていけばキリがありませんね。繰り返しになりますがホントに良い再構成でした。
アニメスタッフさまおつかれさまでした。ありがとう。


Fate雑記さま、白薔薇姉妹の捕捉ありがとうございました。

▼Web拍手お返事と私信

続きを読む »

スポンサーサイト
  拍手する

とらドラ! 第24話 「告白」

正直、原作10巻を読んだ後、とらドラの感想を書く気が起きなかったんですけど、今回のアニメで復活しました。原作よりもアニメの方がすんなり入り込んでくる感じです。夏師さん的に。
20090319.jpg
なんだろうこの作品は。
原作とアニメで相互補完でもしてるんだろーか。
原作10巻がとりこぼしたところをアニメがすくい上げてくれた気がしてます。
特に実乃梨んと亜美ちゃんの気持ちを。
逆に原作で重視されてた高須家の事情はかなり省略されていて、竜児がただ子供っぽい逃避をしただけのようにも見えかねません。
うん。とらドラ!は小説とアニメと両方見ましょう。ぜひそうしてください。


自分で川に突き落としておいて「何してんのー?」「やだ、遺憾だわー」「だからゴメンって言ってるでしょ?」「いや、言われてねーぞ!」「何型?」「俺はおうし座だ!」「ジンギスカンおいしいよね」のコンボには笑いました。
断言します。この二人はきっといい夫婦になる(笑

「嫁に来いよ! そうすりゃ、俺たちだって大人だ」
このセリフに「いやいやいや………」と突っ込んだ人は多いと思います(笑
けれど終盤で竜児は「逃げてたら、誕生日が来たって、大人にはなれない」とも言ってますよね。
だから突っ込みは野暮です。
ただあれは、大河に向けての青臭い告白、決意表明だったと微笑ましく受け取ればいいでしょう。

「アンタさぁ、タイガーが好きなのよね?」
「ちゃんと言って」
「言って」
「……言って」

このアニメオリジナルシーン、よかった。。。
告白にも等しい亜美のこのセリフ。竜児は亜美の気持ちに気づいたでしょうか? ………竜児だから無理かなぁ。
置き去り放置だった亜美の気持ちにここで決着をつけてくれたことはとても嬉しかった。ありがとうございますアニメスタッフ。
亜美には弱音を吐きながらもハンサムでいてほしかったので、夏師さん的には大満足でした。

友人三人は駆け落ちに反対です。原作竜児の言葉を借りれば戦う方法を間違えているから。にもかかわらず彼らは二人を助けてくれます。駆け落ちの可能性を考えてあらかじめ用意してあった贈り物を携えて。
方法を間違えているとわかっているのに応援するとは一見矛盾しているようですが、それは大河と竜児を信じているからです。逃避で解決できると最後まで信じるほど愚かではないと。だから実乃梨たちは友人として、彼らに味方であることを示すだけでよかった。本当、いい仲間です。

「それって、何の涙? タイガーを高須くんにとられたから? それとも   
亜美の尋ね方が心憎いですね。
実乃梨は竜児に対して自分の夢を話しました。もちろんそれはジャイアントサラバの理由の一端ではあるのですが、結局のところ、実乃梨は大河に竜児を譲ったのです。これは動かない事実です。
自分に正直に生きて竜児と結ばれたところで、実乃梨は幸せにはなれない。大河が笑顔で祝福してくれても、陰で泣いていることを知っているから。クリスマスイブの夜にそれを知ったから。
だから竜児に夢を語って聞かせたのは、私は高須くんなしでも生きていけると、竜児と自分とに言い聞かせるためだったんじゃないでしょうか。

実乃梨と亜美の仲直りの仕方もよかったですねー。これについては私、原作よりもアニメの方が好きです。原作の仮面が崩れた亜美も悪くはないんですけど、唐突感が強くて別人のように感じられたので。亜美ってこんなキャラだっけ? というのが初読の感想でした。

「………熱があるんだろ」
北村がいい仕事しましたね。私の北村株急上昇。なかなかの名セリフです。

大河が実母を受け入れられない理由もわかりやすく説明されていましたね。実母は己の責任を果たすために大河を引き取ろうとしてるけど、自分の存在が母親の家庭を壊してしまうから。
原作ではどうだったかなー? まだ一回しか読んでないので断言は避けますが、結構曖昧だったような。。

アニメの方が全面的にイイ! ………と言うつもりはありませんが、アニメのオリジナル展開で、私はかなーり救われました。アニメスタッフに心から感謝したいです。


Fate雑記さま、瞳子の捕捉ありがとうございました。
  拍手する

とらドラ! 第22話 「君のいる風景」

春田「能登っちは麻耶様と仲直りしたの?」
能登「ガン無視され中だよ」
と落ち込む能登。
はい、答えが出ましたね。これが木原につっかかってた理由でした(笑
いつか仲直りできるといいですねー。でも木原は自分のライバルがいまだに会長なんだと気づいたほうがいいですよー。

「進学しないという選択は、そんなにおかしなことですか!?」
「いいえ。ただ、この調査票からは見えないだけ、他の誰でもない高須君自身の考えが……」

ゆりちゃん先生、教師としての本領発揮です。
高須家の経済事情を見据えた竜児の判断は一見筋が通ったものに見えますが、ゆりちゃんの言うとおり、竜児の意志が入っていないのです。
竜児の言い分は、将来、「自分は経済的な理由で進学できなかった」という後悔に繋がってしまう。竜児が自分で選び取った理由ではない。仕方なく選んだ進路。
竜児が就職したくて選んだならそれもいい。だけどそうではないことを見抜かれている。だからゆりちゃん先生につき返されるのです。

相変わらず実乃梨は竜児と何事もなかったかのように接していますが、これは旅行前の振る舞いとは意味が違います。旅行前は、「何もなかったことにするため」でしたが、では今は………?
その答えは亜美ちゃんとのやりとりで。
前回亜美は「私、実乃梨ちゃんの本音って聞いたことない」と言ってましたが、実乃梨の本音なんて誰一人聞いたことなかったのです。それを初めて聞いたのが、亜美というわけですね。
「見えないものに憧れて、気をとられて、見えてるものを見失うのは嫌だから」
「迷わない。決める。自分で決めるっ。全部、ちゃんと!」

これが実乃梨の出した答えでした。
一方竜児も、実乃梨の態度を寂しく思う様子はあっても、それに心を痛めることはしない。そして恋心の象徴ともいえるヘアピンは、ダンボール箱に仕舞ってしまいました。
ここに実乃梨と竜児の恋物語は終わりを告げました。
当人たちの間で何か話し合われることもなく。
この後そんなシーンがあるかもしれませんが、実質ここで終わったのです。

ヒロイン三人の中で実乃梨の人気が目立って低いのはここが決定的な理由だと思います。
ここについては原作でもちょっと説明不足なんですよね。一応いくつか要素を提示されてはいるので推測はできるのですが。
優秀な弟。及ばない自分の才能。自ら稼がなければならない学費。家庭で省みられていない可能性(?)。
彼女には自分が自分であるための目標があって、それは決して見失ってはいけないものなのです。そしてそれは、余所見をしながらでも得られるほど容易いものではない。実乃梨にとってソフトボールとは、高校生活を有意義に過ごすための部活動などではないのです。
きっと彼女は、自分が男に生まれてきていればと過去何度も悔しい思いをしてきたんじゃないでしょうか。

思えば、彼女の行動原理や価値観は非常に男性的ですよね。
大河のことにしたってそうです。
実乃梨は大河を大切にしてきたけど、自分では踏み込めない領域があることもわかっていた。けれど今、大河を託すことのできる竜児という男性が現れた。なら自分はどうすべきか。
自分がどうしたいかではなくて、全体の幸福をとったのだと、私は受け止めています。

自己嫌悪に囚われて刺々しい態度しかとれない亜美ちゃん。
そんな彼女に実乃梨の決意の言葉はさぞ耳が痛いことでしょう。実乃梨にそう決意させたきっかけだって自分がつくってしまった。また余計なことをして。そう自分を責めずにはいられない。
自販機コーナーで彼女が待っていたのは実乃梨ではなく竜児のようでしたが、今の彼女を誰が救えるというんでしょうね。誰か彼女の懺悔を聞いてあげてください。

大河が高須家にいる風景に思わず涙ぐむ竜児。
本人はうまく言葉にできてませんが、ここでひとつの答えがでましたね。
この想いは恋なのでしょうか。ちょっと違う気がする。いえある意味、もっと切実な感情だと思います。実乃梨に向けた想いとはもっと別の。
こんな二人が結ばれなければきっと嘘だ。
  拍手する

とらドラ! 第21話 「どうしたって」

木原と能登が正面衝突しましたね。
能登には能登なりの理由があるのですがそれは今回言いません。代わりに口にしたのは「親友の幸せ」という欺瞞。北村の意思も確かめずに思い込みだけで言ってますからねー。だから悪いのは能登のほうです。
北村が本当に木原の気持ちをわかってないのかは判断の分かれるところですが、私としては、異常に鈍くてわかってないのだと思いたいです。北村は時々鋭いことがありますが(主に自分以外のことで)、基本的にあふぉですからねー。
それに、泣いてる木原を前にしてなおもとぼけ続けるような男ではないと思いたい。
個人的には、
「本当にそこまで天然なわけ? ………ほとんど暴力」
という奈々子さまの名言が聞けて満足です。

亜美と実乃梨の口ゲンカのシーンでの、木原と奈々子さまの表情もよかったなー。
「やば、開けちゃいけない扉開けちゃった………」って感じの(笑
いまさらですが、このアニメの表情の豊かさは半端じゃありません。

さて、今回はある意味とらドラ!で最も盛り上がるところです。
歪んだ関係のツケが痛烈に返ってきましたね。
ヒロインの大河そっちのけで。
歪みを清算しないまま時間を巻き戻した実乃梨と、気持ちのコントロールを誤った亜美に。
本来なら↓の場面で竜児も大打撃をこうむるはずだったのですが、
20090226.jpg
実乃梨との会話の後半はカットされてましたね。ヘアピンのもつ意味も違うものになってました。
そして竜児は「疲れて諦めた」という演出に。
ここは実乃梨が自分の過ちにようやく気づくシーンでもあったのですが。

そして口ゲンカの翌日、落ち込んでる亜美との会話では、亜美の後悔だけが語られて、彼女のしまいこんできた気持ちの吐露はカット。

このふたつがカットされたのは残念ですが、それを批判するつもりはありません。なぜなら、原作が「三人ヒロイン」であるのに対し、アニメが大河をヒロインとして描いてる、ということがわかってるからです。
特に、亜美を気持ちを掘り下げると、竜児が視聴者から反感買いかねませんからね。竜児は北村以上の鈍ちんなので亜美の本音と嘘を選り分けることができませんから。
ホント、原作の竜児は亜美ちゃんの声にもっと真剣に耳を傾けてほしいものです。

そういえば気になるのは、ヘアピンの由来を実乃梨が知る場面。あれもなかったことになるのかな。……なるんでしょうね。アニメで↑の場面をカットした以上は。
実乃梨んの人気が低下しそうでちょっと心配。

Fate雑記さま、夏目友人帳イラストの捕捉ありがとうございました。
  拍手する

とらドラ! 第20話 「ずっと、このまま」

20090219.jpg
三人が「大怪我」した聖夜から、それぞれの決意を秘めた新学期へ。
大河は竜児の手を離し、竜児はためらいながらも諦めないことを。
そして実乃梨は、聖夜の出来事を「なかった」ことにした。

そうして彼女の罪は深くなっていく。
彼女のずるさを、傲慢さを、残酷さをわかってるのは亜美ちゃんただ一人でした。

北村が竜児を心配してくれてるのに、見事にスルーしてます。
最近になってようやく気づいたんですが、彼らって基本的に「友達に相談する」ってことをしないんです。実乃梨は一人で背負い込んで一人で決めてしまった。亜美ちゃんは相談できるような相手を見つけられなかった。大河と竜児が唯一互いの相談相手になってますが、大河は本心をしまいこんでいる。
そんな姿勢が彼らをドツボにはまらせている。
竜児と大河は北村に、亜美ちゃんは香椎あたりに相談すれば背中を押してくれたような気がするんですが。実乃梨は………誰だろ。亜美ちゃんだとまずい気がするし。やっぱり実乃梨は一人で抱え込むしかなかったのかなぁ。

竜児は聖夜の一件で亜美ちゃんに愛想をつかされてしまいました。
帰国直後の竜児とのやり取り、アニメでは手加減してくれましたが、原作の亜美ちゃんはあんなものじゃありません。まるで汚物かドブネズミのような言われようでした(笑 機会があればぜひ読んでください。
仲良く登校する竜児と実乃梨を「あーあ、だね」と評していましたが、あれは、自分がどんな仕打ちを受けてるかもわかってない竜児の馬鹿さ加減と、間違った方向に進んでる実乃梨の愚かさに呆れていたのです。
「あーあ、だね」の後に続けるとしたら、「アンタたちクリスマスに大怪我しておいて、まだ足りないの?」といったところでしょうか。

やたら絡むようになった能登と木原ですが、次回おもしろいことになりますよ。お楽しみに。
春田はいつの間にかすっかり癒しキャラになりましたね。

………私、亜美ちゃんスキーなのになんで実乃梨んばっかり描いてるんだろ。。


Fate雑記さま、多軌とニャンコ先生の捕捉ありがとうございました。

>>りっかさま(ブログ拍手)
ぬいぐるみなんてあったんですか(笑
  拍手する

とらドラ! 第19話 「聖夜祭」

20090212.jpg
ああ………。見てしまいましたよ。
実乃梨んが大河のマンションに向かったのは、もちろん彼女の真意を問い質すためです。
正面から訊いたのでは決して答えなかったであろう大河の本心、大河自身も数十秒前まで自覚していなかった竜児への思いの深さを、実乃梨は目の当たりにしてしまったのでした。
大河を大切に思う気持ちは竜児に勝るとも劣らない実乃梨。いえ、実乃梨には以前父親の件で失敗して以来、大河と距離を置いたまま支えてあげられなかったという負い目があります。その実乃梨に、この真実を知ってなお自分を通すなんてこと、できるはずもなく。

けれど彼女は竜児の告白を切って捨てられるほど強くはなかった。
それが今回のラストシーン。
彼女の最大の失敗です。


亜美ちゃんはますます不憫に。完璧蚊帳の外ですよ。頑張ってるのに。
亜美の「私の言うことなんて……」という失望は、半分正解で半分不正解なのです。
あの忠告には竜児も思うところがあったでしょう。けれど、竜児はこの不自然な家族ごっこの行き着く先を想像できてないんですよ。なぜなら、竜児だけが最後のピース、すなわち大河の本心をわかってないから。
まあ竜児は亜美ちゃんに百回罵られても仕方ないと思います。

北村はちょっとはしゃぎすぎですね。
ひょっとしなくても、まだ失恋から立ち直れてないのかな。……ないんでしょうね。

とらドラ!が2クールと聞いたときには正直不安だったんです。1クール目で首をかしげるような改変がいくつもありましたから。でも2クール目、6巻以降の彼らをこうしてアニメで見られるなんて。2クールでホントによかったぁ。アニメーションだから表現できるとらドラ!を十二分にやってくれていると思います。って、なんだか上から目線ですねすみません。毎週楽しみにしてます。


>>炎の言霊さま(Web拍手)
ウチの真美さんは基本的に姉に冷たいので………(笑

Fate雑記さま、多軌の捕捉ありがとうございました。
  拍手する

とらドラ! 第18話 「もみの木の下で」

ゆりちゃん先生(独)はいい先生。
成績の心配をしてくれつつ、生徒たちの楽しみに水を差すようなことはしません。
イヴの予定ないけどプライドに賭けていくもんですか!、には涙を誘われますが。。

「父親でもないのに、絶対手を出さないって決めてる女を、高須くんは大事に大事にしてるの。心にはちゃんと本妻がいて、三人はまるでおままごとみたいに自分の役割をわかってて。パパ役、ママ役、子供役って」※1
トラドラ序盤~中盤の人間関係はこのセリフに集約されてしまいます。
そう、亜美ちゃんの言うとおり、最初からいびつで不自然な関係だったのです。いずれ崩壊することが約束された関係性。
そして亜美はそこへ途中から加わった異分子。
「それで……私のことも一から入れてよ………」
よりにもよってこの一言を聞き逃す竜児は万死に値しますね。竜児のあふぉー。。

亜美が自分を異分子にしてしまった理由は、登場時のあんないきさつがあったあと、亜美が自分なりに竜児たちやクラスの中での自分の立ち位置を確立する過程にあります。ある意味仕方のないことでもあり、自業自得と言えるのかもしれませんが。亜美が確立した亜美の「キャラクター」では、クラスでポジションを獲得することはできても、すでに完成されていた竜児たちの三角形に入り込んでいくことはできなかったんですね。傍観者を気取らざるを得なかった。
それを嫌というほどわかってるから上の呟きが出てくるのでしょう。……不憫だ。

北村を狙ってる木原が竜児を仲間に引き入れようと焦ってますね。
ここで面白いのは香椎※2の様子です。
能登たちの大河と北村くっつけちゃえ作戦を見ては「あらら~」
竜児を引き入れようとする木原の横では「ごめんねー、麻耶が暴走しちゃってて」
そんな表情に見えます。冷静な傍観者でありつつも基本的には木原の味方なのですが。
ひょっとしたらクラスで一番大人なのはこの子なのかも。
体育倉庫のシーンでは、木原を応援しつつも、結果的に亜美と竜児を二人きりにすることになったわけですが、亜美の気持ちにも気づいて……いるのかな? そこまでは深読みしすぎかな?

「夢だもん、良いよね? 現実じゃないんだもん。現実にいる誰かにすがってる訳じゃないもん…」
この一言で、大河の北村への気持ちがわかってしまった気がしました。
正確に言うと、その変化が。
もう大河にとって、北村は恋の相手ではないのかもしれない。でもどうでもいい相手になったわけでもない。それはかつて竜児が実乃梨に抱いた気持ちに近い。自分にとっての太陽。憧れの人。

クリスマスの大河の行いを、偽善だ、自己満足だと切って捨ててしまうことは簡単でしょう。でも私はそんな底の浅い理屈で彼女を否定したくはないな。あんな生傷だらけのお姫様を。

クリスマスの準備、その連帯感と幸福感が丁寧に描かれていたからこそ、実乃梨の登場シーンは見ていてつらいものがありました。
みんなが一体となったその瞬間、実乃梨は紛れもない部外者であった。その登場シーンがこれ。
実乃梨の表情が日常から非日常へ。驚きと後悔によって、笑い交じりの謝罪からすーっと表情が失われていく様が、きつい。
「高須くん………高須くん………っ」
「聞いてるよ」
「高須くん………」
「いるよ」

あそこでヘンに大人を気取って実乃梨の手を離したりしなかった竜児はいい男。
でも。
「元通りにはならないよ」
「でも、ちゃんと光ってる」
「直るかどうか、私には、わからない……っ」
「直る! ………大丈夫。直るんだ。何度でも」

このクリスタルの星が何を指してるかは明白ですね。実乃梨はその話をしていた。でも竜児はちゃんとわかってるのかな? 今日のこの事件の話だけをしてたんじゃないってことを。


※1 パパ=実乃梨、ママ=竜児、子供=大河という説も。
※2 紫色のほうです。大河命名「お色気ボクロ」
  拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。